fc2ブログ

ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

TwitterのTL非表示生活をしてみて思ったこと 

  自分は割とTwitter依存症だと思っているのですが、今は実験も兼ねて、TLを一切表示しないようにしています(投稿だけする)。

 あくまで実験なので、近々もとに戻すつもりなのですが、この実験を始めて2週間ちょっと経ち、自分の中で感じた変化でも書いてみようかなと。


・ニュースが入ってこない
 思えば、自分にとって1番のニュース源はTwitterだったのだなぁと気付かされました。ゲームの最新情報、現在放送しているアニメ、話題のスポートや芸能人のことなど、びっくりするくらい、なんの情報も入ってきません。TLに限らず、トレンドとかも観ていないので、本当に何も分からない。一応Youtubeは観てるのですが、観てるジャンルに偏りがある(ほぼお笑い芸人のチャンネルしか観てない)ため、ニュースらしいニュースとは無縁。・・・なんですけど、知らなくてもそんなに困らないんですよね。唯一、ゲームに関する情報が入ってこないのが難点なので、もしこれを継続するなら、ファミ通みたいなゲーム関連サイトだけはチェックする必要はありそうです。逆に、自分にとってゲームの最新情報以外は入ってこなくてもそんなに困らないかもなぁという・・・。


・フォロワーの状況が分からない
 当たり前といえば当たり前ですが、フォローしてる人はほぼ全員一般人(?)なので、仮にYoutubeとかでニュースを目にしたとしても、当然それはフォロワーとは何ら関係ない情報なので、ツイートしてるかどうかも含めて、動向が分かりません。ただ、1個大きな収穫があって、それは何かというと、「明らかに特定の人物のツイートだけはチェックしたい症候群」に駆られるということ。それが誰なのかはもちろん言えないのですが、この非表示実験をもう少し続けることで、本当にチェックしておきたい人が誰だったのか、見極める良い機会になりそうな予感がしています。
 昨今の状況で「本当にどうしても会いたい人とか、どうしても参加したいイベントがなんだったのか、可視化された」みたいな話もありますけど、意図的であれなんであれ、何かしら制限された環境に身を置くことって、自分の状況を見直すには有効なのかもしれません。


・承認欲求から解放される
 実は1番大きな変化。一応通知だけは観てるので、自分のツイートへの反応だけはわかるんですけど、この状況だと人と比較することは一切ないわけです。それだけでも、「自分なんて・・・」みたいな感情になることもないですし、自分のツイートに反応がなかったとしても、自分がどれくらいツイートしたのかすらよくわからないという。一応、通知のあったものはツイートしたということが後からでもわかりますが、反応がないと、どれくらいツイートしたかも、誤字があったかすら把握できないですから、これは意外なメリットとも言えるのかも。もっとも、数字マニア、データマニアの身としては、数字に接する機会も減ってしまうので、そこは楽しみ半減かもしれませんが・・・。


・好きなイラストが見れない
 全員が全員Pixivとかにアップしてるわけではないので、大半のイラストを目にすることができないのは、結構痛手ですね。もっとも、ここ3年くらい、アイマス中心に自分から探す習慣になっていたから違和感があるだけで、その習慣から完全に解放されるくらい非表示を続けたら、心境が変わる可能性もありそうです。


・話題に乗っかることができない
 この非表示実験中でも「あ、自分の好きなSSRが来た!みんなどんな反応してるんだろ!?」という瞬間があって、そこで一緒に盛り上がったり、楽しんだりすることができない、という側面はありましたね。正直、そういう瞬間だけ表示ありにしてもいいのかなぁと思うくらいには、今更後悔してたり。そういうのは情報とか誰か特定の発言とかではなく、その瞬間の空気感を楽しみたいわけで、後からでは楽しめないものですし、共通の趣味で繋がってる人が多いSNSだからこそできる遊び方でもありますからね。


ツイート内容が人に左右されない
 ツイートだけはしてたんですけど、自分も含めて誰のツイートも表示されないから、当たり前ですが、自分がツイートしたいと思った時にしかツイートしないですね。それこそ、普段だと「みんなが無料10連ガシャ結果投稿してるから、自分もするか」みたいなのがあったり、逆に「有名人の不幸とか訃報のニュースが飛び交ってるから、あんまゲームのスクショとかは控えるか・・・」みたいなことも無い。実質ただのミニブログみたいな状態になってます。


 パッと思いついた変化としては、この辺でしょうか。大きな変化としては、承認欲求が薄れるのと、本当にチェックしたい人が見えてくる、の2つでしょうか。我慢してる部分もあるので、遠からずTL表示しますが、今回に限らず「当たり前を見直す」っていうのは、大事だなぁと実感できる、良い実験だったように思います。

[ 2021/12/13 22:54 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)

合わないものから離れる生活を考えてみる 

 最近、実践していて、「これ、結構いいのでは!?」と思っていることがあります。それがタイトルにもある通り、合わないものから離れる、という考え方。

 自分の場合、ゲームという好きなことをして遊ぶとか、餃子とか好きなものを食べるとか、その考え方を重視していたんですけど、最近は好きなものをどうするかよりも、好きではない・・・まあ要するに「合わない」ものから離れていけば、自然と周りに残るのは好きなもの(もしくは好きでも嫌いでもないくらいのもの)だけになるんじゃなかということ。自分にとってプラスになることを増やすより、マイナスになることを減らす方が、自分の性格には合ってるかもしれないんですよね。

 もちろん、全てのマイナスから離れるのは、現実的には難しいとは思うんです。特に仕事とかが絡むと。けど、それって身近にマイナスな事が多いっていう証明でもあって、だったら必死にプラスになること探すより、離れても差し支えないマイナスと距離を置くことを、ちょっとずつ実践した方がいいのかなと。

 自分の好きなゲームとかでも、自分が少しでもストレスを感じるような遊び方とか仕様があるなら、あまりそういうゲームはやらず、面白さよりもノーストレスで遊べるゲームを中心にプレイするようにしてます。純粋なマイナスから離れるのは当然ですが、プラスをもたらしてくれるものにもマイナスが含まれることはよくあるので、「プラス10とマイナス1」を与えてくれるゲームよりは、「プラス5とマイナス0」を与えてくれるゲームの方が、時として自分にとってトータルプラスになったりすることもあると思うんですよね。メンタルにおけるマイナスって、単純な足し算引き算には推し量れない部分があって、最近はここを大事なポイントと捉えています。

 全ての事柄にこの考え方を適用できるかは分からないですし、プラスがないと生きていけないくらい瀬戸際に立ってる人にはあまり有効ではないかもしれませんが、当面は「好きなことをして生きていくより、嫌いなことをして死なない」の精神を大事にしていこうかなぁと思った今日この頃です。



[ 2021/12/11 22:05 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)

スーパーロボット大戦30のプレイ感想 

 シリーズ30周年記念タイトルとして、先月(2021年10月)に発売された、スパロボ30。現時点で3周クリアしして、通常ルートと高難度ルートもクリアしたので、現時点でのプレイ感想でも書いてみることにします。

 今作は、マップ自体はいつものスパロボなんですけど、ステージ選択がミッション形式で、ある程度ユーザに選択の自由が与えられていました。それこそ、追加武装などのパワーアップイベントの多くが必須ミッションにはなっていなくて、でもプレイしないまま進めたとしても後からパワーアップだけはしていたり、必須ミッションだけでクリア優先なら短時間でプレイ可能だったり、個人的には面白い試みでしたし、新鮮にも感じられました。その弊害なのか、スパロボシリーズとしてはバグ多めで、その辺は次回作以降の課題かなぁとは思いましたが、個人的には良い変更点だったというのが、率直な感想です。

 ストーリーでいうと、基本的には普通のスパロボだなぁという感じで、ぶっちゃけこれは良くも悪くもという・・・。ミッション形式に独自性が感じられた反面、ストーリーは特に変化球は使ってないので、目新しさはほぼ皆無です。その中でも印象に残ったことを挙げるとするならば、主人公を男性にした場合のミツバ艦長(本作オリジナルの艦長で、実質もうひとりの主人公)との関係性が、なんかイチャイチャしてるなぁと感じたのと、Zガンダムがほぼ参戦だけで空気すぎるので、もうちょっとうまく話に絡めてほしかったなぁという点でしょうか。

 参戦作品については、30周年という記念タイトルとしては、正直かなり物足りないです。有料DLCも含めるならシリーズ最高クラスになるかもしれませんが、あくまでDLCなしで見ると、スパロボシリーズとしては、たぶん普通のボリューム。DLC自体にそこまで否定的というわけではないですが、記念タイトルと謳っているなら、記念登場した作品のグラやボイスをある程度使い回しでも構わないので、もうちょっと頑張ってほしかったかもです。もっとも、Vガンダム好きとしては、味方陣営の主要メンツ大半が仲間になってくれたので、それだけでも買ってよかったとは思えたので、とにかくVガンダム参戦待望ユーザには、文句なしにオススメです!

 あと、地味に嬉しいのが、その周回でのプレイデータと、トータルでのプレイデータを閲覧できるので、数字マニアとしては、プレイする上でモチベに繋がりましたね。過去作でも多少あったりなかったりしましたけど、今作はそこそこ細かいデータが見れるので、その部分で自分のプレイ傾向を振り返りたいとか、話のネタにしたいという人には、良い追加要素かと思います。


 ツイッター上とかでは、一部キャラクターが消失するバグのせい(おかげ?)で一時トレンドに入るなど、明らかに良くない方向で話題になったりもしましたが、スパロボファンなら安心して楽しめる内容だとは思います。ただ、ステージ、ストーリー、作戦作品のボリュームという点では、割といつものスパロボなので、過度な期待をし過ぎずに楽しむのがオススメです。

[ 2021/11/27 19:19 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

ゲームにおける「自動」文化の話 

 昨今、というほど最近の話でもないですが、主にスマホゲームを中心に「自動機能(自動戦闘など)」という文化が当たり前になってきている気がします。

 自分がプレイしてきた範囲でも、1度クリア済のクエストを自動でクリアできて、アイテムや経験値稼ぎができるというものがありましたし、中にはデレステの「放置編成」のように、ユーザが工夫してプレイせずに報酬をもらえるようにしたり、マイクラで通称「製鉄所」と言われる、本来地道に採掘して集めないといけないアイテムを、自動で無限に入手できるシステムをゲーム内に構築してるユーザもいたりします。

 「時間を金で買う」という言葉があるように、例えば誰かに何かの作業をやってもらって、その分の報酬を支払うとか、それこそ電車における新幹線とかもその分類にあたるでしょう。まあ、ある種、それによって世の中の社会構造が成り立っていることもありますし、外食とかも広い意味ではそれと同じですから、そういう文化そのものは日常において当たり前のもので、自分自身もよくお世話になっている立場です。

 ただ、ことゲームに関していえば、古くから「作業プレイ」みたいな表現があるように、繰り返し同じことをしてアイテム収集やキャラ育成をすること自体が、ゲームの楽しみ方という側面もありました。そんな事情もあり、何より私自身がそういうことを楽しんできた人生でもあるので、何でもかんでも自動化の方向に進んでしまうのは、少なくともゲームということに限定すれば、あまり良い傾向ではないのかなぁとも思っています。
 
 もちろん、時間ない人がどうしてもゲームをやった感を楽しみたいという点において、その選択肢を用意することは、ユーザ獲得の意味でも、ゲームの収益という意味では、大事なのでしょう。
 その場合、個人的には「自動によって得た結果がどうか」がわかるようにしてほしいなぁとは思っちゃうんですよね。この手の自動化仕様って、割と「自動でも手動でもユーザが選べる」ことが多いんですけど、これは方法が選べるだけで、パッと見のステータスとか資金とかは、自動でも手動でも見た目に差がないってなって、なんかそれはそれで損した気分になっちゃうんですよね。ステータス上は差がないけど、自動化使ったユーザ(キャラクター)ですよって表示があるかないかだけでも、「ちゃんと全部手動で頑張った結果」としてモチベの維持に繋がりますし、躊躇しない人は気にせず自動化を使えばいいってなりますし。

 まあ、こういった自動化の波は、少しずつ家庭用ゲームにも波及してる面もあり、避けられない未来にも思えるのですが、作業ゲー好きとして、なんとなくもやっとしてるというお話でした。

[ 2021/07/18 23:09 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

ネガティブな声との付き合い方 

 悪口、陰口、批判、否定・・・まあ、その手のことは世の中に山程ありますし、私自身もこのブログ含めて、それなりの頻度でしてきたという自覚はあります。日常生活においても、そういったネガティブな声を聞くのも、自分自身が発信するのも、まず避けては通れないものだと思ってます。そう、あって当然のもの。

 だから、悪口を言わせない世界線にすればどうすればいいのか!?なんて理想論はあまりに非現実的ですし、だとしたら、そういう声とどう付き合っていくか、考えたほうがいい気がします。

 で、自分なりに考えてみたのですが、1番現実的なのは、「場所と相手を選ぶ」なのかなぁと。個人的に、話が合う人というのは、趣味が同じというよりも、考え方が近い人を指すと思うんですけど、これって悪口とかにも、当てはまるんじゃないかと思うんですよね。
 世の中の不満とか、疑問とかに置き換えてもいいですけど、それこそ「駆け込み乗車は人様に迷惑かけてる自覚ないのかなぁ」とか、「酒の席で飲酒を強要する人の考えが理解できないんだよね」みたいなのって、良いことではないという大多数の共通認識はあれど、中には「本当に急いでるときには仕方のない場合もある」とか、「酒の席なんだから多少周囲に合わせることも必要」という考えを持つ人がいることも事実で、絶対の正解がないことが殆どだと思います。だとしたら、普段の付き合いの中で、不満も含めて共感を得られそうな相手を選ぶというのは、とても重要なことだと思うんです。それが、ネットへの書き込みという、ある種相手を選ばない(世界中に発信)行為が世の中に溢れていることで、いろんな問題に繋がっている・・・そんな気がしています。

 もう1つ、特にネットへの書き込みに関して思うのは、言葉を選ぶということ。これは賛否あるとは思うんですけど、世の中への不平不満をネットに書き込む行為は、言葉さえ選べば、別にいいんじゃないかと個人的には思っています。その代わり、表現が正しいかは分からないけど、「駆け込み乗車ってこわいなぁ」とか、「酒の席の雰囲気がちょっと苦手だから、あまり飲み会とかには行かないようにしてる」みたいな感じで、ちょっとだけでも言葉に気をつける。同じようなことを言っていても、言葉に棘があると感じるかどうかは結構差があって、特に感情が乗らない文字という文化においては、表現1つで印象が劇的に変わることも少なくありませんからね。

 私自身、ネットに書き込みを始めた直後はかなり表現が攻撃的だったり、今でも感情が高ぶりすぎると、言葉が乱れることもあるので、自分自身への戒めという意味も込めて、少し書き綴ってみました。

[ 2021/07/04 22:18 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)

徒然チルドレンが面白かったというお話 

 ここ最近、しばらく停滞していたアニメ視聴を再開したのですが、中でも特に面白いと感じたのが、「徒然チルドレン」というアニメです。

 このアニメを見たのは先月で、放送自体は2017年なのですが・・・自分の中でも名作アニメの1つに数えていいくらい、良かったです。

 どういうアニメかというと、ラブコメの恋愛要素部分だけを切り取って、それをオムニバス形式でひたすら楽しむ作品、という感じでしょうか。同じ学校内が舞台なので、ちょいちょい同級生とかの絡みもあるにはあるのですが、大半がカップル(もしくはカップルには至ってない男女)2人だけで完結するようなエピソードが多いです。

 まず何よりもいいのが・・・表現がアレですけど、俗に言う「キュンキュンする」ところですね。中にはちょっと心配になる関係もあったりしますが、基本的には安心してみていられるのが良いです。ダークサイドに堕ちそうになるとか、取り合いになるとか、そういう描写はほぼなく、思春期特有のもどかしさが詰まっています。ちなみに、自分は中でも菅原と高野のカップルが好みです。アニメだけだと、もうちょっと先がみたいなーという終わり方になってましたけど・・・。
 それと、15分アニメで、かつオムニバス形式で、様々なカップルの形がテンポよく楽しめるのもおすすめポイントです。ちょっとした空き時間にささっと、あまり深く考えず見るくらいの気構えが、ちょうど良いかもです。

 そんな「徒然チルドレン」、個人的にはラブコメ好きな人にはとりあえずおすすめしておける作品かな、と思いました。

[ 2021/06/08 22:51 ] アニメ、漫画 | TB(0) | CM(0)

ゲームと老害のお話 

 ゲーム、とりわけスペースインベーダーやらファミコンやらのゲームという括りでいえば、まだゲーム界における老害というものは、それほど目立った存在にはなっていません。ただ、周囲を見ていると、そこに片足を突っ込んでいる人、というのは割りかし見かけます。


 そもそも、老害の定義という問題はあるので、ここからはあくまで自分の思う「ゲーム界における老害」という話になります。

 例えばですが、旧作が好きな人、というのは珍しくないと思います。しかし、中には「最近のゲームにはついていけん」などと前置きしながら旧作をプレイし始める人がいたりします。あるいは、新作の話題が世間を賑わしているときに、あえて「じゃあ自分も対抗して(そのシリーズの旧作である)○○やりますね」などと謎のアピールする人もいます。さらには、シリーズ○周年!とかでツイッターのトレンドに上がった時に、「自分は初代が好きだったなぁ、やっぱドット絵はあたたかみあるし、操作がシンプルで遊びやすいし」などと、今の3D全盛で覚える操作の多い近年の作品と反対の表現を使ってる人もいます。しかも、そういう人に限って、そもそも最近はめっきりシリーズから離れて、聞きかじりの知識だけで暗に批判していたりもします。

 これはあくまで一例ですが、その多くは「ゲーム自体はまだ遊んでることが多いので、はたから見れはゲーム好きのファンに映るし、本人も普通にゲーム好きだと認識している」「昔からゲームをやってる(それなりに年を取ってる)から、何となく説得力がある言い回しを使う」という状態になりがちです。

 私は、これぞゲーム界における老害への道だと思っています。ゲームの進化を否定して、過去を美化する傾向が強い。自分の感性が鈍っているだけなのに、ゲームが楽しめくなったのを、ゲーム自体の変化のせいにしがちになる。

 もちろん、全てのゲームが正しく進化しているとは限らないですし、老害に見える人が的を射た発言をしていることもあるでしょう。ただ、全体を俯瞰でみた時、上記のような思考回路に陥る、もしくは少しでもその傾向が出始めていたとしたら、それは老害への一歩ではないかと思うのです。


 では、ゲーム界の老害にならないようにするには、どうすべきか。今のゲームについていければそれが1番ですけど、そうでない人も多いハズ。なので、ゲームに限った話ではないですが、過去を美化するにしても、その比較として現在のものを否定する癖を治す、というのが1番でしょうか。
 あともう1つ。どうしても今のゲームについていけないって状況になったら、もうゲーム自体から離れるってのは大事かなぁと思ってます。正直、自分の感性が鈍っているのを認めるのって案外難しいので、それであれば、今の自分に合っている趣味なり時間の使い方を見つける努力をするほうが、方向転換しやすい気がしますしね。

[ 2021/05/28 06:03 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(1)

ポプマスについて思うこと 

 現在ランク124。割とやり込んでる方だという自覚はあるのですが、だからこそ不満に思う点も多いので、ちょっと書き連ねてみようかなと。かなり厳しいこと書きますので、ご注意を。



アイドルの実装ペースが極端に遅い
 何はなくとも、これ。今回実装される3人には共通点が~・・・とか言ってる場合じゃなくて!今のペースだと全員実装まで3年。まして、3人ユニットを楽しむことが主目的なのに、いまだ3/4のアイドルは未実装って・・・アイマス越境公式でやっておきながら、なぜこんなにもやる気が無いのか。せめて1年以内には全員実装するくらいペースアップすることを希望したいところですが、現状の盛り上がりの無さをみると、全員実装より前にサービス終了にならないか、そちらの方が心配になっていたりもします。


曲の実装ペースが極端に遅い
 アイドルの実装ペースにも関連するのですが、曲はアイドルより遥かに多く、しかもアイドルと違ってイラストやスキル、セリフ等も一切用意する必要がない・・・にもかかわらず、実装ペースはまさかのアイドル以下っていう。アイマスはキャラもそうですが、曲もあってこその魅力だと思いますし、アイドルのようにガシャの都合とか関係ないわけで、単純にやる気がないってだけなんでしょうね。


ガシャの仕様が悪い
 新規実装のアイドルが1500ジュエルで確定でお迎えできる仕様だけは普通ですが、あとは残念な部分が多いですね。天井がないのもそうですが、バーステーガシャみたいな括りにも疑問。前述したように、大半のアイドルは未実装の中でバースデーに焦点を当てられても、いやいや他にもたくさんバースデーの子いるじゃん、っていう。限定ガシャが出てくるのもそうですが、順序が逆じゃないでしょうか。それとも、意地でもガシャをまわしてもらって、早々にサービス終了する準備でも始めているんでしょうか。


ゲーム内容に難あり
 何はなくとも、イベントの面白みの無さが際立ってます。報酬が凄い充実しているわけでも、イベント固有の演出やコミュが見れるわけでもない。曲の実装ペースにも絡む話ですが、報酬の曲が目玉扱いって、いや普通に誰でもすぐプレイできるようにしろって話で、なんでイベント頑張るか何度もプレイしてランダム排出を待つかしかないのか。
 全体的なもっさり感やロード時間の長さも酷いです。スキマ時間のプレイ推奨してるのに、起動し直すたびにキャラのロードが入って、ユニット選択の度に重くなり、トレーニング画面に行こうとする度に重くなり、等々・・・。
 CPもダダあまりでプレゼント欄圧迫して邪魔で、曲の実装ペース遅いのに熟練度100より増やせないから全曲すぐカンストしちゃうし、ちゃんとプレイしないと評価S行かないから結局スキマ時間なんかじゃできないし、基本スキルじゃ高難度すぎるミッションがランクアップ条件だったり・・・。とにかく、ゲームをいかに快適にプレイさせないかを考えに考え抜いた結果生み出されたゲームであることは間違いありません。割とバグも頻出しますし、デバッカー要員1人もいないんでしょうね。・・・いやいるか、プレイヤーという名のデバッカー要員。


 ・・・という感じで軽く書いてみましたが、正直他にもいくらでも思いつくぐらい、仮にもそれなりにメジャーなコンテンツの由愛の越境ゲームが、こんな残念仕様の塊になるとは、夢にも思いませんでした。とりあえず、自分の担当アイドルが実装されるまではアンインストールまではしないつもりですが、気持ちは完全にきれかかってるので、運営がもうちょっとまともになってくれるのを、祈る他ありませんね(公式サイトから要望等は投げていくつもりですが、その要望なげるモチベ自体がなくなりつつある・・・)

[ 2021/03/20 08:23 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

Youtubeをお試しで始めた話 



 Twitterでは公に情報公開してないのですが、実は先日から、Youtubeで投稿を始めました。

 ・・・といっても、中身は動画というよりはほぼ音声録音だけで、自分の興味あるものをただ語るだけっていう。まあ、ここなら見てる人も殆どいないでしょうし、逆にここを見てるレベルの人に知られても、特に問題はないかなと。今はアイマス特化ですが、今後どうするかは決めてません。

 ちなみに、投稿初日は、3月9日。・・・まあ、自分が14年前にブログ開設した日と、全く同じなんですよね。これは偶然とかではなく、「そういえばブログ開設14周年だけど、もう周年ごとに記事書くのもやめちゃってるしどうするかなー。あーそうだ、どうせなら、Youtubeはじめてみようかな」くらいのノリでスタートしてます。

 なので、すぐに投稿やめちゃうかもですが、まずは登録者数1人を最初の目標として、やっていこうかなと思ってます(現時点で登録者ゼロなので)。

[ 2021/03/13 09:19 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
11 ≪│2022/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ステータス?
カウンター