ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

まんが家BACKSTAGEVol.216 「うっかり☆ヨミちゃん園芸日記」の感想 

 畑先生のまんが家BACKSTAGEの感想でも書いてみます。

 ・・・というか、「うっかり☆ヨミちゃん」って、私のハンドルネームの由来である「うっかりざくれろ」を思い出してしまうんですが、まぁたぶん違うでしょう。


 今週のWeb漫画は、なんと!京橋ヨミさんがメインでした。さらに、2008年の流行語大賞にノミネートされた「くるっぽー」も登場し、名実共に今年のサブキャラ豊作ぶりを象徴するお話でした。(参考:2008年のハヤテサブキャラまとめ

 
 まず1コマ目。中学3年生であることは初登場時にはわかっていたことですが、ここに来て新たな情報が・・・14歳だそうです。14歳という事は、まだ今年度の誕生日を終えていないわけです。

 ・・・もうお分かりでしょう。誕生日イベントです。サブキャラのヒナギクですらあれだけ大々的なイベントが用意されていたわけですから、ヨミさんにもそれと同クラスの扱いが!・・・あるわけないですって?そんな根拠などどこにも存在しないのです。ケレ・ナグーレちゃんの出番はもうないとか一方的に言い切ってしまうことと同じくらい根拠がない事です。
 また、もう1つの可能性も考えられます。・・・彼女の今年度の誕生日イベントが消化し終わっているとしたら?とすれば、考えれる選択肢は、当然飛び級。今のところ主要キャラしかなしえていない設定が、彼女にもあった場合はどうなるでしょう?むしろ、スペック的にはそっちの方が自然な気さえします。

 いずれにせよ、学年と年齢両方の設定があるのがミソなんです。そこまで考えられた上で彼女は登場しているわけですから、期待するなというのが無理な話ですし。


 んで、2コマ目以降、ハトとヨミさんの激しいバトルが繰り広げられています。

 ここで、くるっぽーなハトといえば、日比野文。そのくるっぽーの系譜を受け継ぐハトと接しているのが、今回のヨミさん。文を読み(ヨミ)・・・なんか繋がってきました。むしろ、いつか文が白皇学院生徒会長になったとき、副会長を務めるのがヨミさんであることを暗に示しているような気さえします。・・・・いや、気がするどころか、確信に変わってきました。主に私の脳内限定で。
 実際、14歳とは思えないスペックという点では、かの天才・牧村さんに勝るとも劣らない人材と言えましょう。マリアさん政権時代に匹敵するような生徒会運営・・・未来の副会長である京橋ヨミさん(+文)なら、きっとできる!やればできるは魔法の合言葉です!北京だって頑張っているんだから!


 それとは別に気になった事として、京橋ヨミというキャラクター像があります。
 まず、1コマ目で、自己紹介と共に自身の年齢を公表するスタイル。ハヤテ内で言うなら、マリアさんスタイルそのものです。彼女が第3のメインヒロインであると言わんばかりの描写です。実際、私以外にも彼女がメインキャラではないかと予感されていた方がいるわけで、実際そう考えるのが自然です。
 それともう1つ・・・台詞の締め方について。「☆」です。どこぞのハンドルネームみたいです。マリアさんの「はあと」に近いポジションなのでしょうか?☆ということは、星。夜空に輝く星。太陽のようなマリアさんという存在と対比する立場として、ヨミさんは作品に登場したのかも分かりません。これでさらにマリアさんとの関連が見えてきたような気がします。何かこう、今後の大爆発を予感させるような・・・。
 さらに加えて言えば、さり気ないドジッ娘オーラ。スペックが高そうでも、そういう一面があるのが重要なポイント。これにより、彼女のハードルというか敷居が下がった気がするので、家庭菜園という似た趣味を持つ東宮君ともお近づきになりやすい環境が整いました。その東宮君にヒナギクを絡め、さらに未来の相方である文も割り込み、シャルナちゃんが冷静に突っ込んだりして、何の問題もなく白皇学院組に溶け込めることでしょう。


 三千院家のお屋敷も、白皇学院も問わず、メイン・サブあらゆるキャラに関われるポジションにある京橋ヨミさん。ハヤテのごとく!のさらなる飛躍のためにも、彼女の活躍に期待して待ちましょう!




 ・・・と書き終えてふと思ったのが、彼女が種まきをしたタイミングが謎だということ。年齢の議論は勝手に今現在のものと認識して書きましたが、春を待つという意味ではちょっと違うのかも?その場合は飛び級論が成立しなくなりますが、逆に中学2年時点でこのハイスペック!ということになりますから、それはそれで別の妄想が蔓延るだけですけどね。



トラックバック送信先
新さくら日記
なさそうでもあると考えないと、サブキャラ論は絶対に成立しないんですよ!
[ 2008/12/31 10:58 ] ハヤテのごとく! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/980-9dda76e2

畑健二郎先生のバックステージ:http://www.websunday.net/backstage/set_hata.html  京橋ヨミは三千院家にも出入りしている園芸屋の娘さんです。中学三年...
[2008/12/31 15:28] 新さくら日記
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。