ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年サンデー・・・の感想っぽいもの 

 そういえば、ようやくはてなダイアリー市民になれました。
たかが1ヶ月、されど1ヶ月。何だかんだで地味に続いております・・・。
折角初めてのサンデー、もとい雑誌の購入でもあるので、感想を書いてみます。


 順不同、選んだ作品も適当・・・かどうかは謎です。

金剛番長
 ・・・舎弟の情けなさと、金剛番長のカッコ良さの対比がたまりません。
理屈でない何かを感じさせる、番長の水面走りが・・・素敵すぎます。

 それでも、「情にもろい」という冷静は判断をしているあたりは流石です。
小者の考えそうな作戦ではあるのですが、能無しでないのも確か。
もっとも、その程度のキャラが下っ端の時点で、念仏番町の人格は・・・。

 カッコいい見開きページで「ドボーン」となってるこんがら君に万歳三唱。
 入院→フェードアウト気味の住田君には、合唱合唱念仏番長~。

 神か悪魔かと問われると・・・。

お茶にごす。
 神ではないですが、悪魔と問われればサンデー誌上ならまークン。
でも、「まーくん」なら楽天の「まーくん」のイメージの方が上かもしれません。
 とにもかくにも、そんな悪魔まークンでも、合宿の話が切り出せないとか。
イメージの膨らみすぎが上なのか、部長の魅力が上回っての混乱なのか・・・。

 混沌とした中、何故か夏帆チャンの目が獲物を狙っているように見えて・・・恐い。
それは理屈ではありません、そしてそれが彼女の魅力であります、たぶん。

お坊サンバ!!
 レーダー対犬。・・・・・・・・・やっぱりレーダーなのね。
でも、やっぱ犬がいないと締まりません。主にギャグ要員として。

 チワパンチは、作中最強の攻撃ではないかという疑念が、あったりなかったり。

結界師
 ・・・え~っと、そろそろ雪村時子の圧倒的な活躍が見たいです。
あの方がいないと、私の中では盛り上がりに欠けているという不条理。
・・・ああ、烏森ですか?毎回のように大変で、いつもご苦労様です。

 そんな大変なら、やっぱり時子さんの出番が待望されて然るべきだと。

犬夜叉
 やはりというか何というか、殺生丸が現れてくださいました。
やっぱこの人がいないと、「犬夜叉」は話が締まりませんね!
いい感じにかごめが傷ついてますし、ここで何か秘策の1つでも・・・。

 え?他の主要キャラ?だって、幻って以前にも似たような展開ありましたし。
まぁ、どうせならボロボロになって、最後は殺生丸がとどめ・・・というのもね。
犬夜叉パーティーは過去に囚われすぎなので、それを乗り越えないことには
どうにも成長が感じられない・・等と言っている内に、物語が終わりそうな予感。

 「俺達の旅は、まだまだ続くぜ!」なんて終わり方はもう勘弁ですよ?

兄ふんじゃった!
 ・・・あれ、妙に真面目なんでしょうけど?
ギャグで種まきしたのが、一滴の涙で変化が起きる。
ギャグとシリアスのコラボレーションが、見事なクライマックスを演出する・・・?

あいこら
 フェチを脇に追いやると、あっさりシリアス展開に移行できるのが、
この作品の強みでもあり、逆にそれがフェチの重要性を際立たせてみたり。

 結局、1番不幸なのは2人の男に求められている・・・というより踊らされている
桜子さんな気がしてなりません。彼女なりの幸せが見つけられればいいんですが、
何がベストな選択かと考えると、う~ん・・・あえて第3の刺客が登場するとか?

クロスゲーム
 野球漫画でなく、いい青春漫画でもなく・・・幽霊に囚われてしまった漫画?
過去の呪縛でどうしようもできない面々を尻目に、無邪気なお蕎麦屋さんの娘。
この異様な温度差は・・・どうやって収拾をつけるのやら。

 やっぱあれです、若葉が颯爽と生きて帰っていて「若葉が2人!?」という展開!
で、実はお蕎麦屋さんの方が本当の若葉だったとか、そんな流れとかも・・・。

最上の命医
 アシュトン・・・・・・・・・アンカース?

ダレン・シャン
 ダレンの突然の登場に「ビクッ」とするクレスプリーに萌え。


トラックバック送信先
360度の方針転換
素晴らしいフィナーレと言えば、ネコなびを忘れてはいけません。
[ 2007/12/13 22:54 ] アニメ、漫画 | TB(1) | CM(2)
>初めてのサンデー、もとい雑誌の購入

なぬっ!?
まさか、ボンボンを買った経験もないとおっしゃるのですか!?
れろお姉さま!

>金剛番長

この漫画から感想を書くのは、非常にスジの通った姿勢でございますわね。

>ダレン・シャン
>ダレンの突然の登場に「ビクッ」とするクレスプリーに萌え。

クレブスリーもツンデレですよね。
某女装ツンデレ管理人を思いおこさせます。

あと、あの新連載はスルーなんですね。
[ 2007/12/14 18:10 ] [ 編集 ]
>ニコさん

雑誌については、以前どこかのネトラジでその話をして、
ニコさんにツッコミをいただいた記憶がありますね~。
・・・雑誌関係者の皆さん、本当にすみません。
ボンボンは、昔兄が買っていたのを見せてもらっていた事ならあります。

番長は・・・何となく1番手に書くべきだと判断した次第です。
クレちゃんがいつからギャグキャラにランクアップしたのかは
定かではないですが、ああいうのも粋な感じでいいんじゃないかと。
・・・あの方のネタは・・・うん・・・まぁ・・・。

新連載は・・・ではこれから読みます。
どことなく絵がサンデーっぽくないというか、若干拒絶反応が・・・。

コメントありがとうございました。
[ 2007/12/14 20:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/623-b415f7b7

・LOST+BRAIN(ロストブレイン)  DEATH NOTE!  このような作品を三大少年誌の巻頭に立たせて良いものだろうか。編集部はなぜこの新連載を…なんたる異様な酷似。 「物狂いか」  月にかまわず読み始めた私は恐るべき事実に気付いた。  ノートにあらず!  さら...
[2007/12/14 00:19] 360度の方針転換
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。