ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく! 第178話感想 

 さてさて、アーたんが出ました。ちなみに、本名らしきものが出たような気がしなくもないですが、面倒なので「アーたん」で通します。いやだって・・・ねぇ?とりあえず、今回はグダグダと書いたのでムダに文章が長いかもです。



 冒頭、いきなり「夢」から始まります。59話(忌まわしきお話)や108話(コナン話)や91話(ヒナ悶々)や12巻4コマ(ドーナツ軍曹)や161話(グロスホッパー)などと違い、ずいぶんと重みのある夢です。いやまぁ、今挙げた中でも、重みがあると言えばあるのかもですが。まぁ、夢というテーマでいえば、15話での夢らしい夢を持たないマリアさんが1番印象的だったりもしますが。・・・あれ、本編と全然関係ない話になってますね、これ。

 ああでもその前に「罪」に関するお話がありましたっけ。これについては・・・どうなんでしょうね?罪は償ってしかるべきだとは思いますが、これまでの歩みを考えるに、それをハヤテが1人で背負う必要もないわけで。そもそも、それを1人でやろうとしてしまうのは、昔と比べて何の進歩もないですし。ハヤテの罪を正当化するわけではないですが、それでも・・・ね。


 そんなわけで、ハヤテの過去話。三千院帝っぽいサンタさんが「働け!」みたいな凄いアドバイスをしています。「最後に笑うのはひたむきでマジメな奴」とはサンタさんの談ですが、さてどうなることやら。半分を疑う心は親に(ムダに)鍛え抜かれたせい、もう半分の信じる心は子供としての純粋無垢な気持ちから、なのかな?

 
 ・・・で、幼稚園では、給食費がなくなってハヤテが真っ先に疑われているようです。1人だけのけ者にされた過去がたぶんにあるからこそ、148話での東宮君との会話も活きてくるわけですね、たぶん。子供というものは純粋な上にまだまだ自身の見渡せる世界も狭いので、親を何よりも信じるのは必然。そして、こっぴどく中傷されようとも自身の親を信じ続けていたハヤテもまた例外ではないわけで。それでも、心が折れかけていて、一瞬親の言葉で立ち直りかけた瞬間での、父親からの「自分が盗った」発言がカウンターでハヤテの脳天を直撃したわけですからさぁ大変!父親のムダに高いスペック(主に悪行方面)を考えれば、これも実は汚れた教育の一環だったりして。どちらにせよ、ここまでハヤテの両親を極悪非道なキャラに仕立て上げているせいで、逆にハヤテに対して感情移入がしづらいのは気のせいでしょうか?



 そんなこんなで、世の中の「ヒドい事」を目の当たりにしたハヤテ。・・・無我夢中で走り続けたハヤテ。それでも普通に生き残れているあたり、実はその瞬間に限って幸運の女神につかれていたっぽいです。・・・死にたい状況で死ねなかったのを純粋に幸運と言えるかどうかは微妙ですが。まぁ、幸運の女神に溺愛されているキャラといえば、伊澄さんが第一人者なんですけどね。


 そうこうするうちに、どこかの花園に倒れこんだハヤテ。「死にたい」と思った矢先に「ダメよ。そんな悲しい事をいっては」みたいな台詞と共に、謎の女の子が登場。・・・いやいや、貫禄ありすぎですって・・・とかそんな話をしていてもキリがないので、それは置いときます。それにしてもこのシチュエーション、1~2話にかけて、ハヤテがマリアさんに救われたシーンを思い出しますね。まぁ、同じ女神でも、かなり意味合いが違ってきそうではありますが。
 というかそれ以前に、ハヤテ宅と謎の少女の居場所って、割と近いんですかね?1話の時も今回も、自宅付近からある程度走り、そこで死にそうになりつつも運命の出会いを果たしていたわけで。さらにいえば、この時点でいわゆる「三千院家のお屋敷」はなかったはず(仮にあったとしても少なくともナギはいないはず)。ナギが練馬区にやってきたのと、この少女がその付近を離れたのと、どっちが先なのやら。まぁこのあたりの議論は、現在作中で登場している人物の中で「当時のアーたんを知っている人」がハヤテ以外にどれだけいるかどうか、という話にも繋がってくるんでしょうけども。別の点で言えば、「ハヤテとアーたんが(何らかの形で)別れた『後のアーたん』を知っている人がいるのかどうか」という話にも及んできそうな、そうでもないような・・・?



 心が「助けて」と叫んでる、というのは、まさしくハヤテが、心のどこかで「ヒーロー」の登場を願った瞬間なのでしょう。ハヤテにとってのヒーローがアーたんとなった決定的瞬間、なのかな?・・・ええ、正直よくわかりません。そもそも、この辺りの少女のくだりが、偶然出会った男の子に問いかけているとか、そういう淡白な次元の話ではない気もしますし。うん、きっと帝が持っていた魔石とかの影響で、物凄い力を少女が身につけちゃったりしているんでしょう。・・・君が望んだ三千世界とか、黄色い髪の毛とか、色々な意味で怪しい・・・ようで、それもミスリードのようで、そこにあえて乗っかると言うのも面白いわけです。要するに、答えがあっていようがいなかろうが、自分の意見を好き放題書くのは大変面白くてたまらないのです。特に、勉強疲れで色々たまっていることが多い水曜日は。



 そんなやり取りをしつつ、謎の女の子がハヤテに手を差し伸べます・・・ってこれ、何故かアニメを思い出し・・・たのは、私だけかも。
 
 さて、いきなりアニメの話になります(見てない人には申し訳ありません)。アニメとまんがをごっちゃにするな、という意見はとりあえず置いといて。アニメには2つのOPがありました。で、前半の締めが「ハヤテがナギに手を差し伸べるシーン」であり、後半の締めが「ナギがハヤテに手を差し伸べるシーン」だったわけです。・・・いや、本当に何となくと言うかこじつけに過ぎないんですが、アーたんとのリンクを考えたりもしちゃったんだから仕方がありません。実際、当時のアニメ感想でも、この1シーンが結構気になってましたし。



 結局、死を決意しつつも、少女の左手を借りて起き上がったハヤテ。その少女の名は「天王洲アテネ」って・・・天王洲アイルの知り合いですか?そもそも、自分がいかにも「偉いんですよ」的な発言が、とても少女とは思えません。まぁ、この作品、ダメ大人と超人高校生が入り乱れてますし、それほど驚くべき事態ではないのかもしれませんが。


 それにしても、1番気になるのは最後の柱に書かれた文章。アーたんは1人目の「運命の人」であり、同時に1人目の「女神」でもあるとのこと。・・・で、じゃあ2人目は、と考えると、前者が「ナギ」、後者が「マリアさん」と私なら考えるわけです。それを言い換えれば、「ナギとマリアさんが2人がかりになって、初めてアーたんに匹敵しうる状態」なわけですよ。つまり、単独ではアーたんに(現状は)勝ち目がない・・・という風に読めるんですよねぇ。で、そこから考えるに、ナギかマリアさんの一方だけでアーたんを超えうる存在になる、もしくはアーたんによる呪縛自体が何らかの形で解かれる、というのが最終的にハヤテが「誰か1人を選ぶ」上で重要になってくるのかもな~・・・みたいな。いや、ホント何となく考えだけです。


 あと、今回の話を見て思ったのは、アーたんはナギよりも個人的にはマリアさんとの方が対比させやすい、ということ。かつてまんが家BACKSTAGEで書かれていた「悪の女王」というのはアーたんっぽい感じではあるんですが、それとの対比がヒナギクと言うのも少々違和感がありまして。だって、畑先生が「ナギよりも設定とかが早く決まっていた」みたいな話をかつてしていた記憶がありまして、そこから「ヒナギクとアーたん」が対比関係として予め考えられていたと言うのも少々不自然ですし。・・・まぁ、後からどうとでも考えられることではありますが。



 そんなわけで、帰宅直後から、あえて一気に殴り書きしてみました。推敲などもせずにさっさとアップしてしまいます・・・ので、いつも以上に読みづらい事、ご了承くださいませ。う~ん、後先考えず書くだけなら、実に感想、もとい妄想が書きやすいお話でした。1話のシーンがフラッシュバックする事が多い話だったんですが、やっぱり当時とは印象が違う場所も多かったかも。同じような描写にしても「ハヤテ6歳」と「ハヤテ16歳」の差はやはり大きいのかもです。


 とりあえず最後に一言。・・・アーたんの顔が、若干雪路風でした。


トラックバック送信先
360度の方針転換
くるくるばたばた
tanabeebanatの日記
蒼のごとく!
清く流るる泉の如く
Hail to Mr. INTERVAL!!
太陽6000度で焼いた餅
そして僕たちは西へ向かった
今の気分±0
しっぽきり様 空白に重みが感じられます
明日はきっと。
星の海へ行こう!
~器用貧乏人宝~
タカヒナの乱雑日記
ヒナギク様をみてるっ!?
サクラ咲く夜に
眞華の感想日記
暇ワリの咲く頃に~西沢さんと共に~
はやく目を覚ませ
いすみて
MOON CHRONICLE
気ままな道の先
miraの不定期日記
colorless無色の日記
奇跡の鳥ムトウス
ネスの日記
HANG-UP Station
さくら日記
漫画とハヤテとアニメと私。
旅人達の集い。
[ 2008/06/04 21:10 ] ハヤテのごとく! | TB(26) | CM(2)
>ずいぶんと重みのある夢です。
夢を夢として見られるナギやヒナギクと違い、ハヤテは夢ですら現実の一部分としてしか見れてないですからね。
空想上の人物であるサンタクロースが働けと現実的なことを言うくらい、ハヤテは夢と現実の区別が分からなくなってますし、それはハヤテが物凄く現実的な厳しい環境で過ごしてきたからでしょうね。
ちなみに自分は、夢を夢として見る人間です(笑)

個人的にはこのシリーズ、いいスタートを切りました!
[ 2008/06/05 00:26 ] [ 編集 ]
>ハマーAさん

ハヤテにとっての「夢」って、妙にリアルさが伴ってますからね。
むしろ、夢の方が現実よりも、より心の奥底に入り込んでいる気さえしますし。
胸に抱き続ける夢が、永遠に彼を縛っているというか、なんというか。

まぁ、かくいう私も、夢を夢として見る人間なんですが・・・。
時々、妙に生々しい夢を見る事もあったりするんですけどね。

今回のシリーズ、私としても今後の展開が楽しみですね。
少しばかり、怖さみたいなものも感じなくはないですが。

コメントありがとうございました。
[ 2008/06/07 00:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/835-0b647619

先生・・・ビッグイヤーが欲しいです・・・ そして椎名先生、正直です・・・
[2008/06/04 22:06] 蒼のごとく!
~THE END OF THE WORLD1 君が望んだ三千世界~ 今週は表紙&巻頭カラーだったハヤテのごとく! 頃ももう初夏ですね。学校では衣替えも始まりま...
[2008/06/04 22:26] 清く流るる泉の如く
  「君、そんなところでしゃがんでいると危ないわよ?」  もしくは、   「そんな所に居ると蹴り飛ばすわよ?」  のセリフがとっ...
[2008/06/04 22:34] 星の海へ行こう!
第178話「THE END OF THE WORLD?」 の感想 今回の話はギャグできねぇ・・・。 超が付くほど書きづらいです。 寝てから書こうと思ったら存外爆睡\(...
[2008/06/04 22:44] 太陽6000度で焼いた餅
重い…。 Vistaの重さは異常…。 半角英数から全角かなに入力タイプを変更しただけで途端に動きが止まるなんてどう考えても異常…。 家のデスクトップ(XP)はそんなこと全くならないのに…。 さて、ハヤテの感想。 今週から新シリーズ突入。その名も「借金執事のできるまで
[2008/06/04 22:51] 眞華の感想日記
今週のハヤテは表紙&巻頭カラー! 相変わらず購入しにくさ満天な表紙です! あと、晴れ晴れ?何を今更!2年程ネタが古いぞ!(ぉ 続くカ...
[2008/06/04 23:12] ~器用貧乏人宝~
 やべーです。いきなり重いじゃないですか!! こんな展開の話をこのブログでまとも取り上げたら大変な事になるに決まっています!! なんせいつも西沢さんを挙げてワーキャー言ってるだけのブログですよ!? 真面目な感想を書いたらTPOをわきまえない発言だと非難されるに...
第178把 THE END OF THE WORLD 今週はキャラ萌え要素一切無しの展開で、 久しぶりにストーリーが進んだなー という実感の持てる回でした。 そん...
[2008/06/04 23:20] サクラ咲く夜に
 梅雨のどんよりとした曇り空の下、雨上がりでトロピカルな配色の表紙がTPOをまきまえていないほど刺激的にみえてしまった……読者の気持ちの中だけでも晴れ上がってね!という配慮か。でも自らそれを台無しにするTPOをわきまえない暗澹とした「借金執事のできるま...
[2008/06/04 23:25] 360度の方針転換
どうも、複製原画が当たるセブンイレブンのキャンペーンで応募券ではなく当たりばかり出ていつの間にか締め切りすぎていた公☆です 当たりが...
ハヤテのごとく!~第178話~「THE END OF THE WORLD 1」 今回から新シリーズ 久しぶりの表紙&巻頭カラーになるのかな こころなしか、みなさん感...
[2008/06/04 23:40] はやく目を覚ませ
ハヤテのごとく! 第178話「THE END OF THE WORLD 1 君が望んだ三千世界」の伊澄さま。 出会い……か…… どうかしたんですか? ここのさま? あ...
[2008/06/04 23:47] いすみて
第178話 THE END OF THE WORLD? ~君が望んだ三千世界~...
[2008/06/05 00:02] MOON CHRONICLE
途中までは良かったんですが・・・。178話の感想です。
[2008/06/05 00:26] 気ままな道の先
アーたんが予想以上に可愛いです
[2008/06/05 01:08] miraの不定期日記
とりあえず、やっと出てきたアーたん。 まあ、今回は出会いだけ、ですが。 ・「君が望んだ三千世界」 サブタイトルより。BSによると今回からのシリーズはサブタイトルも大きな意味をもつらしいので。 個人的な予想としては「君=アーたん」でしょうね。 三千世界、の意味
[2008/06/05 01:27] colorless無色の日記
今回は、ハヤテも新シリーズに突入!! 元気に行こー、的なノリでスタートです。
[2008/06/05 01:47] 奇跡の鳥ムトウス
ちょっと今週はサンデー買わずにはいられなかった。 表紙&巻頭カラーだからってのもあるんですが・・・。 ・表紙&巻頭カラー 何故か分からないが、これだけで心にグッとくるものがあった。 先週の終わりもそうだが、今週は頭から雰囲気が違うと感じた。 ・ハヤテの人格形
[2008/06/05 03:05] ネスの日記
いよいよ突入しました、「ハヤテのごとく!」新シリーズ「地獄編」じゃなくて「借金執事のできるまで」編?(だって表紙にそう書いてある) それはそれとして、何と美しいカラー見開き!まるで全ての幸福と希望がそこに存在するかのような、そんなシーン。でもこれは、悲し
[2008/06/05 04:17] HANG-UP Station
給食費が、盗まれた。 同年代の園児たちには自分がやったと疑われ、 本来まもってくれるはずの先生にさえ信じてもらえず・・・。 そし...
[2008/06/05 10:40] Hail to Mr. INTERVAL!!
今回は表紙&巻頭カラー 遂に今まで謎に包まれていたアーたんが登場 新シリーズ「借金執事ができるまで」編 シリーズタイトルはアレだけど...
[2008/06/05 12:42] 今の気分±0
というわけで今週のハヤテのごとく!の感想です~。 畑先生も「過去最大級に重い話になります。」と言っている過去編突入だ!! 受け止める覚...
トラバ ゲームの戯言+α 明日はきっと。 <もう一回言ってみよう> れろさん、マリアさんFCの会長襲名(?)おめでとうございます!...
[2008/06/05 20:33] 旅人達の集い。
ここに感想を書き始めて以来、おそらく一番感想が書きづらい話ですね。そしてそれは来週以降も続くと思います。 いつものスタイルは難しいので、だらだらとテキストを書き連ねてみます。 と思ったけれどこれは個別に… 表紙 夏服のナギ。原作本編でこの姿を見るのは早くても
[2008/06/05 20:55] tanabeebanatの日記
 過去編ってのは往々にして強力な武器になるものですが、現在との整合性をとらなきゃいけないっていう枷もあったりして、迂闊に使うとなん...
[2008/06/05 23:08] くるくるばたばた
幼稚園児があそこまで難しい事を考えたり話したりするかなあ。 あまりにも大人びているハヤテ達の言動に違和感を感じました。 小学校高学年や中学生時代の話でもいいような気がしましたが。 今回はかなり重い長編になりそうですが、読み応えは十二分にあります。 高...
[2008/06/06 00:19] さくら日記
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター