ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく! 第150話 感想 

 内容的に短くなりそうなのに、結局は長くなってしまったハヤテのごとく!の
第150話「迷子。迷うから迷子。俺は人生で迷子。たーすーけーてー…」の感想です。

 ・・・たまには2000文字以内に抑えたいものです。
自分の記事を読み返すと無駄に長すぎる気がして、どうしたものでしょうか。
どうしたら皆さんのように、コンパクトで内容もある感想が書けるのやら。


戦いの前書き
 扉絵には我らが孤高のヘタレ戦死・東宮君。まさか野々原とこんな特訓の日々を
送っていた時期もあったのでしょうか?密かに陰で努力・・・していたらここまでには
なっていませんね、はい。
 あと、小谷アナウンサーはご苦労様です。猛獣とは縁があるんでしょうね。ここは
意表をついて「小谷アナウンサーにフラれた彼による嫌がらせ説」を推しておきます。
こういう男女トラブルは些細な事か大事件に発展するものです。たぶん。

 さて、そんなニュースを眺めつつ、華麗なるお留守番生活をされているマリアさんは、
何やら笑顔でハヤテたちの状況を予見したりもしています。
 こういう状況把握能力はマリアさんの十八番とも言えるのかもしれません。
もっとも、その能力が生まれつきなのか、帝による英才教育の類か何かで
意図的に習得させられたものなのかは、判断が難しそうではありますが。
お屋敷に留まっている事が多いので、その力が活かされる機会が少なそうですけどね。
まぁ、考えようによっては、これまでにも見えない所でその能力を発揮していて、
そのおかげもあってナギのお屋敷は平穏を保てているのかもしれませんが・・・。

 帝がマリアさんを通じて、ナギを守らせようとした結果がこれなのかも。
表面上は距離を置いているようで、心の底では・・・みたいなパターンという感じで。


逃げる2人、立ち向かう1人
 謎の男性が逃がした凶暴な熊に追われる執事×2。
この2人が本気を出せば普通に勝てそうな気がしなくもないですが、
やはりそこはお荷物の東宮君を庇いつつ・・・となるので大変なのかなぁ?
あとはまぁ、虎鉄がハヤテに謎の合体技を強要しかねないイメージもありますし、
実質的にはハヤテが2人のお荷物を抱えたままで戦わなければならないのかも。
いかに2人が強くても、戦闘のパートナーとしての相性は最悪でしょうしね。
それ以外には、この熊の能力自体が半端じゃないという線も捨て切れませんが・・・。

 そんな微妙な執事たちを尻目に、独自の剣道を極めし東宮君が立ち向かうのです。
日本語を介した異文化コミュニケーションを提案するとは、流石の一言です。
その後、ハヤテに助けられ何だかんだで感謝する東宮君を見ていると、
かつて136~137話で大冒険を繰り広げたタマとシラヌイを思い出します。
冒頭に小谷アナウンサーを持ってきたのは、それも意識してのものなのかも。

 ・・・あの話と何かテーマとかに繋がりでもあるんでしょうかね?
心なしか、ハヤテへの命の恩人フラグも立ちそうな感じがしますし。


いったいなんでこんな目に…
 この150話で、1番引っかかったのがこの台詞だったりもします。
ハヤテが熊から逃げながら心の中で囁いたフレーズがこれなのですが、
不幸であることを自他共に認めている状況にもかかわらず・・・というのは、
どうにも不思議に思えまして。
 
 ハヤテの不幸スキルを考えると、伊澄と初めて出会った際の反応なども踏まえて
「不幸な目に遭いそうなときには何かそういう予感がする」というのがデフォルトで、
今回はその兆候が一切なかったんじゃないかと妄想してみたり。
そうでもないと、自分が不幸な目に遭うのに疑問を持つのもちょっと変ですし。
もっとも、127話(ホワイトデーの話)で自分がいつも不幸な目に遭うことに対し
「本当に僕は…僕はいつもなんで…」とさり気無く不満を漏らすこともあるので、
自分が不幸であることは理解しつつも、認めたくはないのかもしれませんが。


