ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく! 第183話感想 

 183話「力への意志」の感想です。


 元の世界に戻ってきたハヤテ、目の前にいるのは、泣いている幼女泉。その理由は変な犬にぬいぐるみをボロボロにされそうになっているからだそうで。

 でまぁ、ハヤテは助けるかどうかで悩むわけです。「すぐに帰ってくる」というアーたんとの約束と、「目の前で泣いている女の子を助ける」というアーたんの教えとの間で・・・かどうかは定かではありませんが。何かこう、執事クエスト終盤での、神父さんとのやり取りを髣髴とさせるような、そうでもないような。神の声が脳内に駆け巡るとき、大いなる歯車が回り始めたりするんでしょうかねぇ・・・?


 そんな中、ハヤテと対峙した犬を呼ぶ声が・・・って、バカ犬ラッキーじゃないですか!128話と比べて恐ろしいまでに凶暴化してますが、何かあったんでしょうか?それこそ、高尾山編での熊と似た状況といえるくらいですし。・・・魔石の影響を受けて?幼女泉のフェロモンにあてられて?あたかもマッフィー人形と対峙する悪役の気分にでもなって?まぁそこに深い理由があるわけではなく、畑先生が出番を与えたかっただけなのかもですが。・・・うん、やっぱりケレ・ナグーレちゃんの再登場もありえそうな気がしてきました。

 それにしても、「ナギがラッキーをバカ犬呼ばわれする」という事は、ラッキーは平賀才人なんでしょうか?と今更ながらに何やら変な方向への妄想が止まらない今日この頃。タマのごとくいきなり人語を解して、「ナギの使い魔だ」とか言い出すんでしょうか?

 あ、ちなみにラッキー繋がりで、ハマーAさんが珍獣王決定戦なるものを開催しているそうですが、正直こんなマイナー企画を私以外に支援する人がいるとも思えないので、とりあえず支援。このタイミングで支援したらラッキーの単独1位も可能性が出てきそうではありますが、まぁ別に誰が1位になっても大して驚かないんですけどね・・・。ですが、誰でもトップになりえる可能性を秘めているからこそ、サブキャラの世界は魅力的なのです!

 そういえば、ここでラッキーの名を呼んでいたのはクラウスなんでしょうけど、この時点でのクラウスは40代なんですよねぇ。で、そのクラウスはナギよりマリアさんとの付き合いの方が長くて、この時点でのマリアさんはミコノス島らしき場所にいて、でもナギはラッキーの存在を知っていて・・・と。ラッキーがその後もしばらくは元気に生活していたのがよく分かりますが、さて今現在はどうしているのやら。

 ・・・ああ、三千院SPアニマル部隊の副隊長でしょうね、きっと。年齢的にも貫禄がありそうですし。もちろん、前にどこかの記事でも言いましたが、隊長はケレ・ナグーレちゃんですよ?まぁ、ラッキーが生きていた場合、瀬川家から見た三千院家の印象が色々とアレな感じにもなりそうで、それはそれは見てみたいわけですが。



 ・・・本編無視してサブキャラの話になってきましたが、まぁ些細な問題です・・・が、今は一旦打ち止めにし、先に進むとしましょうかねぇ・・・。



 とりあえず、謎の女の子を助ける事に成功したハヤテ。なんだかんだで、お礼のキスをしてもらうわけですが・・・ああ、本当に解禁されたんですねぇ・・・怖いですよね、ホント。まぁ、これはあくまでロイヤルガーデン編で解禁されただけで、ハヤテのごとく!そのものへの影響はまだ当分先になりそうですが。・・・助けてもらったお礼のキスですか・・・虎鉄とはどうなんでしょうかねぇ・・・?

 それにしても、この流れを見るに、虎鉄は双子の妹を守れなかったという事になるんでしょうかね?だから強くなろうと決心したとか、過ちを繰り返さないために。ハヤテがナギと別れるのを恐れる、ナギがハヤテと喧嘩別れするのを恐れる、そんな過去の過ちを繰り返さないために生きようとしている事と同じように・・・たぶん。



 その後、ハヤテは家に戻るも、「親たち」はいなかったようで、「ひどい親だと思う」という結論に達しています。「親たち」の中に兄も含まれている可能性はありますが、兄はひどいわけではないようで、何となく一安心。
 
 そしていざロイヤルガーデンへ!・・・って、どうやって戻ったんですか?アーたんが戻り方を教えていたと考えるのが自然でしょうけど、それをあえて読者に示していないのには理由がありそう・・・というのは深読みのしすぎ?


 
 ロイヤルガーデンに戻ったところ、お怒りモードのアーたん。当然のように、鏡でハヤテの事を監視していたわけです。・・・ただ、これにより、ハヤテが今現在どのような状況に置かれているのか、ある程度アーたん側としても把握できたんじゃないでしょうかね?というか、今現在アーたんがロイヤルガーデン内でご存命なら、今もハヤテの周囲を見ていたりもするんでしょうか?

 その後、女の子と付き合うための教育を受けたとかそんな話がありましたが、かの「甲斐性」に絡んだ話も1コマで流されましたね・・・大して重要でないエピソード・・・とも考えにくいですし、これはこれで別の機会に持ち越しってことですかね?ある意味、これがラブコメ方面の進展を握る鍵にもなりえそうなので、出し惜しみなのかもと思っておきます。

 最後、僕と一緒に暮らなさいか的なプロポーズじみた発言をするハヤテなわけですが、ここでちゃっかり「お城の外で」と言っているのが何といいましょうか・・・。城の外に出れないアーたんにそれを言うとは・・・ポジショニングもアレですし、ハヤテも幾分か成長したようで。まぁ、お城の外を提案した理由が、「アーたんが今の居場所を嫌っているから」なのか、「ハヤテが元いた世界に未練があるから」なのかによっても、何か色々と変わってきそうでもあるわけですが・・・。


 結局、ここでいいんちょ(この時点ではいいんちょではありませんが)が出た理由としては、やっぱり4月3日の部での咲夜と似たようなものなのかもなぁと思ったり。アーたんやらハヤテの過去やらの話に触れるのは、物語の制約を受けないキャラを介して読者に示すのがベターでしょうし、まぁモブだからこそ務まる仕事だったのかもしれませんし。一方でラッキーも成り行き上だとは思いますけどね。


 あと少しで終わりそうな気がしないでもないですが、どうなることやら・・・。



トラックバック送信先(諸事情により、今回は感想の感想は無し・・・たぶん)
タカヒナの乱雑日記
残滓の詰め合わせ。
サクラ咲く夜に
ヒナギク様をみてるっ!?
今の気分±0
夢の残滓
漫画とハヤテとアニメと私。
360度の方針転換
Hail to Mr. INTERVAL!!
蒼のごとく!
気ままな道の先
tanabeebanatの日記
太陽6000度で焼いた餅
さくら日記
ここのみ
いすみて
眞華の感想日記
この世のすべてをナギ倒せ
miraの不定期日記
しっぽきり
~器用貧乏人宝~
精霊王様の城
星の海へ行こう!
▽架空の杜△
そして僕たちは西へ向かった
はやく目を覚ませ
暇ワリの咲く頃に~西沢さんと共に~
ネスの日記
わたら瀬川の泉 ~だいまどーしいいんちょさん~
清く流るる泉の如く
奇跡の鳥ムトウス
くるくるばたばた
旅人達の集い。
[ 2008/07/09 10:41 ] ハヤテのごとく! | TB(32) | CM(7)
甲斐性の話は1回やってますから、あれで終わりなんじゃないでしょうか
[ 2008/07/09 11:45 ] [ 編集 ]
ラッキーの凶暴化は幼き伊澄が魔力の使い方を失敗して、
ああなったのではないかと私は推察しました。
もしくはマリ…いや、ここではやっぱり止めておきます。
[ 2008/07/09 12:29 ] [ 編集 ]
>名無しさん

まぁ、やってるといえばやってますしねぇ。
今さら言及するほどのものでもないのかもしれませんね。

> take23さん

なるほど、伊澄さんが絡んでいるという考え方ですか。
そうなってくると、伊澄さんと動物とのご縁の多さが気になってもきますね。
タマ、高尾山編の熊、ラッキー・・・とか。
後者はまぁ・・・どこぞの感想で調教の話もありましたしね・・・。

コメントありがとうございました。
[ 2008/07/09 21:38 ] [ 編集 ]
>正直こんなマイナー企画を私以外に支援する人がいるとも思えないので、とりあえず支援。
支援どうもです!ほとんど票が集まってないので、凄くありがたいです!
[ 2008/07/09 22:26 ] [ 編集 ]
>ハマーAさん

ええ、票が集まっていないのは目に見えていました。
ブログを始めたばかりで、選択肢が多くて、おまけにサブキャラですからね・・・。
まぁ、1票でもあれば投票には価値があるということで。

コメントありがとうございました。
[ 2008/07/10 15:56 ] [ 編集 ]
>「力への意志」

ニーチェ好きホイホイですね、わかります。

Der Wille zur Macht・・・The Will to Power
これを「力への意志」と訳すか「権力への意志」と訳すかで
だいぶ違いますからね。
ナチス的解釈では後者。

すべての価値の価値転換!すべての価値の価値転換!

・・ともあれ。
ここでは・・・ただ、女の子を守るため、
逃げずに力を発揮すること、
そういう風な、一般的な意味みたいですけどね。

神は死んだ!
我々は、その神の偶像の投げかける影からも自由にならなければいけない!
神を気取るその幼女からも、ハヤテよ、汝は離れなければいけないのだ!
ましてやベッドでごそごそ夜這いなどもってのほか!

汝、不幸を売りにするものよ。同情を拒むものよ。
ならば自ら苦難に直面し、その中で滅びよ!歓喜のうちに!
悲劇への意志。そう、それは悲劇への意志だ。
力への意志によって導かれる悲劇への意志だ。
強さのペシミズムだ。
汝の道の先にあるものは、悲劇への序章だ。
さあ、「没落せよ」。それは気高き者の権利だ。

挫折を知り、少年は青年となる。
だが、過去を引きずることなかれ。
心の傷の追憶は自己憐憫にすぎぬ。

目の前を見ることに立ち返れ。

「この人を見よ」

清らかな笑顔のあの方を見よ。
メイド服のあの方を見よ。
[ 2008/07/16 00:49 ] [ 編集 ]
>ニコさん

二ーチェは名前くらいしか知らないので、ホイホイされません。
しかし・・・そう深く感じるものなんですねぇ・・・。
確か、▽架空の杜△様でもニーチェには言及されてはいましたが・・・。

ニーチェ的な思想体系がどれくらい取り込まれているかは分かりませんが、
そういうものが何かしら影響しているというのはあるんでしょうね。
力であれ権力であれ、そういうものへの意志は、鋭さが違うでしょうし。

しかしまぁ、詩人ですねぇ・・・。
流石は哲学する柔術家、その言葉の深さには頭が上がりません。

大いなる意志は、時として驚異的な力を発揮する。
もっとも、それら意志が、すべて良い結果を導いてくれるわけでもなく。
それでも、前を向き、ひたすら突き進むほかないと。

・・・とりあえず、哲学でも勉強してきます・・・。

コメントありがとうございました。
[ 2008/07/16 14:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/861-28e06bbd

第183話 THE END OF THE WORLD? あー早くアーたん編終わらねえかなー 何かもうこのごろはハヤテのごとく!ではない 別の作品を見ているような気...
[2008/07/09 12:33] サクラ咲く夜に
単行本・・・また1日遅れで購入だろうなぁ _____________________________________________...
[2008/07/09 18:08] 今の気分±0
泉の人形をいかにも凶暴そうな犬が襲っていた 犬の名前はラッキーという ・・・三千院家のバカ犬じゃねぇかw ほら普通の話のときにクラウ...
[2008/07/09 18:53] 夢の残滓
というわけで今週のハヤテのごとく!の感想です~。 あー、アーたん編はいつまで続くんでしょうねぇ・・・長いなぁ・・・。 あと2~3週くら...
一緒に仕事かぁ・・・それは難しいかなぁ 一緒にバスケしてみたい人はそりゃ多数ですよ
[2008/07/09 20:17] 蒼のごとく!
 綾崎負債夫妻の禍に最初のご主人さまを巻き込もうとは、ハヤテの決意は罪づくりすぎる。ちょっと無力だった自分から変化したからといって、万能の力をえたと勘違いするのはあまりにも幼稚な判断だ――三流悪役が陥りがちな心理展開。まぁ、幼稚園児が幼稚な判断をするの...
[2008/07/09 21:19] 360度の方針転換
第183話「THE END OF WORLD? 力への意思」 の感想 いいかげん、アーたん編終わらせるべき。 別に、一気に片付けていかなくてもいいと思うんだ...
[2008/07/09 21:31] 太陽6000度で焼いた餅
みんな、左の珍獣ランキングに参加してくれぃ! では、今週のハヤテ感想を。
[2008/07/09 22:22] 精霊王様の城
なぜ人は力を持つと変わってしまうんでしょうか?ほぼ悪いほうに・・・。183話の感想です。
[2008/07/09 22:23] 気ままな道の先
さて、本題に入る前に。 表紙に「高橋留美子展」の宣伝が出ているのですが、行こうかどうか迷っています。どうせ行くならオフ会兼ねてとかいうのが頭をよぎったりもした。普段の飲み仲間と行くってのもありなんだけれど…。 入場料割引使っても900円。決して安くはない。ど
[2008/07/09 22:35] tanabeebanatの日記
  キ~ミは誰とキスをする~~♪ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ヤック・デカルチャーーーーーーーー!!!!
[2008/07/09 22:37] 星の海へ行こう!
ねぎ持ったハヤテくん。 「助けて!!」 悲鳴をあげる泉お嬢さま、何に困っておられてたかって、どこぞのバカ犬によって とっても気に...
[2008/07/09 22:48] Hail to Mr. INTERVAL!!
ハヤテのごとく! 第183話「THE END OF THE WORLD 6 力への意思」の感想。
[2008/07/09 22:54] ここのみ
ハヤテのごとく! 第183話「THE END OF THE WORLD 6 力への意思」の伊澄さま。 (もし、伊澄さまが犬に襲われていたら……)
[2008/07/09 22:55] いすみて
第180話感想 - ▽架空の杜△ なんかニーチェを思い出すなぁと書いたのですが、今回のタイトルは「力への意志」とストレートにニーチェでした。世界観のバックボーンにニーチェを持ってきたとすれば驚きです。この作品と哲学の接点は何巻かの扉で幼きマリアを帝が哲学書で埋
[2008/07/09 23:06] ▽架空の杜△
今週の食べてみた遅れてすいません 学校の課題が多くてネタに走っている時間がなかなかとれなくて( なんとか今週中にはあげたいと思います ...
ハヤテのごとく!~第183話~「THE END OF THE WORLD 6 力への意思」 バトンあざます でも今は余裕がないので、ちょっと見送ってる次第です。 た...
[2008/07/09 23:29] はやく目を覚ませ
やっぱ幼女って良いですね!
[2008/07/09 23:30] miraの不定期日記
いや、マジでSDカードはどこに行ったんだ…。 携帯で写真が撮れないじゃあないか…orz さて、ハヤテの感想を…。 というわけで、今週は写真無し。あと体力的にも精神的にも結構ヤバいの状態なので、多分短く淡泊になると思う。 今週のサブタイは、「THE END OF THE WORLD6
[2008/07/09 23:35] 眞華の感想日記
「力への意思」 どうも。いつの間にやらWHFに行く事が決定しているおきな!です。 今から非常に楽しみです。 特にナギたんのカードが楽しみ...
 ちょ、まさかのクラウス登場!!(笑) 登場といっても声だけですが、それに気づいた時のおもしろさは最高です。 そうかラッキー、お前だったのか。まさかお前とは思わなかったよ。今回の話のハイライトはこのラッキーとクラウス(声)なんじゃないですかね!! (普通の話を...
前回、「THE END OF THE WORLD」のカウント間違えた?ということでサンデーの表記に合わせた。 こんかいの泉のぬいぐるみとラッキーのこと。うーん、泉である必要性が感じられなかった。そして、ラッキーである必要も。今までの話の流れからするとラッキーと、ボロボロのぬ
[2008/07/10 06:14] 残滓の詰め合わせ。
ハヤテのごとく! 第183話「THE END OF THE WORLD 6 力への意志」のヒナギク様 アーたんに女の子と付き合う甲斐性をあれこれ叩き込まれたはずなの...
ハヤテのごとく! 第183話「THE END OF THE WORLD 6 力への意志」 ラッキーお前w やっぱり、泉がいたのは白皇の敷地かな? ここでハヤテが泉を助...
[2008/07/10 06:21] タカヒナの乱雑日記
アーたんの城の外に出たハヤテが見たのは助けを呼ぶ一人の少女の姿。 幼い頃の泉は両の目に涙を貯めて何やらすごく困っている様子ですが… ハヤテとの瀬川泉の初めての出会いが今明かされる第183話の感想です。
[2008/07/10 07:15] さくら日記
____まさかあんなことになると、一体誰が予想できただろうか。 今週のハヤテはとても衝撃的でした。 さて、気持ちを落ちつかせて感想を・・・。 やはりぬいぐるみ。 今回、泉ちゃんがピンチだったのは、瀬川家編でちょっぴり現れた、あのぬいぐるみ絡みでした。 父親か
待ちに待った泉たん(ロリ泉ちゃんの呼称)登場回、サンデーを取る手(もちろん下半s(ryも)に緊張が走りました。 おそらく、サンデー...
[2008/07/10 18:11] 清く流るる泉の如く
今週の感想をします。 最近、この「感想」というもの自体に疑念を抱くことも多く、それならば、自分なりの方法を見い出したらどうか?と。 ...
[2008/07/10 19:40] 奇跡の鳥ムトウス
今日はアパートに母が凸してきたので、 短めの感想です。 以下本編感想↓
[2008/07/10 20:50] ~器用貧乏人宝~
・誰かを守れる強さを 助けを呼ぶ声に引かれたハヤテが目にしたのは、 幼い泉と、彼女のぬいぐるみを傷つける凶暴そうな犬。 あー、やっぱりぬいぐるみでしたか、ってのは置いといて、 そんな光景を目の当たりにしたハヤテは、その場から逃げ出そうとしますが、 頭の中にア
[2008/07/11 02:40] ネスの日記
トラバ ゲームの戯言+α <泉について> 泣いていた理由は、なんか、凶暴な犬に人形をボロボロにされそうだったから。 ハヤテは、アー...
[2008/07/11 20:05] 旅人達の集い。
僕が変に喜んだり期待したりしたから… この屋敷に来る前、あれほど未来に期待しなければ… つらい思いはしないって学んだのに…  にゅに...
[2008/07/15 00:31] くるくるばたばた
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター