ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

アニメ版ハヤテのごとく! 第36話感想 

 クラウスがメインと聞いたときにはカオスな展開を予想していたんですが、
ふたを開けてみると意外や意外、割と「執事」してました。
 そんなアニメ版ハヤテのごとく!の第36話「クラウスは倉臼と書いて日本人」の
感想です。執事の生き様、ここにあり!・・・って感じなのかもしれません。


愛が生んだ奇跡のストーリー、開幕
 タマの何気無い一目惚れが、クラウスに不思議な夢を見させました。
というか、タマも流石ですし、それをいい風に解釈するクラウスも流石です。
この2人はいいコンビになれそうです。主にトラブルメーカーとして。

 ・・・それにしても、クラウスのアイロンがけが妙に様になってますね。
アイロンとは「じる」ことに由来しており、こんな毎朝の日課にも
クラウスなりの、ナギお嬢さまへの愛がたっぷり詰まっているんですね!

 そんなわけで、クラウスに暇を出させてあげるナギお嬢さま。
ええ、発売延期は影響してそうですが、あれはある意味規定路線ではないかと。
今のご時勢、「延期にならないドラ○エ」の方が話題になるのかもしれません。

 ・・・どちらにせよ、クラウスの隠居生活は見てみたいかも。
 心なしか、既に隠居生活に突入しかけているような、そうでもないような。


クラウスのとるべき道は?
 「潜在的欲望」と「逃げちゃ駄目だ」という駆け引きが脳内で繰り広げられ、
気が付いたときには色々と追い詰められています。普段と大差ない気もしますが。
そこでマリアさん、「やめろだなんて言わないでください」とナギに忠告。
さらにマリアさんの脳内で「クラウスの隠居のイメージシーン」が再生されます。

 ・・・ハゲてます。よってクラウスは「髪薄」と書いて日本人。無理があります。

 とにもかくにもマリアさんは、執事長の元に励ましにやってきます。
しかし、本心を聞くやいなや、きびすを返すように立ち去ろうとしてしまったり。
 あれですね、ナギが自分の漫画を絵日記呼ばわりされた時と似た展開です。
相手の考えを熟知しているマリアさんだからこそできる、ある種の誘導尋問。
その上相手の自発性をも促し、人々の成長に一助にもなる。
・・・もっとも、クラウスに今後の成長が見込めるかどうかはかなり怪しいですが。

 そんなマリアさんの優しくて的確な誘導により、クラウスは決心します。
ハヤテとの勝負をすると、高らかに宣言します。フットマン時代を思い出しつつ。

 マリアさんの脚を掴みながら。マリアさんの細く綺麗な脚を掴みながら。
 下からマリアさんを見上げるという、素晴らしき絶景を堪能しながら。


 ・・・考えようによっては、これはこれで「執事バトル」の名に相応しいかも?


戦いの始まり、ハヤテの属性
 クラウス曰く「ハヤテの欠点は主人公意識が強すぎる」とのこと。
 ですが、マリアさん曰く「むしろ控えめ・・・」とのこと

 どう考えても後者が正しいです。そもそも、ハヤテに限らず本作は、
誰がメインなのか把握しづらい作品と言えなくもないですしね。
ましてハヤテ以上に「マリアさんがメインヒロイン」というのが1番の謎ですが。
ハヤテが「控えめ」なのも、それぞれが主役にたる要素を兼ね備えていることが
多いのも一因でしょうし、やはりハヤテのごとく!は実に小難しい作品です。
・・・などと考えてしまう私の頭が1番小難しいのかもしれませんが。

 要約すると「メインヒロインとしてのマリアさんが1番控えめ」という事です。

 また、クラウス曰く「先を読むインスピレーション」が大事とのこと。
クラウスの主張はどれもごもっともなんですが、それを軽くあしらうナギは流石です。
ハヤテ贔屓とクラウス遊びの両立を図るなんて、実に器用なことで。

 もっとも、人の扱いに慣れていても、その感情表現は不得手のようですが。
 どちらにせよ、手加減してあげましょう。マリアさんが仰られてますし。


戦場は白皇学院へ・・・
 今度は白皇を舞台にバトルが・・・というか、雪路が色々と仕掛けてきました。
チョーク投げの是非はともかく、細かいところにも目がいく雪路は教師の鑑?
教師としての厳しさと、雪路としての攻撃性のバランスが絶妙なのです。

 そのチョークにいち早く反応したのは、人間を止めたクラウスさん。
・・・以前も銅像みたいになって、軽く人間放棄してませんでしたっけ?
いやむしろ、あそこで銀食器を拾いにいかなかった雪路にツッコミを入れるべき!?

 美しき世界史教師と変態執事長の愛の逃避行に、乞うご期待!
 あと、学校でバトルが展開される事tより、躊躇なく学校に行くナギに驚いてみたり。

 で、適当な技で雪路の攻撃をしのぎつつ、最後は持病でノックダウン。
瀕死のクラウスを発見する泉いいんちょは、先週の「初々しいカポー」も
誰よりも早く発見しましたし、こういう人探しは得意なんでしょうか?

 得意なものは人探し、好きなものは放置プレー。・・・実にわかりやすい?


助けられたご老体、しかし・・・
 「ありがとう・・・か・・・」

 感謝の気持ちを素直に表現するというのは、人によっては難しいんでしょう。
かつてはそういう言葉を、主のナギには普通にかけてもらえていたのかな?
見返りを求めてはいけない職業でも、心の底では・・・やはり・・・。

 「お年寄りに何してるの!?」

 ヒナギク、お疲れ様です。これで東宮君に次ぎ、2人目の犠牲者です。


ヒムロとクラウス
 唐突に現れたヒムロ。学園祭には顔を出さなかったのでずいぶんと久しぶり?
2人のやり取りには、互いにある程度納得できつつ、やはりクラウスの方が・・・。

 「主のお役に立てなければ・・・」

 少なくとも、ナギにとって「弄り甲斐がある」時点で必要とされていると
言えなくはないですが、やはりそれだと微妙なんですかね・・・。
ま、微妙に怒っているヒムロというのは割と貴重なシーンだったのではないかと。
固い決意を述べるクラウスの様子に、若干動揺しているヒムロもまた乙なもの。
何かかんだで、あの桜吹雪にも何らかの、教育という意味合いがあるのかな?
そうでもないと、一連の台詞に説得力が生まれてきませんし。

 「かつて偉大だった執事が衰えていく・・・」

 偉大だった頃のクラウスが見たいです。物凄く見たいです。
あとついでに、そんな「偉大だった頃のクラウスを見ていたヒムロ」も見たいです。


一肌着替えてもらわなければ・・・
 ということで、ハヤテは女神っぽいものになりました。
 ただしそれは仮の立場。本当の女神はマリアさん以外あり得ないので!

 「素敵なロマンスグレー(クラウス)→素敵なロマンスブルー(ハヤテ?)」

 考えてみれば、ハヤテの髪の色も割と似ているかも。・・・やっぱ親子?遠戚!?
とにもかくにも、最後はタマがいただきにまいりました。でもハヤテが勝ちました。

 「ブラジルに虎はいない」

 アフリカにもいません。でも、ホワイトタイガー猫と虎鉄なら日本にはいます。

 マッサージシーンとかありつつ、やっぱり横で笑みをたたえつつ、
作戦が失敗したあとクラウスを心配げに見つめるマリアさんは最高です。
夕日に照らされたマリアさんの、憂いを秘めた表情もまた・・・いい。


クラウスに届いた思い
 新聞のアイロンかけ・・・ですか。確かに結構重要なポイントかもです。
締めに珍しくマリアさんが絡んでいないのもまた、貴重だったりするのかも。

 ・・・あれ?ということは、アイロンがけを教わったら用なしですか?
それとも、あれを習得するにはクラウスの年齢くらいにならないと無理とか?
とすると、その頃には無事に借金も返し終わっているとか、そんな流れ?

 ハヤテのごとく!での借金完済のシーンでは、
 ナギのために新聞のアイロンかけをする、ハヤテの姿が拝めるのかも。

 「あれでも三千院家の一員だ」

 そんなナギの、突き放しているようで本当は大事に思っている台詞に感動したり、
クラウスの様子を覗き込むマリアさん・・・と顔が近すぎるハヤテに殺意を覚えつつ。

 こうしてクラウス、もとい倉臼は、お嬢様への忠誠を意味する花言葉のように、
今日も今日とて愛論がけに専念されていることでしょう。


原作との対比で1つだけ・・・
 ナギ曰く「クラウスとは付き合いが長い」だそうですが、原作の設定(単行本)
によると「実はナギよりマリア(さん)との付き合いの方が長い」らしいです。
そして、今回の回想シーンでは、「あれ?子供の頃のナギが写っている?」と
思ったわけですが、ここで考えられるのは

・生まれて間もない頃からナギを知ってる→マリアさんとの付きあいは13年以上?
・あくまでコメディ作品としてのクラウスの妄想であり、実際には違う

 もちろん、「スタッフが原作の設定を知らない」という考え方もありそうですが、
それだとそこで話が終了してしまうのでスルー。
 今回に関しては終始真面目な考え方をしていたクラウスだけに、
ギャグのノリとは考えづらく、そうなるとクラウスとマリアさんの付き合いは・・・。
ええ、こう書き連ねながら言いたいことは1つだけです。

 幼少のマリアさんを知っているとは、なんと羨ましいご老体かー!!
 きっとハーマイオニー以上に理性が保てなかったことでしょう。
 私なんて頭に思い浮かべようとするだけで理性が吹き飛びそうですし。


その他
・西沢さんはケンタッキーを食べてました。今年は1回だけ食べましたね・・・。
・ワタルとサキの~は、・・・サキさんのサービスショットが中々でした、はい。
・美希と理沙も出てました。一応確認。


 それにしても、今回は意表をついた展開でした。
普段アニメでのクラウスは「ただの変態&暴走キャラ」だっただけに、
今回のように割と真面目な思考回路をしているのが逆に珍しかったり。
ナギにとっての存在理由は少し悲しいですが、必要としてもらえる喜びは
誰しも求めてやまないものですからね。
 
 ・・・30話のただグダグダだった頃のアニメが逆に懐かしくなってきました。
それだけ最近のアニメ版ハヤテは、安定しすぎて気持ち悪いくらいです。
できることなら、このままの路線で突っ走っていただきたいものですね。

 次回、普通とは何か?について色々やってくださることに期待しています。
・・・ハヤテはいつから普通が好きになったんですかねぇ?



トラックバック送信先
サクラ咲く夜に
アニメにおける自重キャラがこの2人なら、感想における自重ブロガーは・・・。
うん、あれです、何事も自重したら負けという事ですね。

蒼のごとく!
西沢さんの出番はハヤテとのすれ違いにあり、メインになるにはその微妙な差異が
埋まった瞬間・・・ということになるのかな?

ちょっとずれたところ
幼少期の伊澄さまもさぞ可愛かったんでしょうね。・・・マリアさんに次いで。
そのときには是非誘拐事件の1つでも起こして、というのは若干不謹慎?

ここには全てがあり、おそらく何もない
愛すべきバカ・・・ですか、確かにそれがしっくり来るかもしれないですね。
もっとも、それが執事として嬉しい勲章なのかは判断が分かれそうですが。

タカヒナの乱雑日記
ハーマイオニー発言はもとより、ヒムロとの対峙など、一部原作を意識した
シーンがあるのは、ある意味カットへの伏線に思えなくもないような・・・。

ヒナギク様をみてるっ!?
むしろ後者の方が、それはそれでありというか、色々と妄想が・・・。

さすらい旅日記
執事というテーマの中にあっては、ヒムロは抜群の存在感がありますからね。
もっとも、微妙に言動と一致していないような気もしますが。

SeRa@らくblog
たった1つでも、必要としてもらえる喜びをかみ締めているんでしょう。
考えようによっては、それだけ難儀な扱いを受けてきたのかもしれませんが。

AAA~悠久の風~
性格が純粋って・・・今は純粋じゃないと!?
まぁ、強ち間違っていないというか、人は大きくなるにつれ色々と不純物が・・・。

荒野の出来事
アニメにおいて名前の書き方はどうでもいいでしょうし、何よりクラウス需要が・・・。

暇ワリの咲く頃に~西沢さんと共に~
確かに、西沢さんの表情は活き活きしてますよね。活発な乙女って感じに。
神の領域に達しているのがマリアさんであることは譲りませんが、
西沢さんの一挙手一投足に華があるのは間違いないんじゃないかと。

ネギズ
それでも、催眠術をかけられるタマの技術と執念には脱帽ものです。

失われた何か
ひたすらカオスだった頃を思い出すと、どうにもいい意味での違和感がありますね。

tanabeebanatの日記
派手さがなく安定しすぎている分、抜群の面白さというのは感じにくいのかも。
それはそれで、本来のハヤテのごとく!らしくはあるんですが、それがアニメとなると
斬新さや新鮮味とかには欠けて見えてしまうのかもしれませんが・・・。

White wing
もっとも、年齢による衰え自体が深刻なら、フットマンであれなんであれ
引退が近い事に変わりはないんでしょうけどね・・・。

アニメって本当に面白いですね。
ありがとうの一言で若干回復しても、お年寄りの一言には敵わない。
・・ホント、日本語って非常に難しいですね。

紅鏡の鑑
限られた出番で最大限の輝きを!・・・というのも一流の執事のつとめ?
その意味では、ハヤテはまだまだ未熟なのかもしれませんね。

二次元空間
あのシーンは、単純に深夜34時でなく朝10時なのを意識しての
ストッキング着用だったんでしょうか?似合っているので問題はありませんが・・・。

万事屋あんごるも
なるほど、そうして見ると割と小ネタもふんだんにあったんですね。
それを全く感じさせない、締めもいいお話でしたが・・・。

夢の残滓
ヒムロと野々原、ひいては全ての執事キャラがそれぞれの考え方も持ってますし、
なかなか相容れない部分は多いんじゃないかと。一言に執事と言っても、
「主のために」という根本的な部分以外は相互理解が難しそうです。

MAGI☆の日記
最後の締めに、良くも悪くもクラウスらしさがあったような、そうでもないような。

Dream of hetare the world 跡地
まさか世の中でクラウスを「カッコいい」と評する方にお会いできようとは・・・!
確かにまぁ、持病と変態気質さえなければ、それなりには・・・?

