ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

三千院ナギお嬢さまの台詞集 4巻分 

 「私の執事を…やらないか?」

 そんなナギの一言が、耳に心地よく残ったり残らなかったりする。
・・・等とダラダラ考えつつ、お嬢さまの台詞をのんびとご堪能くださいませ。


第32話「Hayate the combat butler」

「ハヤテ?」
「お前、どうして?」
「え?あ、うん。別に平気だけど…」
「あれ?」
「え!?」
「!!」
「ハヤテ…」
「ハヤテ!!」
「バカ!!お前そんな事冗談でも言ったら……どんなに危険かわかっているのか!?」
「私相手ならまだ手加減してくれるかもしれんが…お前では本当に命がないぞ!!」
「え?」
「……」
「ハヤテ!!」
「危ない!!」
「……」
「ハヤテ。」
「へ…」
「いやその…」
 勢いでクビにして悪かった…
 謝るから…だから私と一緒に屋敷に…
「……」
「へ?」
「あ…」
「それはその……」
「あ…
「じゃ…じゃあ…」
「私の執事を…」
「やらないか?」


第33話「アニメだったらオープニングがかわります!」

「人生の意味って…」
「なんなのだろうな…?」
「……いや…」
「だが…生きた証というのは…誰かに与えられるものではないと思うのだ…」
「人間として生まれてきたからにはもっとこう…!!
 自分らしい生き方みたいなものがあると思うのだ!!」
「い…!!言いわけなどではない!!」
「わ…!!私は!!私は哲学の命題についての話をしているのだ!!」
「そうだ!!だからつまりソクラテスだ!!ソクラテスの話をしようとしただけだ!!
 わかったな!!」
「じゃあ!!」
「そういう事で私は寝る!!」
「ハヤテのバカ!!」
「明日から一緒の時間が減るというのに!!」
「太陽って…」
「なんで毎日昇るんだろう…」
「まったく…」
「だいたいわかっていないのだ太陽の奴は…」
「マメに落としたり休んだりするするからこそ…載っている時にありがたみを
 感じるようになるというのに…」
「なんだ?こんな朝っぱらから………」
「うあああ!!バカかお前はああああ!!」
「どうしてそんなデリカシーのない事をお前はぁあ!!」
「て言うか、なんでハヤテが私の服を―――――」
「!」
「え?「ご一緒させてもらえる」?」
「な!?ハヤテが?登下校を!?」
「ばっ!!そんな手に私が―――!!」
「しかし大みそか以来だな、ハヤテの自転車乗るの。」
「まぁ別に学校に行かなくても………」
「このまままた海に行くのもよいけどな。」
「まったくハヤテの奴め…」
「乙女心のわからん奴だ。」
「さーて、ハヤテもうまくまいたし、」
「適当に時間をつぶして…」
「あれ?もしかして私………」
「カードとかケータイとか全部カバンの中…?」
「ていうかいつも車で通っていたから…」
「ここがどこかもわかんないし…」
「これはもしかすると…」
 迷子?
「いやいや、そんな事なるものか!!」
「帰れるさ!!一人でも!!」
「ハヤテなんかいなくても、一人で不登校くらいなしとげて…」
「はっ!!」
「や!!何やら名のある猫とお見受けするが…先を急いでいたものだから!!つい!!」
「はっ!!」
「こっちも!!」
「!」
「やっ!!それはダメだ!!」
「この制服はハヤテがせっかく洗ってくれたものなんだから!!」
「ハ…!!」
「ハヤテ―――――!!」
「なぜだ!!」
「学校に行けばその間お前と私は離れ離れだというのに…」
「どうしてそんなに学校に行かせたがるのだ!!」
「………」
「あ…」
「ご…ごめん…」
「ん?」
「いやいや知らないのかよ!!ていうか二人揃っても迷子なのかよ!!」