ワタルVS愛歌さん
 伊澄のスキル「迷子」が発動し、パーティから離脱してしまいました。
 ワタルのスキル「年上キラー」が発動し、愛歌さんがその毒牙にかかりました。
 愛歌さんのスキルは捨てられない装飾品「飛行石」によって封印されていました。

 もっとも、このまま愛歌さんがされるがままに終わるわけはないんでしょうけども。
今後の2人の激しいバトルにも期待したいところです。
 とはいえ、この2人だと戦闘スタイルは決定的なまでに違うんですけどね。

 無意識のうちに、特定の相手(年齢層)に対してのみ狙い撃ちしているワタル。
 意識的に、しかし不特定多数に近い相手に攻撃を加える愛歌さん。

 無意識のうちに先制攻撃を仕掛けてしまったワタルの行く末が心配です。
何より、先日の咲夜押し倒しイベント等も含め、他のヒロインと相反するように
伊澄との距離が遠のいているようにも思えますし・・・。

 年上キラーの能力こそ、ワタルの対伊澄攻略作戦最大の弊害なのかもしれません。


不幸の元凶は
 愛歌さんとしては、あの呪いのアイテムが原因と考えているみたいですが、
その真意は不明。そもそも伊澄と同じ班であったのなら、先に伊澄がその気配を
察知しそうな気もしますし、既に誰かの手によって浄化はされているのかな? 
 実は高尾山がその呪いの効果を増幅させる効能があったりもして、
ナギの「破異鬼ん偶」という発言はその辺までも意識した畑先生なりの
メッセージだった・・・というのはないでしょうけど、それはそれでありなのかも。


追い詰められた東宮君、ハヤテの本能が告げる危機
 ハヤテに積極的かつ大胆な求愛行動を仕掛ける虎鉄少年。拒むハヤテ少年。
未知の世界への扉が開かれ、無事に東宮君だけを危険な状況にさらすことに成功。
これも2人の執事が導き出した結論なのでしょうか?
ここであの野々原さんから、こういうスパルタ教育に走るだろう・・・と。

 熊に追われる立場となった東宮君は、野々原の言葉を思い浮かべます。
もう自分の元に頼れる彼はいない。しかし、自分にできることはいくつもない。
そんな状況を見ていると、暫定最終回でのナギの心境を重ね合わせたくもなります。

 「野々原――――!!」
 「お呼びになりましたか?お坊ちゃま………?」
 「野々原?お前、どうして?」
 「どうしてってそりゃ…お坊ちゃまが、私の名前を呼んだから…」

 つまり、これは「野々原×東宮君メインのノーマルエンド」なのかな?
・・・もっとも、ナギの時と違って、その分最後に制裁を受けそうではありますが。

 そして、そんな自分の非力さを嘆く東宮君を庇って、ハヤテが負傷。
今までハヤテが怪我の類で苦戦を強いられたことはあまりない記憶がありますが、
今回はどうなることやら。それ以前に、ハヤテが東宮君の身代わりになるシーンが
執事クエストで毒の罠からナギを庇っているシーンを思い出させたりもしたのですが。
とすれば、ここで神父さんが的確なアドバイスをしに降臨されたりするのかな?

 そして愛する者を救うため、虎鉄が熊に正義の鉄槌を下す展開になるのかな?
最後には、2人の間に危険が関係が成立してしまうという・・・。

 これである意味、2通りのエンドが可能になったとも言えるのでしょう、たぶん・・・。


ナギは成長してますって
 「山を買い取って平地にしてやる」と愚痴をこぼしつつ、自分の足で歩きつつ、
リュックwithマリアさんの愛情が詰まったお弁当箱も背負ってますし、
十分に成長しているといえそうな気がします。美希や理沙と同じ土俵で物を語れる
時点でも、少なからずそういう余裕があるのも確かでしょうし。

 HIKIKOMORI度数は相変わらずですが、バイト編での対西沢さん、
咲夜の誕生会でのマリアさん絡みの話、そして今回の高尾山遭難事件。
全てはナギの成長に通じているような、そうでもないような・・・。


 どれも純粋にギャグとして流すだけでもよさそうなんですけど、見方によっては
いくらでも妄想できるようなお話だった気もします。

 ヒナギクの班が迷子になっているかどうかは微妙ですが、雪路が迷子になったのも
不思議といえば不思議なんですよ。金や地位の保全させ絡めばスペック以上の
能力を発揮できるのに、今回は完全に迷子になっているわけですし。
伊澄の迷子パワーが感染したのかもしれませんが、それにしても無理がありますし。
ここにいる面々以外に不幸をもたらす要因が別にあると考えるのが自然なのかも。
・・・等と、自分に都合のいい邪推をするにも申し分ない150話だったんじゃないかと。

 以上、昔の話と比較しすぎてゴチャゴチャになってしまった感想なのでした。



トラックバック送信先

360度の方針転換

虎鉄ほどの一流の執事にもなれば、必殺技をかましつつも、
隙を見てハヤテにも別の技を仕掛けそうではありますが・・・。

Moon of Samurai

ヘタレ臭は相変わらずですが、実際東宮君が成長するには、またとない機会にも
思えますしね。これが野々原の考えた教育方針であるのなら、何らかの結果が
得られても不思議はないでしょうしね・・・。

星の海へ行こう!

こうして順を追って見てみると、ワタルの行動には一貫性があり、あたかも
計画的犯行に見えてしまいますね。・・・仮にこれが本当に計画的だったとしたら、
ワタルの本性が危険すぎて言葉もありませんが。

タカヒナの乱雑日記

飛行石に関してはいくらでも妄想の余地がありますからね。それを考える上で、
確かに三千院家の血筋の流れに思いを馳せるのは有効といえそうです。

今の気分±0

ハヤテが男女問わず好かれるのには一考の余地があるかもですね。場合によっては、
飛行石による不幸の代償として、人に好かれやすくなるという可能性もありますが。

ヒナギク様をみてるっ!?

その数字の重みを頭では理解しつつも、体の方が納得できずに試行錯誤をするのが
人の常なのでしょう。・・・実に悲しい性ですね。

サクラ咲く夜に

記念すべき回だからこその東宮君単独扉絵にも思えたり、そうでもなかったり。
そして、あれだけで恐いと判断してしまう会長さんが1番恐いです、はい・・・。

乱文乱舞ランブル

考えてみれば、ヒナギクは露出も少なめですし、ある意味トラブルよりも
To LOVEるに遭いにくいキャラの気もいたします。

暇ワリの咲く頃に

そうですとも、マリアさんの能力は偉大以外の何物でもないですよ!
もっとも、今回に関してはハヤテに限った不幸ではないのかもしれませんが。

しっぽきり

あの抱きつき行為も含め、不幸の元凶が東宮君にある気がしたり、しなかったり。
その意味では、東宮君が主人公のハイキング話と捉える事もできるのかも?

ひなぎくのなく頂に葱

まぁ、仮に虎鉄という名の変態抜きでも、ハヤテは十分に黒い気もしますけどね・・・。

~器用貧乏人宝~

早すぎる子離れというのはあるかもしれませんね。もっとも、あの関係を
維持し続けていたら、いつまで経っても成長しなさそうな気もしますけどね・・・。

蒼のごとく!

ハヤテのごとく!の物語の深さを考えると、ワタルが誰ともくっ付かずに本編終了と
いうのはあまりなさそうですが、ここまで進むと伊澄以外の誰かになりそうな予感。
それがトゥルーエンドと言えるのかどうか・・・。

くるくるばたばた

東宮君の成長物語に見せかけて、実は既に立派に成長していたという流れだった
わけですか。そんな彼をも利用する借金執事が1枚上手とも言えそうですが。

万事屋あんごるも

雪路同様、スペックはあつけど使い所を間違っているのが虎鉄なのかもしれません。

さくら日記

自分が考えていることが事実になるなど、微塵も思っていないからこその満面の笑み
なんでしょうね。その事実を知ったとき、当のマリアさんはどんな反応をするのやら。

tanabeebanatの日記

新世界への旅立ちと共に、長期連載をも見据えた構造改革というわけですか・・・。
確かに、ここまでヒロインがオマケに感じるお話はなかったかもですね。

White&Pure

マリアさんの笑顔が世界を救う!そもそもマリアさんさえいれば世界は自ずと
平和に向かって突き進むぅ!愛は地球を救うってどこかの番組でも言ってましたしね。

福音を告げる場所

ハヤテとの比較で考えると、どちらが上かは評価が分かれそうですね。
両方で全ヒロイン攻略・・・はないかなぁ?

ちょっとずれたところ

そんな伊澄さんが、最後は熊をやっつけてくれるに違いありません。
もちろん、ナギに能力を悟られないようにするのは当然でしょうけど・・・。

ヘイルトゥ一休さんっ!!

あるゆる愛の形が混在するハヤテのごとく!きっとそんな混沌とした状況下なら、
神父さんもやってくるはずです。話せる相手が限られているのが最大の問題ですが。

疾風のように輝いて

そう、どう考えても予想は困難を極めます。しかし、だからこそ妄想力を最大限まで
高めて、自分に都合のいい邪推をする絶好の機会でもあるのです。

御汰紋の戯言

良くも悪くも、面倒事をワタルに丸投げしてしまっている感は拭えないかもですね。
まぁ、そんな些細な事よりデフォルメ愛歌さんイラストの可愛らしさが気になりますが。
[ 2007/10/31 19:00 ] ハヤテのごとく! | TB(23) | CM(4)
長さだけでなく、内容も充実しているのがすごいですよ。

>小谷アナウンサーはご苦労様です。猛獣とは縁があるんでしょうね。
>ここは意表をついて「小谷アナウンサーにフラれた彼による嫌がらせ説」を推しておきます。
>こういう男女トラブルは些細な事か大事件に発展するものです。たぶん。

ΩΩΩ<な・・・なんだってー!!

見事すぎる・・・鮮やかすぎる推理だわ、
れろ子!

そのように軽やかに論理の中で踊れるのなら、
プリマドンナへの道も十分開けているわ!

・・・いいえ、たとえ、その道が茨の道でも、
マリアさんの愛のムチだと思って歩むのです。

きれいなバラに棘がある意味も、
人が山に登る意味も、
強くならなければならない意味も、
宿命も、

みんなみんな、マリアさんに祝福された、
光の中で・・・

よろこび、かなしみ、そしてまた執事、
喜怒哀楽に分けられない感情も、
士農工商から外れた執事という渡世人も、
それもすべて、
マリアさんの愛の中なのです。

あと、山頂には絶対、牧村さんいますから。
[ 2007/11/01 00:24 ] [ 編集 ]
>ニコさん

内容ですか・・・。もっとも、長すぎると読み手に負担がかかるので
何とも言えないところではあるのですが。

・・・れろ子?ヒナギク命名のあだ名でございましょうか?
とりあえず、軽やかな論理でなど踊ってはいません。
狭き妄想の中で、ひたすらのた打ち回っているだけなのです。
むしろ、ニコさんがプリマドンナの道を歩みくださいませ。

>マリアさんの愛のムチ

全てを愛のために生きろと?マリアさん愛を貫き通すことが我が人生と?
マリアさんという名の祝福の言霊を胸に、
全マリアスキーは険しくも温かき道を突き進み、
行き着く先には輝かしき未来が手を開いて待っている。
雄大なる愛の世界で、真実の愛を見つけるために・・・。

そこにはきっと、牧村さんも待っていることでしょう。
もっとも、彼女なら最後の最後に、とっておきの試練を
用意してくださっていそうですが。
それを乗り越え、山頂にある唯一無二の愛を掴み取るために・・・!

