ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年サンデーの感想もどき 




金剛番長
 決戦前の小休止で、番長×4が金剛番長通う雷鳴高校に転校してきてしまいました。「雷鳴」という単語からは「雷鳴頑駄無」と「雷鳴の剣」くらいしか思い出せなかったりもしますが、それはまた別のお話。

 しかしまぁ、ちゃんと各番長の個性をしっかりと活かした学園ライフが展開されていて、実にほのぼのとした気分になれます。念仏番長の鮮やかなセールス、その御言葉にいいように反応してしまっている悪矢七君、それに突っ込む金剛番長も、最後は全員にツッコミを受ける・・・という、素晴らしき連続コンボ。この流れで、次は学園番長とかそんな人の出番があったりなかったりしないのかな?

 それはそれとして、往田さん(ボクサー)の出番はまだでしょうか?入院以来、彼の鮮やかな復活劇を期待しているわけですが・・・残念ながら、名サブキャラのポジションは悪矢七君に持っていかれてしまったようで。
 サブキャラは出番が限られているため、常に群雄割拠の時代。そんな熾烈な争いを日々演じているからこそ私はサブキャラに惹かれるのであり、そして中でも往田さんの再登場が待ち遠しい今日この頃。

犬夜叉
 やはりというか当然と言うか、結局は「かごめ本人が何を選ぶのか」という展開になるんですねぇ。この作品、事ある毎に「かごめの選択」が物語の方向性を決めている節があって、今回も彼女次第・・・という感じ。それもまた、かごめが四魂の玉と強い繋がりがあるからなのかも。

 それにしても、北条君って実に報われない恋に生きてますなぁ。もし、かごめが普通に現代人としてのみ生活していたら・・・いや、あんまり変わらなかったかも。でも、ある種のIFストーリーとしては成立しそうです。

お坊サンバ!!
 「戦いとは駆け引きなのだよ!」というマ・クベ大佐の言葉が聞こえてくるようです。

結界師
 極上のお姫様抱っこ。時音がヒロインとして新たな境地を見出す上での大きな分岐点になりかねません。
[ 2008/05/22 21:31 ] アニメ、漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。