第34話「先生が死ねと言ったらお前は死ぬんだな!?」

「べ…別にサボったわけではない!!」
「ただちょっとその…たどり着けなかったと言うか…なんて言うか…」
「お前が言うな。」
「伊澄だっていつも迷子になるではないか!」
「なお悪いわ!!」
「ああなるって何が?」
「「ヤンキー」な。別にどちらもなりたくない。」
「たどり着けなかったのはただハヤテと一緒に行っただけさ。」
「けどハヤテの奴、白皇までの道を知らなくて…」
「!」
「しまった!!伊澄は一昨日ハヤテに告白したばかり!!」
「おや?」
「あの…伊澄…」
「いや…ちゃんと聞いておきたかったんだけど…」
「伊澄は…ハヤテの事、どう思っているのだ?」
「ん…そ…そうか…」
「え…?」
「いや…まぁ……」
「へ!?何が?」
 ワタルが好きなのはお前だけどな。
「ではおやすみ~」
「ん?ああ…」
「そういえば…」
「ハヤテも学校行きたいのかな?」
「いや…今日学校に行く時…」
「よし…」
「決めたぞマリア。」
「ずっと考えていたのだ。」
「先日の件でハヤテにはずいぶんと迷惑をかけたので、何かワビをしなくては
 いけないと…」
「あなどるなよマリア。」
「かつてドモ○の父、カッ○ュ博士もこう言った…」
「「問題があってもそれがわかっているなら間違いを正す事もできるはず」と!!」
「だから私はハヤテを…」
「白皇学院に通わせようと思う!!」


第35話「バカもケムリも猫も高い所に登りたいわけじゃない」

「え?」
「今日お弁当がいる日だったのか?」
「あーそうなんだ、しまったな。」
「ん~まぁ別にいいよ。 別にお腹すいてないし.
「このカフェテリアでサンドイッチでも食べれば十分に。」
「……」
「黒服の不審者って……」
「まさかハヤテ……か?」
「ハヤテだったら先生に見つかって怒られるのも忍びないし…」
「ここは私が…」
「とりあえず…不本位だがヒナギクにでも協力してもらって……」
「伊澄、私ちょっと行ってくる。」
「先生…あの、ヒナギク知りませんか?」
「私、そんなに無愛想ですか?」
「で…」
「ヒナギクはどこに?」
「そんな…猫じゃあるまいし…」
 学校でガンプラですか


第36話「世界を革命しない力」

「ハヤテが私の忘れた弁当を届けに学校に来てる?」
「まぁこの学校はヴァ○・ディール並みに広いからな。」
「しかしそうか…ハヤテが私のために愛妻弁当を…」
「だがわかったマリア。安心せよ!!ハヤテの愛情は私がしかと受け取っておく!!」
「うんハヤテが愛妻弁当を持ってきてくれるのだ


第37話「僕らは昔、宇宙刑事に若さとは振り向かない事だと教わった!」

「お、ハヤテか。どうしたのだその顔。」
「ところでケータイ買ったんだってな?」
「ちょっと貸してみろ。」
「ん~?」
「よし!!」
「はい
「アドレス帳の1番に私を登録しておいたぞ
「うむ!!メールでも電話でも好きなだけするがよい!!」


