ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく! 第206話感想 

 最近遅れるのがデフォルトになりつつある気もしますが、まあそれもまた味があるという事で・・・。


フリーダム
 フリーダムなやつは強いそうですが、それって結局、単にやりたい放題だから強く見えるだけなんですよね。周りに迷惑をかけようが、理不尽な展開になろうが、思うがままにやれるというのはこの上ない武器(というかほとんど反則技)ですし。
 そういう意味では、むしろフリーダムな環境にない中で力を発揮してこその本当の強さなのではないかとも思うわけです。わけのわからん技術やら身体能力を生かした非常識的な強さなどではなく、真っ当な正攻法である方が、真に強さを感じられるとでもいいますか・・・。


お母さんと暮らす方が普通だし自然
 とはサキさんのお言葉ですが、それってサキさん本人にも当てはまるのでは?親がどうやって生計を立てているのは知りませんが、少なくともワタルの両親よりかはまともな考え方をする人でしょうから、なおの事、こっちの方が自然。
 そっち・・・つまりはサキさん本人の生活展望に目を向けていないのは、それだけワタルの未来を思っての事、と見ればいいんでしょうか?あるいは、それこそマリアさんのように、単に主に依存過ぎて、自分の未来について思考停止状態に陥っているだけなんでしょうか?代理で戦うとはいえ、それはサキさんの未来をも決めてしまうわけですし、何かご自身の意見も・・・ってまあ、それは口に出さずともモノローグで語り尽くしてしまっているといえばそれまでですが。


秘密フォルダ

 誰しも秘密があるものです。・・・とはいえ、ワタルの秘密フォルダに入っているものって、一体なんでしょ?
 すぐに思い浮かぶものとしては、伊澄関連の画像(写真)。前に83話最終コマで写真を買ってましたが、それを画像としても保存しているとか、ハヤテ絵師さんの描いた伊澄の画像をためこんでいるとか。あるいは、伊澄関連以外として、たとえば家族との思い出が詰まっていたり・・・は、やっぱりないですかねぇ・・・。


一条って
 やはり、何だかんだでハヤテを意識したキャラなんでしょうか?あのアメリカ風のノリのギャラリーを盛り上げているシーンが、咲夜の誕生日パーティー時のハヤテを彷彿とさせますし。ついでに、その周囲にいるキャラも、不思議とあの時の面々と似てますし。ロリコン設定も、ハヤテに通じるものがありますし?もっとも、見た目だけは別のキャラを意識している気もしますが・・・。


どんなに強くても・・・
 いきなりのロイヤルストレートフラッシュとか、私がドラクエで1度も出した事がないやつを1発目で完成させてしまう美琴ですが、彼女は賭けに買っても負けても、物語的には負け確定のポジションにいる気がしてしまうのが悲しいところ。

 そして、こうして楽々勝てそうな美琴を見ていると、こういうキャラがいるから金に困っている面々が余計に光って見えてしまうのかも。西沢さんのバイト奮闘記にしても、ワタルの人生設計にしても。まあ、金持ち感覚どうこうより前に、常識はずれの親の影響で子が際立っているとも言えそうですが。


ラスベガスといえば
 ギャンブルとスト○ップらしいですが、いやいやラスベガスといえばシムシティーの隠しシナリオに決まっているじゃないですか!ついでにUFOとかやってきちゃいますよ!そのUFOにはきっとマヤが乗っているので、下田温泉編とのリンクもありえますよ!むしろ三千院家つながりとしては、そっちの方が自然ですよ!収入が300とか、3000院家と縁も紫もありそうに聞こえますよ!

 ・・・まあ、あれです、咲夜のスト○ップはよく言及しても仕方がないので、むしろ咲夜のストラップが発売される事を切に願っています。グッズの少なさ的に考えて。


ゆっきゅん
 彼女の死が、帝であれ美琴であれ、三千院家に関わる面々の人生観を変えちゃったわけですか。現在の、ナギに依存する三千院家お屋敷組以上に、当時の三千院家周辺はゆっきゅんに依存しきった構成になっていたんでしょうかねぇ・・・。この作品の中で、もっとも慕われている(いた)人物は、あるいはゆっきゅんなのかもしれませんね。もっとも、ゆっきゅんという場合と紫子さんと言う場合で、微妙に何か違っている気もするわけですが。


ギャンブルに勝つために
 鬼のように強いのなら、鬼より強いギャンブラーを呼べばいいはず。・・・鬼より強いギャンブラー・・・誰?ミコノス方面に行かず、かつ行き先が決まっていないキャラ・・・シスターか牧村さんかヒムロあたり?なんか物語的にはすごく脇を彩る存在のオンパレードかもですが、まあ実際サイドストーリーなので大丈夫のはず。


 
 そんなわけで、至る所から畑先生が疲れているのを実感できた206話でした。


トラックバック送信先
セカコン~ナギと紅茶を楽しんで~
新さくら日記
[ 2009/01/09 21:54 ] ハヤテのごとく! | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/991-1071ef13

前回・・・ワタルは自分の居場所を求めて、ワタル母と勝負することに。 果たして、ワタルとサキ、咲夜はワタル母と一条に勝てるのか? 第20...
 今でも夢の中で見る小さかった頃のお母さんとの思い出。あの頃はお母さんが大好きだったけど、今はどうなの?三年ぶりのお母さんとの再会...
[2009/01/10 08:57] 新さくら日記
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。