まったり感想日記
いっその事、今後はカーネルおじさんとして新たな人生を歩むのも悪くない?
あれが個人的趣味なのか、雇われての事なのかは微妙なところですが・・・。

めもり~る~む
脚本やコンテについては良くわかりませんが、クラウスメインらしからぬ
ストーリではありましたね。・・・と言われてしまうクラウスって一体・・・。

angel notes.
内容としての面白さというのは、確かに久しぶりなのかもしれません。

ビヨビヨ日記帳
クラウスの実力は本物でしょう。比較対象のマリアさんとハヤテが極端に
レベルが高すぎるだけの話でしょうしね・・・。

書きたいことを書いてみた
オリジナルの花言葉をつけるのが趣味というのも、主にナギを思っている
結果として生じたもの・・・と考えると、妙に泣けるお話なんですけどね。

ぶろーくん・こんぱす
タマのやり口はともかく、心理面では割と普通の反応ではあったのかも。
いつか虎と美少女の2択で迷う日も来るんでしょうか?

物書きチャリダー日記
ええ、まったくもって同感です。マリアさんに紅茶を入れてもらえたら昇天しそう。
もっとも、その前にマリアさんに直接お会いする方法を模索しないと・・・。

~器用貧乏人宝~
・・・お?黒?何が黒?・・・ああ、そういう邪な感情を抱く奥さんの心の色ですかね?

かがみのひだまり日誌
女の子の赤らめた表情というのは、色々と食欲がそそりますしねぇ・・・。

今日と明日の
マリアさんが使えるかどうかわかりませんが、壁を突破する策なら持っていそう・・・。

翔太FACTORY+Face.Chat.Union
ATフィールド発動なども考慮すると、割と作戦のうちだったり?

ムメイサの隠れ家
どんなに良いお話で締めても、結局はギャグキャラの領域からは出られない。
個性は確立されていますが、それが実際どう評価すれば良いかと聞かれると・・・。

ティンカーベルをください
アフリカにいない虎とブラジルにいない虎は、ある意味似たもの同士なのかな?

スローボール
そうそう、重要なのは「最後はマリアさんに相談した」という点に尽きますよ。
タマの妨害で失敗しているものの、頼れるのはマリアさん・・・と。

まりべると愉快な仲間たち
ホントねぇ・・・あのマリアさんの、小動物をいたわるかのごとき表情は反則です。
何が素晴らしいかって、食後だというのに妙にお腹が空いてくるというか・・・。

ひなぎくのなく頂に葱
幼女と言っても、どこまでが幼女ナギなのかは判断が難しいところかもしれません。

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
確かにマリアさんは世間知らずですが、基本マリアさんは何でもアリなので。

現実への反逆
でも、何だかんだで直前で止めさせるナギを想像してしまいますね。

いもせログ
いやはや、今回も相変わらず可愛すぎるマリアさんがいただけでも大満足ですね。
メインでなくともこれだけの破壊力、やはりマリアさんはメインヒロインです。

stay_gold.com
それをいったら、毎回出番がたくさんあるハヤテは論外という事になりそう・・・。

White&Pure
この眩い笑顔に、私たちは虜になってしまいます。そう、永遠に。
でも、やはり「現実、時々理想。」である以上、試験勉強も大事なのです。

さくら日記
ハヤテ女神・・・ですか、どうにもそこには何の感情も抱けなったり。
逆に女神を名乗ってしまっているのが、納得いかない部分もあるのかも。

自由気侭に。
微妙にヒナギクの名前が間違っているのは仕様なんですかねぇ?

Hiroy's Blog
いんくとすみが同化したら・・・いすみになったりするんでしょうか?

気ままに日日の糧
家族のようなもの以上になりきれないというもどかしさはあるのかもしれません。
もっとも、お屋敷組は家族がほとんどいない人ばかりですしね・・・。

SUGO FACTORY別館
好かれているという定義自体に不安を感じなくはないですが・・・ね。

ハヤテのごとく! トラックバックセンター
既に引退しているようなものですけどね、執事としては。

おちゃつのちょっとマイルドなblog
見方はねぇ・・・ある程度は変わるでしょうね。もっとも、また今まで通りの扱いに
戻ったら、早い時期にこの話の印象は薄れてしまいそうです。

明善的な見方
サキさんの写真なら、咲夜あたりが持っているかも。主に高値でしょうが。

紅蓮の煌き
あの頃のグダグダが狙っていたのか、単なる迷走でしかなかったのか・・・。

Moon of Samurai
原作版クラウスと比べれば、贅沢な悩みなのかもしれませんね・・・。

紅日記~ベニッキ~弐号館
確かにまぁ、ヒナギクもそれなりだとは思いますが、とりあえず私の中では
ずっとマリアさんの時代しか訪れていないのであしからず。

日頃CALAMITY
あの文字部分も含めてのネタ・・・ということなんですかねぇ?
[ 2007/12/02 12:19 ] ハヤテのごとく! | TB(54) | CM(8)
ナギよりもマリアさんの方が付き合いが長いという疑問は、
こう考えればいとも簡単に解決できますよ。

マリアさんの実年齢は17歳ではなく(ry

近ごろのアニメはホント安定感がありますよね。
私としてもこの調子を維持してくれることを願っています。
[ 2007/12/02 12:33 ] [ 編集 ]
> そのときには是非誘拐事件の1つでも起こして、というのは若干不謹慎?

そんなことになったら、私がハヤテばりに犯人を…… (以下略

> ・・・マリアさんに次いで。

いやいや、伊澄さまはですね~……(以下略
[ 2007/12/02 13:59 ] [ 編集 ]
>take23さん

おっと、なんと強引な手法で結論付けようとされているので?
いやまぁ、実際マリアさんの年齢については(真面目な意味で)
議論の余地がありますけどね。ネタとか以前の問題として。

最近の安定感は、何だか不思議ではありますが嬉しいですよね。
嵐の前の静かさになることなく、今後も穏やかな展開が続きますように。
・・・ネタの多さだけはあまり変わっていないようですが。

>ここのさん

やっぱり罪を犯してでも未知の領域に踏み込む勇気は必要ですよ。
勇気がないと、それこそ某ヘタレ少年のように・・・。

>いやいや、伊澄さまはですね~……(以下略

いやいや、マリアさんはですね~……(以下略

コメントありがとうございました。
[ 2007/12/02 14:39 ] [ 編集 ]
>本当の女神はマリアさん以外あり得ないので!
それは否定しませんが、実は初めてOPを聞いたとき、女神と聞いて最初に思い浮かんだのはシン・クリア・セウノウスだったりします。(前の歌詞は「どうやっても勝てない悪魔が」ですからね。マリアさんは悪魔ではないので。)
>それだけ最近のアニメ版ハヤテは、安定しすぎて気持ち悪いくらいです。
>できることなら、このままの路線で突っ走っていただきたいものですね。
それは私も同じですが、マリアさんの出番が増えますようにと付け加えておきます。
>いやまぁ、実際マリアさんの年齢については(真面目な意味で)議論の余地がありますけどね。ネタとか以前の問題として。
マリアさんは17歳です。飛び級したせいで知識が牧村さん世代になっているだけです。(周りに同年代がいなければ、こうなるのは当然だと思います。)
[ 2007/12/02 15:13 ] [ 編集 ]
今回はクラウスさんが良かったよぉ!

「オリジナルの花言葉をつけること」は、変態的な趣味だと思っていましたが、
今回のお話で、一気にイイハナシダー、となってしまったではありませんか!

グッジョブ、クラウスさん。

あと、グッジョブ、ようじょナギ、
ハーマイオニー、
そして何よりマリアさん・・・と牧村さん。

雪路やヒナや生徒会三人組、ヒムロやタイガぼっちゃまなどもGJ。

あと、謎のメストラ。

新聞のアイロンかけは、ヴィクトリア朝の昔から、
ある意味、執事の仕事のアルファにしてオメガですからね。
由緒正しき執事のスキルです。

>アイロンとは「愛を論じる」ことに由来しており

なんと!そんな深い意味があったとは!

深い、深いよアイロン!

ともあれ、今回はいいお話でした。
クラウスさんが主役だったのに・・・w
[ 2007/12/02 23:08 ] [ 編集 ]
>noneさん

最初この歌詞を見た際「女神=マリアさん!」みたいなことを感想に書いたのですが、いくのさんに「'どうやっても勝てない悪魔が'が抜けていますよ」と指摘されたのを思い出します。その時は「マリアさんは悪魔ではないので」と返信したわけです。なので、あくまでマリアさんが写っているシーンの歌詞だけが有効というのが私の考えです。・・・あ、シン・クリア・セウノウスはガッシュでしたっけ?ハヤテ以外はろくに読んでいないので・・・。

マリアさんの出番は・・・うん、きっと増えます。メインヒロインですし。

それと、私の言う「議論の余地がある」というのは、単に他の主要キャラと年齢設定が異なる理由とかの話で、マリアさんは間違いなく17歳だと確信しています。

>ニコさん

花言葉についてはうまいまとめ方をしてきたと言いますか、やはりただの変態執事長ではなかったんだな~と認識を変えましたね。次回からは普通に元に戻りそうですが、このエピソードがある以上、今まで通りには見づらくなるかも?普段の変態じみたクラウスさんに対する是非はともかく、今回の渋いクラウスさんもまた良かったです。

・・・微妙に「現在のナギ」が入っていないのに、幼女ナギの破壊力の大きさを感じずにはいられません。メストラはきっとタマの姉に違いありません。牧村さんは・・・あえてスルーで。

新聞の愛論かけは、やはり執事長だからこそ成せる業なんでしょうね。
微妙な温度加減で、絶妙なタイミングで、愛を論じるように・・・。

アイロンの深さとクラウスさんの渋さに感動しつつ、
次回からはアイロンかけのシーンが毎回挿入されることに期待してみたり。

コメントありがとうございました。
[ 2007/12/03 08:46 ] [ 編集 ]
普通がすきなのはきっとハヤテがあんな酷い環境で育ったから・・・(´;ω;`)
[ 2007/12/04 03:55 ] [ 編集 ]
>名無しさん

酷い環境で育ったのが、女の子の好みに影響しているわけですか・・・。
でも、マリアさんのような人が好みだったような、そうでもないような。
とすれば、逆にハヤテが好かれるのも生い立ちが関係していたり?

コメントありがとうございました。
[ 2007/12/04 16:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/609-02d34877

ナギに引退してもかまわないと言われ落ち込ちこんでしまうクラウス。 クラウスはハヤテとおもてなし勝負をすることに。
[2007/12/02 12:19] ネギズ
クラウスがナギの一言で三千院家の執事としての 存在意義を疑い始め、ハヤテに勝負を挑むが・・・。 冒頭からドラクエの発売延期で株価に影響が出ていると言うナギ。 クラウス...
[2007/12/02 12:21] 失われた何か
 ウリイイイイイイイ  ※さすがにこのネタは・・・  今回はクラウスの話・・・。ちなみにクラウスは『倉臼』と書くらしい。正直どうでもいいwww  タマの策略でブラジル...
[2007/12/02 12:24] 荒野の出来事
第36話「クラウスは倉臼と書いて日本人」。 今回は誰もが想像もしていなかったクラウス回。エヴァのパロディ満載で ドタバタでしたが、パロに食われずにテンポが良くて、オチもしっ...
[2007/12/02 12:34] さすらい旅日記
ハヤテのごとく!第36話「クラスは倉臼と書いて日本人」のヒナギク様
ハヤテのごとく!第36話「クラスは倉臼と書いて日本人」の簡易感想
[2007/12/02 12:44] タカヒナの乱雑日記
ハヤテのごとく! 第36話感想いきます。
[2007/12/02 12:47] AAA~悠久の風~
ハヤテのごとく!公式BOX (少年サンデーコミックススペシャル)畑 健二郎価格Tシャツに…アニメ26話までをまとめてました。とりあえず、ヒナギクの白皇学院学校指定Tシャツにびっくり。ほんとうにヒナギクのサイズっぽい。小学館、やるなあ(笑布は伸びるので、男性Mサイ...
ハヤテのごとく! アニメ 第36話「クラウスは倉臼と買いて日本人」の伊澄さま。 伊澄さまが出てないっ!! はわわ…… す、すみません…… いえ、今回はクラウスさんメインなのですから、仕方ないですよ。 そうですか? よかった…… にも関わらず、ヒナギクさんや、い?...
[2007/12/02 13:01] ちょっとずれたところ
いきなりクラウス引退後の姿が。タマ渋すぎだろw若本ツッコミ乙。いいツッコミですな いきなりさようならって絶望放送ですか?タマの表情が怖い・・・w 生粋の日本人を主張するクラウスさん。まったく信じられないのはクラウスさんだからでしょうか クラウスの唇のアップ
[2007/12/02 13:06] 蒼のごとく!
執事は主の影…目立てはいけない。 なのに今回はクラウスがメイン(笑) アニメスタッフが好きなキャラだけあって力がムダに入ってる(^^; クラウスは…ケンタの人形にしては貧相だと思うけど(笑) タマはどんどん動
 今日の西沢さんはいつも以上に素敵だ!!  ああああああああああっああああああっああああああああ!!!!!!!! 女神が!!女神様がご降臨なさった!! 西沢さんが光り輝いている様だ。見える、私には見えます、西沢さんの背後から射しこんでくる御来光が!! 西沢さんの背中に...
クラウスがメイン。
ハヤテのごとく!の第36話を見ました。第36話 クラウスは倉臼と書いて日本人なにやらブラジルでタマと一緒に過ごす夢によってうなされ、夜中に目が覚めたクラウス。夢のことをナギに話すと、夢は潜在的な欲望の具現化ということで、ナギはクラウスに引退をしてもいいと伝...
[2007/12/02 13:55] MAGI☆の日記
■第36話 クラウスは倉臼と書いて日本人 今回はタイトル通りクラウスのメイン話。原作でのクラウスはその存在すら見る影もありませんが、アニメではなかなか良い味を出しています...
[2007/12/02 14:04] めもり~る~む
ハヤテのごとく!   お勧め度:普通+   [ラブコメ ギャグ漫画]   テレビ東京系 : 04/01 10:00   AT-X : 04/22 07:30~   原作 : 畑健二郎(『週刊少年サンデー』連載中)   監督 : 川口敬一郎   キャラデザ : 堀内修   シリーズ構成:猪爪慎?...
いきなりブラジルで農園やってるし タマの格好としゃべってるのはいいのか?と思ってたら夢オチ タマは寝床に侵入して怪しいことをするのが趣味らしい 執事長の朝は新聞のアイロンがけから・・・ってこんな作業本当に
[2007/12/02 15:10] 夢の残滓
TVAハヤテのごとく!第36話「クラスは倉臼と書いて日本人」の短めの感想 。 ・「いやそれは、アッー!」(クラウス 朝っぱらから吹いたw タマ、お前・・・。 ・石仮面 ドッギャァアン!!自重。 ・「WRYY
[2007/12/02 15:29] 万事屋あんごるも
OPが始まったところで録画を始めてしまいました(涙)結末から、タマが仕掛けた夢だったということですねぇ。朝刊のアイロンかけから始まるクラウスさんの日常。ブラジルのコーヒーオーナーをして楽隠居の夢を見た話をナギにしたらおひまを貰ってしまいました。ジャック...
[2007/12/02 16:10] まったり感想日記
ああ・・・次はしょんべんだ・・・じゃなくて、白髪クラウスさんのお話ですが、ATフィールドって心の壁だったのか(;´Д`) じゃー私にも常にATフィールドが張ってるあるはずだけど・・...
[2007/12/02 16:13] 今日もやられやく
前回創作の邪魔だからと、何気に暇を出されていたクラウスこと【倉臼 清四郎】彼は執事を引退し、ブラジルの農園主として過ごすという外国人プロ野球選手みたいな第二の人生を送っていました。。。 という夢オチから始まりましたが、今回は彼の人生の分岐点。「マリアさ?...
[2007/12/02 16:27] 紅鏡の鑑
と思いました。 元ネタがわからないとあまりに普通な展開で感想の書きようも無いのですが…。 ハーマイオニーがここで出てきたので原作ヒナ祭り祭りの前半はやらないっぽいですね。ラストの98話はやると思うんですよねぇ。あれはうまく作れば絵になるからねぇ。 来週は西沢
[2007/12/02 16:42] tanabeebanatの日記
ハヤテのごとく!今回はクラウスがご隠居生活??ハヤテのごとく!05早速感想。すんません、もうマリアさんとハーマイオニーで満腹です(笑)今回も素敵な笑顔でした、マリアさん。特にあのハヤテに見せたあの笑顔は破壊力抜群。ってかね、マリアさんがハヤテを着替えさせ...
[2007/12/02 17:01] 物書きチャリダー日記
今週のアニハヤは、なんとクラウスがメインの話! クラウスメインと聞いて、てっきりカオスな展開になるものと 思ってましたが、普通?に良い話でびっくりしました。 …パロネ...
[2007/12/02 17:06] ~器用貧乏人宝~
天使の笑顔すぎるだろ・・・w クラウスの主役回なのに面白いな(笑) なんかスタッフ気合の入れようが違うんじゃね?^^; 話もそれなりにまとまってたし、見やすかったです...
[2007/12/02 17:17] かがみのひだまり日誌
予約を1分早くしたせいか、ナギの豆知識が途中で切れるとか................。 第36話「クラウスは倉臼と書いて日本人」感想です。 ナギに引退してもいいぞと言われて落ち込むクラウス...
[2007/12/02 17:20] 今日と明日の
「夜中にブラジルのコーヒー農園の夢オチで目が覚めたクラウスさんがその事をナギに話すと引退を勧められるのでした」「ハヤテのごとく!第36話クラウスは倉臼と書いて日本人」「…なんかクラウスさんボロクソに言われてるわね」「ATフィールドまで張っちゃってますよ」「...
タマの陰謀により執事を止めブラジルで隠居する自分の夢を見たクラウスがそれをナギに話す。ナギに言われたことにショックを受けたクラウスはその後いろいろあり三千院家の執事をや...
[2007/12/02 17:51] ムメイサの隠れ家
ハヤテのごとく! 03(初回限定版)クラウス「俺は人間やめるぞぉーー!!」完璧にクラウス回でした。【内容】クラウスのブラジルで余生を送る夢から始まるんですけどね。最後の最後でタマの策略ってことがわかるんですけどwww序盤はエヴァネタがいろいろありましたね...
[2007/12/02 17:57] スローボール
「俺は人間をヤメタぞぉぉおお!!」 ↑この台詞に大いに吹き出しましたww ナギからお暇を出されてしまい、ショックを受ける執事長・倉臼。 小さく丸くなって『逃げちゃダメです逃げちゃダメです逃げちゃダメです…
ブラジルで余生を優雅に過ごす夢を見たクラウス。 何気にブラジルの本を置いたのは黒タマの仕業かよw そのブラジルの話をナギにしたところ、、、 「引退したいならすれば?」 ...
テレビ版の 『ハヤテのごとく!』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)執事長が引退の危機です(^^;  続き今回のお話は...
[2007/12/02 19:41] ビヨビヨ日記帳
クラウスメインはアニメならではw メガネ無しクラウス初めて見た DQ発売延期w ATフィールド=心の壁w 禿げたクラウス クラウス連邦の人間だったのかよw 指におば...
[2007/12/02 19:43] ひなぎくのなく頂に葱
ハヤテのごとく! 05 なにやらブラジルでタマと一緒に過ごす夢によってうなされ、夜中に目が覚めたクラウス。夢のことをナギに話すと、夢は潜在的な欲望の具現化ということで、ナギはクラウスに引退をしてもいいと伝える。だが、クラウスは、自分が引退したら三千院家の...
やべえタマがシュドナイにしか見えねえwwし聞こえねえwww やっぱこのアニメは何でもありとww
[2007/12/02 20:12] 現実への反逆
今回はクラウスさんがメインのお話でしたねw まぁ、一番驚いた事は、 クラウスはロン○ヌスの槍が刺さっても死なない。 A○フィールド貫通してるのにwwwwwwwしか...
[2007/12/02 21:50] 自由気侭に。
クラウスの憂鬱
[2007/12/02 22:47] Hiroy\'s Blog
 タマひでえぇ。クラウスもまさかそんな計略がなされいたとは思わんわな(笑)  し
[2007/12/02 23:09] 気ままに日日の糧
今回は変態執事クラウスがメインのオリジナル話のはずなのですが… 女神(ハヤテ)と天使(幼女ナギ)にメロメロな第36話の感想です。
[2007/12/02 23:31] さくら日記
第36話 『クラウスは倉臼と書いて日本人』  ぐあっ!  「タマ」が黒すぎるぅぅぅぅぅ~! で始まった今回ですが、 ちゃんと今回はサブタイに意味があるのねっ。  Aパート...
[2007/12/03 00:08] まるとんとんの部屋
今回は、クラウスが引退しようとするお話でした。 珍しくクラウスが前面に出てくる展開は、ひょっとするとこれが最初で最後? 作画がかなり好みな感じで、特にマリアが少々幼めに可愛くなってた気がします(笑)。 クラウスはブラジルで余生を送る夢を見るも、それは...
[2007/12/03 00:30] パズライズ日記
今週のハヤテは影が薄いことで有名な渋いクラウスのターン。 前回からそうだけど、パロディーにかなりの力を入れています。 そしてアニメ、原作共にマリアさんが可愛すぎて、私は...
[2007/12/03 01:20] 福音を告げる場所
マリアさんとかヒナギクさんとか可愛すぎだろう・・・常考で。 『なんか今回作画良かった分、ヒナギクさんとかマリアさんたち女性陣に悶えたよ』   『うん。つか、おかしなのが1個混じってるよね? い
[2007/12/03 01:59] たまにもゆる
ナギの一言が執事長クラウスを追い詰める! クラウス、自らの引退をかけハヤテに勝負を挑むが?! 【感想概略】 原作未読。今回は、クラウスが主役のお話であり、ふだんはそっけ...
[2007/12/03 02:25] 脇街道
今週はまさかのクラウス主役回。ジョジョパロ好きの俺にとってはたまらない回だったwギャルゲー・ラブコメにおいては、脇役の男キャラおよび非攻略対象キャラが一番面白いの法則が見事に発動していたw執事を辞め、余生をタマと共にブラジル農園で過ごすクラウス・・・そ...
[2007/12/03 07:46] 翠蛇の沼
ナギから突然、引退勧告を受けたクラウス執事長。ナギが、隠居しているクラウスの夢を
[2007/12/03 11:43] SUGO FACTORY別館
なにやらブラジルでタマと一緒に過ごす夢によってうなされ、夜中に目が覚めたクラウス。夢のことをナギに話すと、夢は潜在的な欲望の具現化ということで、ナギはクラウスに引退をし...
ハヤテのごとく!第36話、「クラウスは倉臼と書いて日本人」。 原作コミック未読での感想です。 執事長のクラウスさんがメインの話でした。このところタマとならんで変わり者キ...
今週のハム沢は、 某チキン屋の宣伝担当か?
[2007/12/03 22:49] 明善的な見方
ハヤテのごとく! 05川口敬一郎 (2007/11/21)ジェネオン エンタテインメント この商品の詳細を見る ハヤテのごとく! 第36話感想です。 クラウスは倉臼征史郎というれっきとした日本人です♪
[2007/12/03 23:40] 紅蓮の煌き 
 ファウスト博士は人類の有限性に絶望し、神を呪った。天国での幸福よりも現世での充足を渇望した彼は悪魔メフィストフェレスと契約を交わした。――俺はこの世で歓楽を極めつくせればそれでいい。その後でなら魂などくれてやる
[2007/12/04 01:00] Moon of Samurai
クラウスは倉臼と書いて日本人 それでは皆さんさようなら
第36話 「クラウスは倉臼と書いて日本人」 クラウドは蔵人と書いて警察官(ひぐらしより(ぉ ナギの「辞めてもいいぞ」宣告に凹むクラウスさん。ってATフィールド張るなww ハヤ...
[2007/12/05 17:24] 日頃CALAMITY
すっかり更新が遅れまくりのシュージローです。 とにかく第38話と第39話のアレに備えて、急いで書きたいと思います。 いきなり、クラウスが執事を引退してブラジルの農園で隠居生...
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター