ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく! 第155話感想  

 155話→15+5=20歳のサキさん。
 155話→515に並び替え→5月15日が誕生日の西沢さん。
 そんな2人に関係する、ワタルと西沢一樹のおまけ付き。

 ・・・あれ?じゃあ、あのおっさん、何者ですか?という感じで始まる
ハヤテのごとく!第155話「サキさんのヤボ用(武将風雲録)」の感想です。


サキさんのヤボ用シリーズって、毎回1人相撲ですね
 ・・・等という、微妙に当たり前のような事に思いを馳せつつ読んでいました。
しかし、冒頭からいきなり愛歌さんを「美人」と評するワタルは・・・ねぇ?
前回がハヤテ→マリアさんへの「キレーな人」発言だったわけですが、
これは意図的にそういう話を連続させているんですかね?

 まぁ、ハヤテにとっては本命でも、ワタルは・・・もしかして乗り換えました?
最近、伊澄さんへの気持ちがどこまで本気なのか疑わしくなってきました。
いや、最初から疑わしかったような気がしなくもないですが・・・。
やっぱりワタルは咲夜とくっつくのが1番かも。ちょっとサキさんは可哀想ですが。

 そんな攻略作戦実施中のワタル対し、サキさんも臨戦態勢。
さり気無く「年上をたぶらかす」と言っている辺り、やはり感づいている?
もっとも、「ワタル→伊澄」に気づいているのかどうかが、かなりあやふやですが。
以前29話(3巻9話)でマリアさんが堂々と「ワタル君の愛の力が…」と
叫んではいましたが、当のサキさんは何となく気付いていなさそうな予感。

 ワタルの女性関係では常に聞き耳を立てている状態でしょうけど、
 肝心な情報だけは欠落している。それがドジッ娘、敢えて言うなら欠落者。
 ワタルにまとわりつく虫にはご執心、でも自分は虫(を殺)された感じ。

 ・・・いや、それ以前にシスターの存在は覚えられているのかな?主に畑先生が。


涙のわけが知りたくて
 ワタルにはもちろん、サキさん本人にも分からないであろう涙のわけ。
いや、2人の関係は延々と続きそうですよ?外部から大きな影響さえなければ。
むしろ、既に夫婦として成立しているような?主に夫婦漫才でしょうけど。

 とにもかくにもワタルは、かの恋愛のプロ・西沢さんに相談されたり。
やっぱり西沢さんは恋に敏感、大体は的を射てます、あくまで大体ですけども。
ハヤテ世界では、「人のために」という考えだと実力以上のものを発揮できる
システムでも構築されているんでしょうか?
雪路、シスター、ヒムロあたりは「金のため」で全力が出せそうですが。

 一方のサキさんは、偶然出会ったのかサキさんをストーカーしていたのかは
知りませんが、何故か柏木刑事に相談。あれ?部下の方は?(名前忘れた)
 悟りきったような話をされてますが、この説法をあの強盗も聞いたのかな?
柏木刑事繋がりで、サキさん×更正した強盗というのも・・・ないですね、はい。
そういえば、柏木刑事の雰囲気が某執事長と似ているような、そうでもないような?
もしかしたら、次回クラウスが登場するときは柏木刑事に捕まっているのかも。

 そんな密会を目撃したワタルは、運命感じつつも認められてなかったり。
似たりよったりですが、大抵はワタルの方が悪い気がしてなりません・・・。

 ・・・あれ?結局あの涙はなんだったんでしょうかねぇ?


一樹です。クラウスよりは忘れられていないかもです。
 今度は西沢さんが誇る普通の弟・一樹がやってきました。
「年下のちっちゃい子」がお好きなようで。・・・実はナギの年齢を知らない?
そういえば、誰もがナギを13歳と分かっているわけですが、
もし一樹がナギを「13歳未満=年下」と思っていたら、それはそれで面白そう。
年下とみなされるのをナギがよしとする筈はないですが、
年齢の割に・・・という偏見がなくなるでしょうし、うん、そういう事にしておきます。

 それにしても、姉弟揃ってVタチバナを訪れているのは、やはり

 西沢さん→男心というかハヤテ心を知るため日夜勉強中
 西沢一樹→ナギの素性を調査し、女心というかナギ心を知るため日夜勉強中

 という事なのかな?恋愛相談に応じつつ、恋愛成就のための努力も怠らない。
 素晴らしき西沢姉弟。でも、その恋が叶うのかと考えると・・・う~ん?

 とりあえず、一樹の提言は「女性には優しく」とのことです。
一樹がそれを実践しているのかと考えると、そもそも実践の場が1回しか・・・。


ワタルとサキさん
 2人でデートを堪能しつつ、その優しさの不自然さにサキさんは相談、西沢さんに。
・・・また「恋」らしいです。まさしく恋に恋している西沢さんらしい回答です。
あまり考えたりせず、思いついた単語を並べているだけなのかもしれませんが。

 「ワタル→サキさん」に葛藤する中、何だかんだでOKっぽいサキさん。
でも、年上キラーのワタルは一筋縄ではいくはずもなく、敢えて突き放します。
魔法の言葉・エーテルちゃぶだい返しでも決めたかのような一撃必殺です。
よってワタルの大勝利。サキさんの説教中に正座するワタルが・・・何故かツボ。

 結局は「今の関係が当分続くんだろうな~」といういつもの流れで締め。
今の関係という事は、このまま本編にあまり絡まないままということですか?
・・・いや、そもそもハヤテのごとく!は、ワタルが主人公のラブコメとしても
成立しているので、それはそれで既に絶対的地位を確立できているのかも。


 それにしても、妙な優越感に浸っている西沢姉弟に、哀愁が漂ってますね。
姉は恋そのものを楽しんでいる気さえしますし、弟は母親の浮気発言(13巻4コマ)
との不思議なシンクロを起こし、・・・心なしか微妙に西沢康広さんが浮いてる?
一家の大黒柱こそ、西沢家が普通であることの証明なのかもと思ってみたり。

 最後、ハヤテがメイドさんに思いをはせているのが
アーたんがメイドさんだったことによるトラウマだったら面白いのにな~」
・・・と考えつつ、今回もマリアさんのお姿が見れて感謝感激です。




トラックバック送信先

Moon of Samurai
なるほど、欲求不満の表れというわけですか。とすれば、最近怪しい発言が
目立っているのも、その欲求不満がたまっての事・・・というわけなんですかね?

360度の方針転換
メイドが怖いのでも、マリアさんが怖いのでもなく、マリアさんというメイドに
心躍らされるハヤテブロガーの熱意が怖いんですよ、きっと。

くるくるばたばた
そういう意味では、ヤボ用としては間違いなく成立しているんでしょうね。
あまりに閉鎖的内容であるのは、なかなか入り込みづらい面もありそうですが・・・。

今の気分±0
そういえば、作中で名前が明かされたのは初めてでしたね。
そして、これを皮切りに柏木という名前の重要性が明かされる展開になったりして。

蒼のごとく!
マリアさんは最強であり、かつ最高の存在でもあるんですよ!
それにしても、今回ほどハヤテの出番が少なかったのはそうはないかも。
どうせなら、そろそろ皆勤賞とオサラバしてもよさそうなんですけどね・・・。

タカヒナの乱雑日記
割と役に立っていると思えなくもないんですけどね。
ただ単純に、あっちの2人がどうやっても進展しない関係にあるだけで・・・。

ヒナギク様をみてるっ!?
一樹の出番の少なさなら、発言以上の事は期待できないので大丈夫そうです。
まぁ、会長ともなれば自身が犯罪者を目指す立場でもある・・・かも?

暇ワリの咲く頃に
あの妙な自信がどこから来ているのかは謎ですが、西沢姉弟共々
楽しんでいるのは確かなので、あれも1つの恋愛感と言えるかもです。

サクラ咲く夜に
ラブコメっぽくはあるんですが、そこは本業優先の締め方になるでしょうしね。
幸か不幸か、結果としてその流れが今のワタルをワタルたらしめているんですが。

しっぽきり
そういえば、あそこに西沢さんだけ残されていたということは・・・つまり・・・。
その別の話だけで1話くらい・・・というかそこはSSにしてみるとか?

tanabeebanatの日記
あ~、やっぱりこのシリーズはある意味違う次元に存在するお話なんですね。
どっちにしても、基本は男1人、美少女たくさんという構図は変わりませんが。

~器用貧乏人宝~
・・・それにしてもあれですね、皆さん同じような締め方をされているので、
そろそろいい加減・・・うん・・・やっぱりあれですね、連帯感強いですね。
仲間ってすばらしいです。物凄く袋たたきにされている感もなくはないですが・・・。

疾風のように輝いて
誤解が誤解を生むのもまたハヤテのごとく!の真骨頂なのかもしれません。
それがギャグらしくあり、時にはシリアス展開にも活きてきますしね。

万事屋あんごるも
既に問答無用でややこしい関係なので、あんまり問題にはならないかも?
元々この漫画の人間関係はややこしすぎですし・・・。

ひなぎくのなく頂に葱
フジテレビでございますか、はたしてどんなレストランなんでしょうねぇ・・・。

ヘイルトゥ一休さんっ!!
物は何事も見方によりけり・・・ということですね。少なくとも、西沢姉弟サイドから
すれば、的確なアドバイスで万事OKですし。どっちにしても普通じゃないですが。

萌えを得たオタのごとく!2
大丈夫大丈夫、マリアさんはナギに限らず全ての人に優しいので!
なので、ワタルには素晴らしく絶妙なアドバイスをされたことでしょう。

White&Pure
可愛さが罪になってしまうのも、マリアさんがマリアさんたる所以なのです。
彼女を罪というのもあれですが、それだけ魅力的なわけでもありますし・・・う~ん。

さくら日記
あてになるかどうかは、むしろ聞いた本人次第なのかもしれません。
結局歯車があっていなかったので、うまく噛み合わなかったんじゃないかと・・・。
いや、あれはあれで相互理解できているのかな?

福音を告げる場所
マリアさんを描ききるには、相当なエネルギーを必要とするんでしょうね。
それだけ彼女に秘められたパワーもまた絶大なんでしょうけど。

ちょっとずれたところ
結局、何だかんだでメイドさんが怖いという共通認識が合ったりもするんですね。
その対象が多様なのも、ハヤテのごとく!らしかなのかもしれませんが・・・。

眞華の感想日記(未熟)
サキさんファンとしては、、やはり今回のお話は破壊力が大きかったのでしょう。
この勢いで、誰か様を真似して「サキさんのまとめ」なんて企画の実行も・・・?

真・踊り子の雑記
「可能性に対する否認」という意味では、心なしかハヤテとマリアさんの関係にも
言える事なのかもしれません。普段意識するそぶりがなくても、何かの拍子で
意識せざるを得ない状況に追い込まれる・・・みたいな。・・・何か違う気もしますが。
[ 2007/12/05 18:56 ] ハヤテのごとく! | TB(25) | CM(4)
>もっとも、「ワタル→伊澄」に気づいているのかどうかが、かなりあやふやですが。
一応3巻に、サキさんのセリフで「そんなんじゃ伊澄さんにも嫌われますよ。」というのがあったので、気づいているはずですけどね。
[ 2007/12/05 21:20 ] [ 編集 ]
>noneさん

あの台詞を純粋に「好きな人」を指しているのかどうかが怪しかったりも
するんですけどね。今回のサキさんの反応にしても、実質「二股容認」に
なってしまって純情なサキさんらしくもないですし・・・。難しい問題です。

コメントありがとうございました。
[ 2007/12/05 23:18 ] [ 編集 ]
 よく、ハヤテを見ながらスタオーのキャラのことを考えている私ですが、今回、想像を絶する失敗をしてしまいました。
 本来、漫画のキャラを別作品のキャラと照らし合わせるのは、今後の事も含めた作中でのキャラの心境や展開予想などの自分が想像できる範囲の限界を広げるものである。・・・と同時に、自分が好きなキャラへの感情を楽しみながら、実際に見ているキャラとのギャップを測る。そして、そのキャラに対する気持ちを熟成させ、別作品のキャラと照らし合わせずに、はっきりとあるがままに思ったことを感じる。・・・そんな物なのですが、今回、おぞましい失敗をした挙句、それを完全に否定することができないという困った状況になってしまいまして・・・。
 じらしてしまいましたが、それは何かと言いますと、


サキさんをアシュトンとBSレオン(つまり男2人)を足したイメージと照らし合わせて、2つのイメージが一致すると考えてしまった
                                  というものです。

 サキさんに対して男2人のイメージを持ってしまったということが失礼と言うか。サキさんの行動をみるとアシュトンとBSレオンの行動パターンとのズレがあまりないため、アシュトンとBSレオンの画像イメージを合成したものを目の前のサキさんと照らし合わせてみても
サキさんと似ていると意識してしまって苦笑いがこみ上げてきて・・・。
 ・・・むしろ、私の中のアシュトン(おっちょこちょい)とBSレオン(マジメ・思い込みが強い)はどこまでオタク受け(この場合腐女子受け?)可能な位置づけなのか気になるくらいだというか・・・。(汗)
[ 2007/12/07 23:29 ] [ 編集 ]
>宮崎さん

それは中々に難しい問題ですね・・・。言うまでもなく、男性と女性では色々比較に無理があるのは確かですが、それが人格や性格という面なら、割と不可能ではなくなってはしまいますが、けれどサキさんという女性に対しては失礼に値するかもしれませんし・・・。でもまぁ・・・それはそれでありなんじゃないかと。ただマリアさんをネタにする時だけ引用しているのとは事情も異なってくるでしょうし。

とはいえ、私としてはレオンというキャラがイマイチ掴みきれていないので、実際どうなのかな~という感じだったりもします。微妙に「話をややこしくするような思い込み」の方が強そうなのも、サキさんらしい気もしなくはないですが。アシュトンは・・・う~ん。2人とも割と人気はありそうですよね、主に一部の方々に熱狂的ファンが付きそうなイメージで。

とりあえず、その思考体系は悪くないんじゃないかと思います。少なくとも、それだけサキさんに感情移入できている面もあるでしょうし。

コメントありがとうございました。

[ 2007/12/08 19:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/613-3de642b3

嗚呼、もうそんな時期か 今回で3度目となるサキさんのヤボ用シリーズ 無論サキさんが扉絵担当です ___________________________________________________
[2007/12/05 19:18] 今の気分±0
 メガネメイドとしての立ち位置がすっかりチハたんに脅かされている貴嶋サキのメイン回。だがこちらはプロフェッショナル、能力勝負なら――勝てなくて余計に悲し。ワタルとの将来を想像して泣くよりも、こっちの理由で泣く方が真に迫っているような……。  ところで...
[2007/12/05 19:25] 360度の方針転換
 ここは東京のとあるレンタルビデオ店。 ここのデリカシーがカケラしかない店主がまた失言をやらかしました。 「愛歌さんて美人だよな~」 あ~あ。言っちゃったよこの子。まったく自分の周りの状況が見えてないですね。 ほーらみたことですか、サキさんのご機嫌を損...
(この記事は少年サンデー1号のネタバレを含みます)
[2007/12/05 20:17] しっぽきり
第155話 サキさんのヤボ用(武将風雲録) マリアさんのターンに続いてサキさんのヤボ用。 何かここ2週とも気持ち悪いぐらい想定通りのお話。 そして今回はハイキング編で出番の無かった ヒロイン2人のうち、西沢さんが
[2007/12/05 20:38] サクラ咲く夜に
 風林火山とか蝮の道三とかは関係ない第155話「サキさんのヤボ用(武将風雲録)」  今回のサブタイトルの元ネタは株式会社コーエーが贈る歴史シミュレーションゲームの金字塔・信長の野望シリーズの第四作『武将風雲録』から
[2007/12/05 20:44] Moon of Samurai
はい、今週は待っている人は待っていたサキさんのヤボ用シリーズ第3弾です 高尾山シリーズで時期がズレましたが約1年ぶり(多分。去年のものを雑誌で見てませんので・・・)のヤボ用です もちろん扉絵はサキさん。何気に色っぽく見えるような・・・流石20歳です。マリア
[2007/12/05 21:09] 蒼のごとく!
久々のサキさん ワタル暴言だなw また、たぶらかしてw サキさん分かってるんだなワタルの年上キラーぷりを サキさん泣かせた 『スーパー恋愛コーディネータープロフェッ...
[2007/12/05 21:09] ひなぎくのなく頂に葱
ちょっと電車内で笑いを堪えるのに必死だった、ハヤテのごとく!第155話「サキさんのヤボ用(武将風雲録)」の感想~。 「愛歌さんって美人だよな~」(ワタル そんな発言から始まった今週。 あぁ!そんなに考えずに
[2007/12/05 21:40] 万事屋あんごるも
第155話「サキさんのヤボ用(武将風雲録)」 今回は今までとは違い、155話でのサキさんのヤボ用回。 サキさんの嫉妬とワタルの年上キラーとしての能力発揮…の回だったのか...
[2007/12/05 22:16] 疾風のように輝いて
今週のハヤテのごとく!は、 49話の「サキさんのヤボ用(全国版)」、 99話の「サキさんのヤボ用(戦国群雄伝)」に続く、 サキさんのヤボ用シリーズ第3弾! 「サキさんのヤボ用(武将風...
[2007/12/05 22:17] ~器用貧乏人宝~
ハヤテのごとく! 風林火山とか蝮の道三とかは関係ない第155話「サキさんのヤボ用(武将風雲録)」のヒナギク様 ……ええ、今週もヒナギク様出てませんよ。 ええ。 ホントに人に...
ハヤテのごとく! 風林火山とか蝮の道三とかは関係ない第155話「サキさんのヤボ用(武将風雲録)」 愛歌さんって美人だよなー。 すべてはこの一言から始まります。 ええ、ホントに...
[2007/12/05 22:26] タカヒナの乱雑日記
今回は久しぶりのサキさんのヤボ用シリーズ。 予想よりも6話ほどあとでした。 49、99、155話。次は205話だったりするのかな? 下から感想
ハヤテのごとく! 第155話「サキさんのヤボ用(武将風雲録)」の伊澄さま。 まったくです! ど、どうしたんですか!? ここのさま! ああ、伊澄さま、これを見てください! は、はい……
[2007/12/06 00:09] ちょっとずれたところ
サキさんの野暮用シリーズ最新作。 ワタルとの恋?の駆け引き。二人ともまだまだ恋は未熟なので、いつも苦労しています。ハヤテとナギの恋よりはずっと楽だと思うのにな。
[2007/12/06 00:34] 福音を告げる場所
綾崎ハヤテが執事を務める三千院家のナギお嬢さま。そのお嬢さまの親の決めた許嫁が、レンタルビデオ店の店主・立花ワタル(13)。傾きかけてる橘財閥の御曹司ワタルは、メイドのサ...
[2007/12/06 01:39] くるくるばたばた
と、あさってのほう向きながら、言っております西沢さん。彼女の前には、恋にさまようワタルくん。で、誰のことをば話してるのかといえば、そう、他でもない、(年齢的に)オトナな女性・サキさんについて。この物語の核心を突く衝撃発言に動揺しまくるワタルくんに対し、西...
あらすじとばしてもいいですよね・・・? 49話、99話と50n-1話で来ていたはずのサキさんのヤボ用シリーズが155話に登場。いつも通りワタルとサキさんがラブコメってます。 今週のマリアさん 今日も相変わら
[2007/12/06 18:05] White&Pure
まずは。 両方落ち ネスの日記 マリアさん落ち 黒いネタ手帳 疾風のように輝いて サクラ咲く夜に ゲームの戯言+α 360度の方針転換 MOON CHRONICLE スピオキルト! そして僕たちは西へ向かった ヒナギク様をみてるっ!? 蒼のごとく! 萌えを得たオタのごとく!2 ちょっ
[2007/12/06 22:26] tanabeebanatの日記
12/3のナギ誕生日企画で直球な記事を書いたってのもあるので、今日は予告通り変化球で行きます。 どんな感想になるのかというと二つに分ける。一つは今日偶然たまたまサンデーでこの漫画を読んだ気持ちになって書く感想。もう一つはいままでずっとこの漫画を読んでいる人が
[2007/12/06 22:26] tanabeebanatの日記
ワタルとサキさんの禁断の愛を描いたサキさんのヤボ用シリーズ。 サキさんの人生の節目の成人式やお見合いなどのイベントが発生。 そこで生じる誤解を乗り越えて二人はより親密になってゆきます。 主とメイドそして年の離れた二人の恋愛模様の第155話の感想です。
[2007/12/06 23:51] さくら日記
4月からアニメが始まり、現在多くの読者を獲得している『ハヤテのごとく!』。 特定キャラのファンも数多くおり、程度に差はあれど、ハヤテ感想サイト運営者のほとんどが特定のキャラのファンであることを公言しております。 かつてこのサイトでは、誰がどのキャラのファン
[2007/12/07 02:12] 眞華の感想日記(未熟)
 今週も遅れに遅れてのハヤテ感想でございます。てゆーかその前に、先週に引き続き、今度は12月3日にナギの誕生日を完全にスルーするどころか、またも全く別の記事を上げてました。  まったくもって奇怪なハヤテブログであると言わざるをえない。  なんてゆーか…...
[2007/12/07 12:52] 真・踊り子の雑記
 卒論が…卒論があともう少しで終わるんです!!来週に提出か~~…。
[2007/12/10 05:21] 星の海へ行こう!
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ステータス?
カウンター