ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく! 第192話感想 

 よし・・・今日中に4つの感想を・・・書けるんでしょうか?そんな3週間遅れくらいの、192話の簡易感想です。


 スキだらけの皆さんですが、断じて鋤だらけなわけではありません。そんなお話。要するに、千桜さんが女の子だからこそ可能な観察話だったということで、これが男なら即刻刑務所行きです。とりあえず、気になった点を3つほど。

 1つ目は愛歌さん。私は基本的に黒いと評される愛歌さんより、むしろそれ以外の愛歌さんが好きなわけでして、その意味では「そういうスキだらけな所が、千桜さんの可愛い所だけどね」と言ってるコマの笑顔はかなりツボにハマったのでした。まぁあれです、スキを見せるという事は、見方によっては相手方に心を許しているというか何と言うか、そんな感じ?スキのなさそうなヒナギクが、西沢さんの前だとあれな雰囲気になってしまうように・・・いや、なんか違う気もしますが。
 
 2つ目はナギ&千桜さん。「秋葉ではよくある事」みたいなやりとりをしていますが、たぶん秋田ではあまりない事。でも怪しい商品展開もあるとの噂を耳にした事もありますし、「秋葉≒秋田」みたいな時代ももいつかは訪れるのかもしれません。秋葉、日本橋、秋田によって囲まれたその地域は、バミューダトライアングル・・・その地域一体では、謎の怪奇現象が起きたり起きなかったり。
 それにしても、ナギは千桜さんと打ち解ける事があっても、ワタルとはだめなんですかねぇ?やはり、同性の方が気楽なのかもです。とすれば、ワタルの友達は神父さんですか。というか、財政的には鷺ノ宮家にお世話になるべきでしょうけど、趣味的には・・・本編大いに無視してますが、それは今に始まった事ではないということでご理解ください。

 3つ目は最後の最後に登場した牧村さん。あれが言わんとしている事は、ナギ&千桜さんが負けたのは、あのゲーセンにあったゲームに牧村さんが絡んでいるということなのですよ!牧村さんが関与していたから、CPUが異常に強かった。異常に強くしたのは、対マリアさんのために開発したから。研究とは、数々の検証を繰り返し、より完成形へと近づけていくもの。いつの日か、三千院家のお屋敷に納品し、愛するマリアさんにプレイしてもらうため。認めてもらうため。全ては牧村さんの、マリアさんへの愛情が生んだ結末だったのだ!

 ・・・かどうかは知りませんが、そんなことを考えたりもした192話の感想なのでした。
[ 2008/10/08 18:50 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ステータス?
カウンター