・・・いつになく支離滅裂な文章ですが、気にしてはいけません。

コメントありがとうございました。
[ 2007/11/01 10:00 ] [ 編集 ]
TCGの第2段を箱買いしたらSR以上のカードはすべてナギだったのでひどく落ち込んでいるnoneです。マリアさんがほしかった・・・。
今週はマリアさん出てこないと思っていたので出てきてくれたよかったです。

>年上キラーの能力こそ、ワタルの対伊澄攻略作戦最大の弊害なのかもしれません。
ワタルを見てると伊澄を攻略する気があるのかすら疑問に思えてきます。
[ 2007/11/01 18:58 ] [ 編集 ]
>noneさん

カードの箱買いですか。私には到底できない芸当なので、尊敬に値します!
それでマリアさんが出ないとは何らかの陰謀説も・・・。
まぁあれです、それだけマリアさんが希少価値の高いカードなのでしょう。
普通に考えれば、どれも同じような数なんでしょうけどね。

今週は・・・ええ、マリアさんの満面の笑みが見れてよかったです。
高尾山ハイキングの間は多く出ることはないでしょうけどね。

>ワタルを見てると伊澄を攻略する気があるのかすら疑問に思えてきます

ですね。もちろん年上キラーは無意識のものでしょうし、
逆に伊澄は意識しすぎるあまり距離を置いてしまっているのかもしれませんね。

コメントありがとうございました。
[ 2007/11/01 21:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/554-3bc3d69e

 今週の絶望先生はなんだかいつもと絵が違う気がしました。画風が変わったとかじゃなくて別の人が描いてるように見えましたよ。アシさんの割合が多かったのかな? さて、いきなり絶望先生のことが書いてありますがこれは“ハヤテのごとく!”の記事ですよ(笑)...
 人は皆人生の迷子というけれど、我々の乗っている星からして惑う星――すなわち迷子星ね!人類みな迷子!!巨大な遭難船、地球号!!!  船長、舵が利きません?なにぃ、よく確かめろ!  そんな遭難船の小さなでっぱりで道に迷ったさまよえるオランダ移住希望人たちの?...
[2007/10/31 19:13] 360度の方針転換
(この記事は少年サンデー48号のネタバレを含みます)
[2007/10/31 19:32] しっぽきり
第150話 迷子。迷うから迷子。オレは人生で迷子。たーすーけーてー… タイトルを見ると伊澄さんが活躍するのかな? と思っていたのですが、登場は最後の1コマだけでした。 つーか、記念すべき150話で東宮単独の扉
[2007/10/31 19:53] サクラ咲く夜に
 ハヤテのカレンダーもそうだが、ヒナギクさんのぬいぐるみが欲しくてたまらない…。バイト代入ったら買ってこよう。
[2007/10/31 20:15] 星の海へ行こう!
表紙の東宮にときめいた自分が嫌w あれクマだったのかwガンバの大冒険かと思った 東宮、本当可愛くなってるw やっぱり石の力なのか ドS姉ちゃん可愛い所あるな~ ...
[2007/10/31 20:16] ひなぎくのなく頂に葱
話数的には区切りが良い150話目の扉絵は東宮君 それは特に言うことは無いとして 先週よりサブタイトルはとんでも無いことになってますけど大丈夫ですか? 相当切羽詰まってるのだろうか・・・ ______________
[2007/10/31 20:34] 今の気分±0
今週のハヤテのごとく! 今週の扉絵は東宮の坊ちゃんでした。 …どうやら畑先生の中では今、東宮の坊ちゃんがブームらしく 可愛くて仕方ないらしいです。(畑先生のBS参照) 以下...
[2007/10/31 20:48] ~器用貧乏人宝~
私の中で掘北真希は14歳でファイアーエムブレム烈火の剣のCMに出ていた印象しかありません と表紙ネタではじめてみた今回は150回の記念の回でございます・・・ですが扉絵東宮・・・なんで・・・w ここはナギお嬢さまじゃないのかー・・・本編に入ります タマ回のア
[2007/10/31 20:58] 蒼のごとく!
 山に来るとつい気が迷う……第150話「迷子。迷うから迷子。オレは人生で迷子。たーすーけーてー……」  前回に引き続いて畑先生の絶望と慨歎が炸裂しているサブタイトルでした。単行本第一巻の裏表紙にあるような打ち切り
[2007/10/31 21:07] Moon of Samurai
山に来るとつい気が迷う……!ハヤテのごとく!第150話「迷子。迷うから迷子。俺は人生の迷子。たーすーけーてー……」のヒナギク様 今週は一コマ! さて、私はこの一コマでなにを...
山に来るとつい気が迷う……!ハヤテのごとく!第150話「迷子。迷うから迷子。俺は人生の迷子。たーすーけーてー……」 先週からの続きで、ハヤテたちは熊に追われてます。 ええ、紛...
[2007/10/31 21:15] タカヒナの乱雑日記
ハヤテのごとく!第150話「迷子。迷うから迷子。オレは人生で迷子。たーすーけーてー・・・」の感想です。 ついこの前100話だったような気がするのにもう150ですよ。はーやーいーなー。 それにしても、先生・・・
[2007/10/31 23:31] 万事屋あんごるも
某所のネトラジを聞きながらの更新^^(流行に乗ってみた) ハヤテのごとく!第150話「迷子。迷うから迷子。オレは人生で迷子。たーすーけーてー・・・」のマリアさん 珍しくハヤテが命の危険に。 例のタマの苦難の回
[2007/10/31 23:35] White&Pure
クマが何度見ても巨大ネズミにしか見えないのはおいといて… 漢達の生き様が熱い!燃える!そして萌える第150話の感想です。
[2007/10/31 23:52] さくら日記
今週も先週の続きでハイキング。怪物はノロイかと思ったら熊でした。間違ってごめんなさい。 学校帰りに迷子になったこともある私は、迷子と言う単語に敏感です。人生の迷子?若いう...
[2007/11/01 00:27] 福音を告げる場所
 ジンとシェリー何故か吹いてしまいましたごめんなさい僕が悪かったです自分のふがいなさが恥ずかしいですこのせつなさから逃れたいので僕を支配してください蠅さん
[2007/11/01 01:30] くるくるばたばた
ハヤテのごとく! 第150話「迷子。迷うから迷子。オレは人生で迷子。たーすーけーてー…」の伊澄さま。 伊澄さまー!!
[2007/11/01 09:08] ちょっとずれたところ
俺も人生で迷子。た~す~け~て~。 それはともかく、トビラは多分初めてであろう東宮少年には照れが残ります。 中国っぽい服を着てロケ地:多分高尾山。 というかサンデーでこ...
[2007/11/01 21:40] 乱文乱舞ランブル
切りのいい数字らしく、というよりこの漫画の場合は切りのいい数字なのに珍しく、新しい世界に一歩踏み出す展開でした。 今週のハヤテのごとく!はハヤテらしくないです。一読してそう感じました。それはなぜか?ちょっと考えてみました。 男の子が主体の話だから! この漫
[2007/11/01 22:28] tanabeebanatの日記
第150話「迷子。迷うから迷子。オレは人生で迷子。たーすーけーてー…」感想。 …もうこのPCからオサラバしたいです。誰かたーすーけーてー…。 さて、それはさておき。 今週は各地で迷子フラグが予想されていま
[2007/11/01 23:09] 疾風のように輝いて
愛の逃避行。運命に弄ばれて、愛の残虐試練から逃げまくっていたふたり。とにかくひたすら走り抜け、木の上などに隠れたりとかするのでございました。  愛の放置プレイ。このまま愛に流され生きるというのもよいけれど、いやしかし、自分が仕えるお嬢さまのことも心配で...
 ども、3週間近くぶりになります。  前回の絵を描いた後に、練習として全身絵を描いていたら気力がなくなってしまい、 別の絵を描くのもブログを更新するのも期間が開いてしま...
[2007/11/04 06:42] 御汰紋の戯言
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。