第38話「夏を制する者は受験を制すらしいっすよ」

「おお、ありがと。」
「とりあえず封を開けてくれ。」
「お?……おお。」
「ん~?」
「ああ、編入手続きの書類だろ?お前の。」
「だからお前が白皇に編入するための書類だよ。」
「うん 今、初めて言ったから。」
「とくに知ってるよ。そっちの学校の書類もとりよせたから。」
「あ…そうなんだ…」
「何を言ってるのだ。そんなの私が出すに決まってるだろ?」
「も~ なんだよ~」
「私と一緒に、」
「学校行きたくないのかよ。」
「それにこれは私からの礼みたいなものだから気にするな。」
「!!」
「わ――――っ!!何、泣いているのだ!!」
「いやいや、私は何もしてないぞ!!」
「生きてたのか…」
「おい!! 今さら――!!
「え?」
「ちなみに試験明日だぞ。」
「まぁ…普通に英語とかじゃないのか?」
 その参考書では絶対、受からんと思うがな…。
「え!?」
「ていうか普通じゃないって先生…」
「私は一応この前、その普通の試験を受けてここに入学したのですが…」
「そんな前ばかり見ているのもどうかと…」
「四角だと少しズレただけで中に落下しちゃうだろ?」
「四角形の対角線はその四辺よりも長いからな。」
「当然だ。伊達や酔狂で白皇に通っているわけではない。」
「うちのハヤテをバカにしているのか?」
「それとも教師なら何をやっても許されるのか?」
「そうだ…確かに普通に考えればこれは道具を使ってバナナを取るサルの知能テスト。」
「しかしレドモンド式面接試験は大抵「最初に連想したものが不正解」!ならば…」
「え?てかこれ動物虐待ですよ。」
「まぁこの試験にかけてますからね。」
「どうだった?」
「フ…何を今さら弱気な事を。」
「受かっているさ…」
「私の見込んだお前だ。」
「だから一緒に、学校に行こう。」
「とりあえず、気が早いが合格祝いでもしようか


第39話「Funny Bunny」

「心配ない!!」
「ハヤテならきっと合格してるさ。」
「では早速パーティーの準備だ!!」
「まったくクラウスの奴…本当は二人きりでパーティーしたかったのに…」
「ハヤテのお祝いじゃなかったら、とっくにすっぽかしているぞ。」
「………」
「ま…ハヤテが嬉しいならよしとするか…」
「おお それはよかったな~」
「しかしなぜヒナギクまで来てるのだ?」
「え゛っ!?」
「なんでもないぞ!!」
「ていうか今さらどうやって合格してないなんて伝えるのだ!!」
 生徒会長の力で何とかできないのか!?
「ついに告げちゃうのか!?」
「そうだ!!大体誰のせいで不合格になったと!!」
「ハヤテ?」
「ハヤテ!!」


第40話「一流はカレーが好き」

「制服?」
「別にいらんだろ?」
「心配しなくてもあの学校にはハヤテ以外にも執事がいる。」
「それに執事服の方が、みんなに一目おかれるぞ。」
「でもそれ以上に問題は、一緒のクラスになれるかどうかだ。」
「そうか…ハヤテ知らなかったのか………」
「私は飛び級してるから、」
「今、高校一年生なんだよ。」
「そんなに驚くなよ。」
「それ以上言うなよ。」
「ちっちゃい言うな!!」
「………」
「ええい!!だったらこれを見よ!!」
「つっこむ所はそこではなぁい!!」
 もー!!
「だから最初からそう言っているではないか!!」
「ていうかお前、私の言う事はなかなか信じないのに、マリアの言う事は
 すぐ信じるんだな。」
「まったく!!人をバカにしおって!!」
「こう見えても私の成績は――」
「ん…ああ…」
 そんな無邪気な笑顔で見おって…
「まったく…今日だけだからな、こんなの。」
 ねむ…
「は?いや、知ってるよそんなの。」
「大丈夫かお前…まぁ喜んでくれてるならいいけど…」
「ん~?」
「別にすごかないよ。」
「飛び級は私だけじゃないし、毎年数人はいる。」
「それにこの学校における飛び級の記録保持者は、」
「10歳で入学して13歳で卒業している。」
「おまけに生徒会長を2期連続で務め、成績は3年間ぶっちぎりのトップ。
 最優秀生徒に贈られる銀時計を3つも持っている強者だ。」
「いるんだよ。そういう化け物みたいな奴が…」
「お前のすぐ側にな。」
「ん?」
「お前が来たいと言ったんだろうがぁ!!」
「だから私は最初から!!」
 たぶんな
「んむ ああ、そうかもな。」
「どうでもいいけどお前…」
「ネクタイ取られたまんまだぞ。」
「いや、窃盗だよ完全に。」


第41話「サムライ、ブシドー、動くヴァンダム」

「……」
「…………」
「え――?そうか――?」
「人がいっぱいいるからな~」
「私はできるだけ静かにひっそりと、一日の大半をまんがとゲームに費やしつつ
 生活したい。」
「飛び級したのだって…6・3・3・で12年も学校に行きたくないからだからな。」
「え?」
「………」
「!」
「へ?」
「いや…あ…うむ…」
「私も…」
「ハヤテといられて…」
「!!」
「ヒ…!!ヒナギクお前!!」
「へ?な…なんで?」
「や…!!ば…ばかもの!!」
「いいんだよ私は…」
「そういうのはもう…」
「む…!!ヒ…ヒナギク!!」
「ば!!ばか、それは!!」
 高校に入学した時………
 さすがにこのまま引きこもりはまずいかなーと思った時期があった。
 だからその時…何かスポーツでもやろうかと思ったんだ…
 すごく…
 かっこよかったから。
「………」
「いや…」
「だって…」
「木刀も竹刀も重くて…」
「うまく動けないんだもん。」
「子供用なんか誰か使うか!!」
「ああ!!それだけでやめたんだ!!」
 すぐにわかったから…
 同じスポーツをしても…
 きっとあんなふうになれないって…
 働いたら負けかなと思っている
「ん?」
「え?」
「別に勝っても負けてももう来ないがな。」


番外編「RADICAL DREAMERS」

「私のノートパソコンのクリアブラック液晶もキレーだからいい。」
「高くなる理由がないからな。」
「暑いじゃん。」
「ああ。」
「ああもうわかったよ!!」
「ちょっとだけだぞ!!ちょっとだけ!!」
「まぁ確かに昔から景色の変わらない…」
「時の止まった街って感じだな。」
「てか住んでたんだよ。私もマリアも日本で暮らしてた期間の方が短いからな。」
「うるさい!!」
「いや…昔もそんな事を言う奴がいたなーと思っただけさ。」
「顔も覚えてないけど、」
「どろぼうで、うそつきで、約束の守れない奴だったよ…」
「あ!!」
「………」
「初対面のクセに何を言っておるのだお前は!!」
「こう見えても毎日スクスク成長しておるわ!!」
「まったく!!」
「返せ!!これは私の帽子だ!!」
「だから私のだろうが!!」
「だからこれは私…」
「三千院ナギの帽子だろ?」
「だからちっこい言うな!!」
「じゃあな庶民、私は急いでいる。もう人には迷惑かけるなよ。」
「な!!何をする!!お前も人さらいなのか!?」
「まったく…お前みたいのがいるから、」
「外になど出たくないのだ!!」
「?」
「おい庶民、何一人でニヤけているのだ?」
「は?」
「?」
「………」
「ま…まぁ別に良いけど…大丈夫か?」
「いや、なんと言うか…」
「今、人さあいのマフィアに狙われているところなんだけど…」
「そう言われても、私も困っている。」
「まったく…」
「だから外になど出たくはないのだ………」
「へ?」
「バカ…いつもあんな目に遭うのだ…」
「外になど…出かけたくはない…」
「………わかった…」
「では約束だぞ
「へ!?」
「倒すって!?お前…!!」
「一体どうやって!?」
「かっこつけた割りに人任せだな、お前…」
「!!」
「!!」
「お前!!」
「いいよ。」
「お前が守ってくれた証だ
「お前が助けてくれなければ…」
「私はここで死んでいたかもしれないし…」
「じゃあ約束通りここで、」
「一緒に星空でも見ようか
「あ!!」
「帽子が…」
「帽子が…」
「……」
「あれ?」
「おい?」
「ハヤテ?」
「なんだ、どこ行っていたのだ?」
「マリアも私もずっと心配していたのだぞ。」
「へ!?やっ!!な…何でもいいではないか!!」
「私を泣かせたバカへのあてつけなんだから…」
「へ?」
「ん?あ、ああ。たまには外で星を見るのも、悪くはないな。」


おまけページ

 せまい!
「まさか1年使って漫画内の時間が1か月しかたたないとは思わなかったよ。」
「わ!!私のせいではないだろ!?」
 大バカ者!!
「う゛っ!!」
 うう゛…
「やらねーよ。」
[ 2007/10/16 06:55 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター