ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マリアさんの過去に想いを馳せるかもしれない検索ワードネタ 

 もちろんいつも通りです。真面目に書こうと考えたりもしましたが、
やっぱり無理でした。なので、結局は淡々と文章を綴っているだけです、はい・・・。


マリアさんの・・・孤島
 マリアさんという魅惑の女神に彩られた、秘境という名の孤島。
 そんな場所にたどり着くために何ができるでしょうか?

 ・・・否、そもそも、そんな理想郷など存在しないのは重々承知しています。
それでも、そんな夢を見、果てしなき妄想を続ける事にこそが意味があるのです。

 そんな若干変態めいた想像を自らの力と変え、
今日もまた、明日はきっと、マリアさんを愛でる日が続いていくのです・・・。


でもクラスメート、マリアさんだぜ?
 まぁ、ピンクの女の子が大好きな可愛い男の子には、イマイチマリアさんの
素晴らしき魅力がご理解いただけていないようで。
 ・・・マリアさんがクラスメードだったら、マリアさんの制服姿が拝める!!
ということで、きっと1日中ストーカーに励むことでしょう。

 それにしても、かつて白皇学院に通っていたころのマリアさんは、周囲の人たちから
どんな目で見られていたんでしょうかねぇ?現生徒会長であるヒナギクは、男女問わず
圧倒的な支持率があります。マリアさんもそういう扱いだったと考えるのが妥当にも
思えます。圧倒的なカリスマ性とマスコットキャラとしての魅力を兼ね備えた女の子。

 ・・・・・・・・・妄想って素晴らしいですね。

 もっとも、それ以上に気になるのは、彼女がそんな経緯で生徒会長に選ばれたのか、
という事だったり。1年生でいきなり生徒会長になるのって、ただその器があるだけじゃ
だめにも思えるわけで。誰か絶対的な後援者、それこそ先生たちから支持されていた
愛歌さんくらいに影響のある生徒が。当然、入学時点で既に学園全体でその名が
知られていることも必要でしょうし。
 マリアさんの上級生に彼女の素質を見出した逸材がいたのか、愛歌さんのように
何らかの理由で留年した人が、後援者としてマリアさんの背中を押したのか・・・。
どうにもマリアさん自ら積極的に立候補・・・というイメージが持てないもので。

 牧村さん以外にも重要なキャラが、マリアさんの白皇生活を支えていたのかなぁ?


マリアさんのサービスシーン
 甘い甘い、マリアさんが出るだけで全てを凌駕するサービスシーンなのです!

 1コマでも、一瞬でも、台詞だけでも、回想シーンだけでも。
 ナギのお弁当でも、アップルパイでも、もちろん、生まれたままの姿でも・・・!

 ハヤテのごとく!最大の読者サービスは、マリアさんの存在そのものなのだー!!


忌まわしき過去とマリアさん
 そもそもの問題として、マリアさんの過去がそれ程忌まわしいものだったのかが
重要な気もしますね。マリアさんは自分が捨てられていたという過去を知っている。
その理由が何であれ、彼女にとっては辛い過去と言わざるを得ないでしょう。

 しかし、もしかしたら、未来こそが彼女の背負った重い宿命なのかも・・・と、
思ったり思わなかったり。何となくではありますが、マリアさんの過去は忌まわしいの
ではなく、そもそも過去を持たないに等しいんじゃないかと。

 ハヤテであるならば、不幸であったとしても家族との生活は記憶に残ってますし、
ナギは両親がずいぶん前に他界しているので、そこで1つ区切りが付いてますし。
マリアさんは過去がないことで、まだ彼女個人の物語すら始まっていないのかも。

 そして、マリアさん個人が物語の中心に立ち、確かな「過去」を得ることが
ハヤテのごとく!終了へのカウントダウンの合図に・・・なるのかなぁ?


でも、じゅうななさい・・・ですよ?
 そうです、17歳のマリアさんには、誰にもない圧倒的なまでの魅惑のパワーが
秘められているんですよ!もちろん、ヒムロや愛歌さんとは比べ物にならないほどに!

 ・・・が、それはあくまで現時点での話です。

 このまま連載が進めば、ハヤテのごとく!という漫画は着々と歩みを進め、
いつかはマリアさんが17歳という年齢でなくなる日も訪れることでしょう。
・・・それが実時間で何年後の話になるかは全くの不透明ではありますが。
 その時、マリアさんは今のマリアさんのままではなくなるはずです。

 この作品にとって、マリアさんが17歳である事には意味があるように思えます。
厳密に言えば、主要キャラの中で1人だけ年齢が違うということに。
135話のメイド話で距離を置かせたり、メインヒロインでありながら、現時点では
ラブコメとは無関係の立場にあったり、恐ろしいまでの疎外感に溢れています。

 そして、それこそマリアさんの本質であり、17歳であることの意義なのかも。あとは、
5月15日で「ハヤテ→マリアさん」に何かを感じ取った西沢さんが17歳になり、
11月11日でマリアさんに憧れのような感情を抱いているハヤテが17歳になるわけで、
そこで一時的とはいえ同じ年齢になることで何か変化が起きたらいい・・・かも
しれませんが、普通に何も起きなさそうな予感。

 ・・・イマイチまとまりが悪いですが、これにて駄文垂れ流しは終了なのです。
[ 2007/11/02 21:05 ] マリアさん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。