ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

俺_合作 後編 感想 

 書くな!

続きを読む
[ 2013/08/31 00:06 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

俺_合作 前編 感想 

 某内輪向け合作の感想です。読むな!

続きを読む
[ 2012/07/14 22:00 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(2)

ニコニコでのお気に入り動画の見つけ方 

備忘録といいますか、普段どんな感じで動画を探しているのかを書いてみます。

続きを読む
[ 2012/06/26 20:37 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

akagi(バトルドーム)氏作のお気に入り動画を紹介するだけ 

 生存確認が取れたので、早速akagiさん作の動画で私が特に気に入っているものをご紹介します。

続きを読む
[ 2012/05/25 22:43 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

ニコ生でプロ野球の試合を観れる喜び 

 昨年までは楽天イーグルスの主催試合のみニコニコ生放送で視聴することができたのですが、この2012年からは福岡ソフトバンクホークスと横浜DeNAベイスターズの主催試合についても視聴が可能になり、ニコ生でプロ野球の試合を視聴できる機会も随分と増えました。

 チーム名からも分かる通り、これはいずれもネット関連企業が親会社になっている球団ですから、その意味で言えばそれほど驚きもないのですが、ある種のアングラポジションであるニコニコで、国民的人気を誇っていた時代もあるプロ野球の試合が観れるという意味では大きな変化とも言えます。

 思えば、プロ野球にかぎらずとも、最近では将棋だか囲碁かの対局やら、大相撲の引退相撲やら、はては現役政治家のトークやらもニコ生で観れるわけで、それだけニコ生に限らず、有名人や有名競技がネットを通じて情報配信をしたり視聴者層とより身近な形でコミュニケーションを取るのが普通になってきたのかなと。

 いずれにせよ、野球はじっくり観るのはもちろんのこと、コメントでのやり取りがまた良いんですよね。アニメをツイッターでの実況などでも言えるリアルタイム性はもちろんのこと、単純に野球に関心がある人が集まっているためか、その試合を観ているだけで謎の選手情報や他球団の試合情報まで逐一入ってきますからね。ストライク判定に物議を醸すこともあれば、選手の表情や観客席の様子に無駄に反応することもある等、普通にテレビで観るのとは違う野球の楽しみ方もできますし、今後もより多くの試合が観れるようになったらなぁと改めて思った今日この頃。

[ 2012/04/14 07:24 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

うすいG8を考える 

 ニコニコで大変著名な歌らんさんの「うすいG8」発言が話題になってはや幾日、少し思うところを書いてみます。

続きを読む
[ 2012/04/01 09:49 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

田中多労(2回目) 

 今回もお気に入りの田中多労(本物)動画を紹介するだけです。読むな!

続きを読む
[ 2012/03/30 08:01 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

工作 

 はい。

続きを読む
[ 2012/03/30 07:27 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

動画投稿者さんの記事を書くということ 

 大百科編集者として、お気に入りの動画を数多く作っている動画投稿者さんの記事を書くことが割とあるのですが、最近その記事作成時の方針について少し思うところがありました。
 
 大百科は多くの人が見ることになる百科事典として、客観的な事実を述べるのが基本線だと思います。動画投稿者さんの記事についても同様なわけですが、そうすると「どこまでを書くか」の線引きが意外と難しい気もしています。

 例えば私がよく書くMAD作者でいえば、
・HNの由来(分かれば)
・活動ジャンルとその変遷

 これは鉄板とは思うのですが、例えばどんな動画を好んでみているのか、関連動画に貼り付ける動画の基準はどうするか、場合によっては個人的な趣味についての記述もするのか、など統一見解を出すのは容易ではありません。それこそ私のような見る選だと、技術的な部分や使用するソフトをはじめとした制作環境の話は書きにくいわけで、しかしむしろそこがMAD作者の肝の1つなので、それが欠けると全体的に寂しい構成になりかねないわけです。

 動画投稿者としての歩みを書くにしても、複垢を使用していたり動画の投稿情報を一切公開していなかったり、複垢以前にアカウントを消した過去があったりと、外側からそのすべてを知るのは難しく、そもそも合っているのかどうかは本人に確認を取る以外の方法がありません。特にMAD作者などの場合はその傾向が顕著であり、実際私も「この動画が初投稿だろう」と判断して記事を書いたら、ツイッターか何かで「実は別の動画が初投稿」という指摘を受けた記憶がありまして。それがどなたのことか忘れてしまいましたが、割りとそういう現象はありがちです。

 他にも、1度作成した記事をその後どう編集していくのかも判断に迷うのかなぁと。途中からジャンルが大きく変わったらどうするのか、名前は変わったらどうするのか、関連動画は適宜張り替えるべきなのかなどなど。実際多くの記事を見ていると、中途半端な編集状況のまま放置されていることも結構見受けられ、かといって特段指摘するような人も少なく、例えば編集者がそれに気づいたとしてそ動画投稿者さんに関する知識がしっかりあるかと言われればまたそれも難しく・・・。

 「とにかく記事を増やすこと」を第一義に考えているへっぽこ編集者としていまのスタンスを変えるつもりはあまりないのですが、一部の人にしか編集にかかわりにくいであろう動画投稿者さんに関する記事だけは、自分が管理できる範囲で考えないといけないなぁと改めて思った次第です。

[ 2012/03/13 21:23 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター