ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル プレイ感想 

 勝手に感想書き終えた気になってましたが、まだプレイして間もない頃に少し触れただけだったので、改めて感想でも書こうかなーと。

 ゲームとしては、タッチ式の音楽ゲームで、LP(いわゆるスタミナ)を消費して音楽ゲームをプレイする、シンプルな仕様。実際、キャラの育成システムもシンプルで、覚えないといけないこととか、時限式のイベントとかの縛りもあまりなく、プレイするハードルはかなり低いと思います。

 ただ、当然ですが音ゲーなので、他大多数のスマホゲーと比べて、ある程度の腕前は問われるのかなーという印象。自分の場合だと、最高難易度だけはクリアできる気がしませんが、それを除けばクリアだけなら可能、というくらい。言うほど高難易度のゲームではないですが、事前にプレイ動画やらPVやらを見て、イメージを掴んでおいたほうがいいかもしれません。
 その音ゲー部分の出来ですが、普通に面白い、というのが6ヶ月ほど遊んでの率直な感想。現時点での配信曲は60くらい?あり、曲ごとに難易度が3段階+徐々に最高難度の4段階目が実装されていたりで、ボリュームも含めて、音ゲーとしてよく出来ているように思います。あくまで、家庭用のバンブラやビーマニを触ってた人間の感想なので、レベルの高いゲーセン慣れしてる人から見れば、物足りなさとか感じるかもですが。

 それと、ラブライブ!というコア向けなジャンルということもあり、カードの入手率含めた、ゲームバランスの話を。・・・結論からいえば、1番レアなURのカードを、かつ狙ったキャラのが欲しいのであれば、割と結構な課金が必要そうなバランス。当然、レアなモノのほうがカードの性能も良い、というのがスマホゲーお約束の話で、戦力的な面でも重要です。

 ただし、「遊ぶだけ」なら、課金の必要性はほとんどない、と言えるレベルでもあります。敵を倒すというゲームでもなければ、他プレイヤーと争う要素も弱めですし。一応定期的なイベントがあり、それは他プレイヤーと争う事にはなるのですが、正直ハードルは低いです。上位勢に至っては争っているというより、キャラ名にちなんで語呂の良いスコアを目指したり、互いに応援しあっていたりする感じで、ほとんど自己満足の世界という印象。課金しないと遊べないというよりは、課金することで遊び方が変わる・・・そんなイメージでしょうか。

 ちなみに、ゲーム内のメインストーリーや、キャラ育成時に開放されるサブストーリーがあるんですけど、個人的にはおまけ要素という感じで、単独で楽しいかというと、まあこんなものかなーという印象。当り障りのない話も多いので、自分の中では音ゲーの合間の気分転換、くらいの認識です。


 全体として、音ゲーとしては面白いけど、キャラゲーとしては普通、というのが、このスクフェスというゲームだと思っています。一見すると課金臭が半端じゃなさそうですけど、普通に遊ぶ分にはむしろ課金する要素がほぼ見当たらないレベルで、本気で狙ったレアカードを欲しい、という一握りの人だけが課金する感じなのかなーと。何十とスマホゲー触ってきた中では、かなり面白い部類に入るとは思います。


[ 2015/02/05 23:43 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

PSO2es プレイ感想 

 PSO2も平行してプレイし始めたのですが、手軽にできるということで、こちらがメインになってるので、まずはスマホ版の感想です。

 元々はPSO2(ファンタシースターオンライン2)というセガのオンラインゲームがあり、それと一部機能が連動しつつ、単独でも遊べるスマホアプリとして登場したのが、このPSO2es、みたいです。

 基本的なグラフィックや世界観はPSO2のそれと同じで、スマホゲーとしてはグラフィックも頑張っている部類という印象。良くも悪くもPSO2ありきのゲームなので、あまり単独で遊んでみたくなるような特徴は見当たらないですが、時間の空いた時にプレイして、ついでにメインのオンゲー側をプレイする際にいくらか恩恵得られればいいなぁ・・・くらいのプレイスタイルと相性が良さそうです。

 そんな本作の細かい所を見ていくと、最近の基本無料アイテム課金スマホゲーのテンプレ通り、時間経過で回復するスタミナ的なものを消費してミッションを受け、クリアしたらお金+アイテム+経験値を得て、たまに時限式のスペシャルクエストやら何やらやりつつ、のんびり進める内容。多少の差異こそあれ、もう「いつものスマホゲー」と言ってしまっても問題ないレベル。

 上記したテンプレ部分を除いた本作の特徴としては、やはり戦闘になるでしょうか。一応戦闘がアクション形式になっていて、タッチで攻撃、左右で回避や敵ターゲットの切り替え、上下で前進と後退。現在レベル22程度ですが、今の所難易度は調度良く、操作感としてもスマホゲーとしては良好な部類という印象。あくまでPSO2がベースですけど、ちゃんとPSO2esとしての独自性を出せているのは高評価。

 ただ、戦闘をのぞくと、大体は「PSO2準拠」か「基本無料アイテム課金スマホゲーのテンプレ」のどちらか。これまで書いてきた通り、戦闘面で目新しさはなく、その分ゲームの操作性や難易度など、全体として丁寧に作られている印象を受け、遊びやすさという点でしかしっかりしてると思いました。単独で遊び続けたいほどの魅力はないですけど、PSO2のプレイ補助として、今後もまったり続けていくことになりそうです。


[ 2015/01/30 00:09 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

田中にタイキック2 プレイ感想 

 ゲームのタイトルとパッと見の画面構成を見て、これは1度はプレイしないといけない・・・と思いました。

 プレイヤーは、タイキックを繰り出すことができる謎のキャラクターを操作し、田中にはタイキックをお見舞いし、田中以外の人にはキックをせずにスルーしていくという、割とよく出てきそうなシステムを採用しています。

簡単にいいますと、ゲーム画面は以下の様になっているとします。

[田中] [非田中] [非田中] [田中] [田中]
[プレイヤー]
[ける] [けらない]

 この場合、プレイヤーは最初に[ける]ボタンを押して田中にタイキックをします。次は非田中が2回連続なので、[けらない]ボタンを2回押し、その後は[ける]ボタンを2回押すことになります。成功し続ける限りコンボは繋がり、デフォルトでの1プレイは30秒でも、コンボや押す速度など(?)に応じて時間にボーナスが入り、その分だけ長くプレイできます。そうやって、1プレイでのハイスコアを全国のプレイヤーと競うことになります。

 このゲーム、システム的に何も珍しい要素はありません。コンボ数などに応じた称号があり、それをコンプリートしていくというやりこみこそあるものの、本作ならではのシステムというわけでもありません。

 それでも中々に面白いのは、ゲーム全体の雰囲気に尽きると思います。田中以外の人にタイキックをかましてしまった時の謎の叫びとか、そもそもキャラクターの表情がいい脱力感を誘うとか、その雰囲気から割と何度も連続してプレイしたくなります。イメージとしては、パワポケに収録されているミニゲームに近い印象です。

 内容は普通でも、文字通り雰囲気で面白さが増している本作。飽きが来るのも早いかもしれませんが、この独特の雰囲気を味わうという意味でも、1度はプレイしてみることをオススメします。


[ 2015/01/22 22:35 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

ソシャゲを色々試した感想 

 スマホ移行後に触ってきたソシャゲについてあれこれ。


ぷよぷよクエスト
 パズドラに端を発したパズルゲームブームの中で生まれた作品、というイメージ。全体的な世界観がまさしくぷよぷよで、その雰囲気的には良い感じ。ゲームとしてはよくあるパズルゲームの流れをくむもので、個人的に特筆すべきものはなかったように思います。ぷよぷよ好きで、かつソシャゲに対する抵抗がないなら、選択肢として有りかなと。


チェインクロニクル
 いつかプレイしたRPGツクール製のフリゲを思わせる、王道RPG的な雰囲気が何よりも印象的でした。キャラ推しでもソシャゲ特有のコピペ感もないんですけど、何となくどこかで見た感溢れるのは、ある意味セガがちゃんと作りこんだゆえの結果なのかなぁと思ったり思わなかったり。


アイドルマスターシンデレラガールズ
 知り合いでユーザがもっとも多い、気がするゲームの1つ。ただ、古いゲームだからなのか、モバゲー全般に言えることなのかまでは分かりませんが、UIの安っぽさはどうにも気になる所。ゲームとしても作業ゲー色が相当強く、キャラへの思い入れの強さがかなりの割合を占めているんだろうなぁ、というのがプレイしていて1番強く思った所。


モンスターストライク
 モンスターを相手にぶつけて戦うゲーム。操作は割と快適で、プレイスタイルも分かりやすいのであまり深く考えず、かつあまり作業感なく遊べるのは良いところかなぁという印象。ただ、操作性だけは良いのですが、キャラと育成面、また全体的なUIなどはテンプレに近いので、全体としての目新しさには欠ける気がしました。


ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル
 通称スクフェス。いわゆる音ゲーで、個人的には1番長く楽しめている作品。スタミナ(ゲーム内ではLP)がやたらと早く尽きるのと、キャラ推しの割にイベント会話にいまいち惹かれるものがないのが欠点ですが、音ゲー部分としては普通に面白いです。


SDガンダムGジェネレーションフロンティア
 Gジェネがソシャゲ化を果たした姿。育成部分やUIはまさにソシャゲそのもので、目新しさはないです。ただ、戦闘システムに関してはバトルコマンダーっぽい仕様で、適当に前進なり後退なりさせて、射程圏内に入ったら勝手に攻撃開始するシステムなので、物凄く懐かしさがありました。家庭用のGジェネのシステムに飽きてる人の気分転換にはちょうどいいかなという印象。

[ 2014/09/03 06:32 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

数独のようなクイズゲーが意外と面白い 

 ソシャゲのようなものがスマホゲーといえばそうなのですが、数独のようなクイズ系のゲームもまたスマホと相性が良いなぁと思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 数独自体はパソコンゲーでプレイしたことはあったんですけど、わざわざパソコンの前にどかっと座ってやりたくなるほど熱中はしませんでした。この辺はピクロスとか、クロスワードとか、クイズゲー全般に言えることですけど。

 それがスマホでやると、「ちょっと気分転換に1問」という遊び方ができるんですね。この辺は日本で据え置きゲーム機が勢いを失い、完全に携帯ゲーム機中心の市場になっていることからも分かる通り、多数派の日本人的な感覚に近いのでしょう。駅のホームやら、お店の開店前やら、そうしたスキマ時間の活用という意味でも、他のゲームより一応頭を使うということも含めて良い選択肢ではないか、と。

 もっとも、その手のゲームに依存しすぎると、スキマ時間にちょっと・・・・のつもりが色々なものを犠牲にしてしまうこともあるかもなので、そこは上手いこと抑えていく必要がありそうですが。

[ 2014/08/01 06:16 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

ひまつぶクエスト プレイ感想 

 お手軽な感じでプレイできそうなRPGはないかなーと探していたら、割と定番アプリらしいのが見つかったので・・・。

続きを読む
[ 2014/06/25 23:48 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

うまい棒をたべよう! プレイ感想 

 何を思ったのか、「うまい棒」で検索して、とりあえず出てきたアプリをダウンロードしてみたというお話。

続きを読む
[ 2014/06/23 19:28 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

神経衰弱ゲーム プレイ感想 

 昔はがんばれゴエモンやクレヨンしんちゃんのゲーム内ミニゲーム等でも遊んだ記憶がありますが、いやはや懐かしいですね・・・。気がついたら「神経衰弱」で検索して適当にプレイしてました。こういうミニゲーム感覚のものを遊ぶのにスマホは実に向いてますね。

続きを読む
[ 2014/06/22 19:02 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

いばパズ! プレイ感想 

 さすがに一大ブームとなっただけあって、パズドラチックなゲームには困らないですね・・・。

続きを読む
[ 2014/06/21 14:59 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。