ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

誰が、誰を、どう見るか? 

物語の真ん中と、相当離れちゃってる印象 
ハヤテのごとく! 165話  くるくるばたばた様より)

・薫先生から見た雪路
・美希から見たヒナギク
・サキさんから見たワタル

 この辺りも、それなりには近い印象がある気がしますが、
実際にはそんな一筋縄でいかないのかもしれませんねぇ・・・。



 最初、適当に3項目ほど挙げてみました。
それ以外にも色々ありそうですが、手短に文章を書きたいので今回は割愛。

 サブキャラとメインキャラの線引きは難しそうですが、おそらくヒナギクもサブ。
実質的には、主要3キャラのみがメインと言えるレベルに到達しているんでしょう。
だとすれば、これらも全て、パレットさんの言葉を借りれば

 「サブキャラに対するサブキャラ」でしかないんですよね。

 サブキャラの生い立ちを語るためのサブキャラがいる物語。
情報量が多すぎて、自然と説明的な話が増えるハヤテのごとく!という作品。
「物語の本筋に影響を与えていない」点では浮いた話なんでしょうけど、
「サブキャラが問題なくメインをはれる」という点では、らしい話なのかも。

 サブを侮ってはいけません。ルイージを脇役扱いするのと同じように。

 つまり、重要かどうかは二の次で、サブが活きてこそ面白いお話になる、
と私は考えています。視点に多様性が生まれることで、イメージも変わってきますし。
そういう意味で、見る側と見られる側の変遷とか、中々に面白いんじゃないかと。
たとえば、ヒナギク&西沢さん、ワタル&サキさんは、それが両立できてますし。
ヒナギク様をみてるっ!?いすみてのように、ハヤテ界隈でも
「みる」に重視が置かれて・・・って、それはこじ付けですけどね。

 同時間軸でも、視点が切り替わるだけで全く別の物語を見ることができる。
当たり前ではあるんですが、やっぱりそれを楽しめるっていいなぁ・・・と思うのです。

 個人的には、ここ最近の
・日比野文さんから見たハヤテのごとく!

 そして、物語の根幹を成していると勝手に考えている
・ハヤテのごとく!から見たナギ

という点にも注目していたり、そうでもなかったり・・・。

 
 視点の違いが、物語の決定的な差!・・・なのかなぁ?
ハヤテ関連ブログだって、多様性があるからこそ、巡回が面白いんですし。
[ 2008/02/28 23:34 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。