ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

特異なシステムに挑戦した「ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート」 

 ・・・などと書いてはみたものの、意外と書くことがないという罠。


 ドラクエシリーズ中に登場する多彩なモンスターを育成しながら冒険を進める
ドラゴンクエストモンスターズ。このキャラバンハートは第3作にあたるゲームであり、
例によってスライム一匹から冒険を始める事になるのです。
ドラクエといえばスライム、まずはスライム。

 ・・・まぁ、最初スライムが登場せず、代わりにぶちスライムが登場する作品が
あったような気もしておりますが。

 ストーリーとしては、城を抜け出して退屈な日々におさらばしようと四苦八苦する
変な王子・キーファが主人公となります。で、その少年の部屋にへんてこな渦、
モンスターズ的に言うなら「旅の扉っぽいもの」が出現し、そこから助けを求める声が
聞こえたり聞こえなかったり。そこはゲームなのであまり不気味さも覚えない少年は、
そこに飛び込んで蟻地獄にはま・・・る事無く、異世界のような場所にたどり着いたり。

 彼は立ち上がります、世界を救うために。・・・たぶん。

基本的には
 本作最大の特徴は、やはりキャラバンシステム。馬車に戦士やら魔法使いといった
冒険を助けてくれる面々を押し込め、その馬車をガードモンスターと言う変な名前の、
つまりは自身が手塩にかけて育てたモンスターが守る・・・みたいな感じ。
どこぞのSDガンダムゲームの13人での戦闘シーンを髣髴とさせるような、
人がゴミのような状態で戦闘などをこなす事になったりもするのです。

 パーティーとして連れて行けるモンスターは3匹。実際は彼らが十分な強さを持って
いさえすれば何とかなったりもします。ただ、キャラバンに組み込むメンバーを調整する
ことで、チームとして更なる高みを目指すこともできるようになるのです。
戦闘力重視、補助呪文を使えるキャラを入れる、洞窟探索に向いた構成、
バランス型、とりあえず趣味に走る等など。

 私としては育成可能なモンスターの種類が少ないのが残念だったりもしますが、
そこはキャラバンの編成を楽しむことで我慢しておきます。

RPG色は強め
 過去のモンスターズシリーズと比べると、モンスターを育てて最強を目指す!的な
ノリよりは、冒険としての色合いが濃いように思えます。キャラバンらしく、
食料やキャンプといった概念も導入され、ゲームの面白さと言うよりは、
冒険の面白さや複雑さを体感する・・・というほど大袈裟でないのは確かですが、
何となくはそんな感じです。

 育成面に難がありますしねぇ・・・。育てるのが微妙に面倒ですし。
これをRPGとして見ると、これくらいの成長ペースが普通なのかもしれませんが。


 とにもかくにも、育成RPGではありません。そこは他のシリーズ作とは
分けて考えるべきではないかと思います。モンスターズを育成メインでやってきた
私のような人間には少々物足りない感じですが。
 敢えて表現するなら、過去が「SDガンダムジージェネレーションF系」で、
本作が「SDガンダムジージェネレーションNEO系」といったところでしょうか?
分かる人にしか分からない表現ですが、まぁ見る人はほとんどいないでしょうし、
こんな例えを出してみました。・・・いや実際、イメージ的にはピッタリかも。
世間での評判も含めて、色々とこう・・・ね。

 そんなわけで、新鮮味がある分、違和感やらボリューム不足があるかもしれない
「ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート」。
心を通わせた仲間たちと、いざ壮大な冒険の旅へ!

 ・・・壮大なのかなぁ?


私の総プレイ時間:確か120時間くらい?
[ 2007/10/13 07:24 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(2)
>心を通わせた仲間たちと、いざ壮大な冒険の旅へ!

>・・・壮大なのかなぁ?

他のシリーズ(ⅠⅡⅢⅤⅥⅦ・モンスターズシリーズ)とのクロスオーバー(舞台設定や登場人物、デザイン、それとキラーマシン2の上位種がでる「つまりⅥ以後の証拠?」など)のスケールの大きさなんか 他作品の手の届かないところにあって、その道のひとに妄想力のみを働かせ推論を書けば原稿用紙を書かせれば50枚に到達する程度にはなる・・・、ファンにとっては壮大な冒険の旅だったと思いますよ♪

「その代わり同人臭(二次創作臭)が強いという認識も作れなくもない。」つまり史実にしてくれなければ本編シリーズの二次創作で釣りをしたと思えちゃうから今後それなりに重視して欲しい作品です。
[ 2007/10/13 23:48 ] [ 編集 ]
宮崎さん

キャラバンハートって、結構他作品を意識したものが多いですからね。
あれだけ多くの要素を取り込みながら、世界観も破綻していない。
スケールの大きさを考えると、確かにかなりのものがあるかも。

>原稿用紙を書かせれば50枚に到達する程度にはなる・・・

物語が広く、かつ多方面に展開しているともいえますし、
無駄に真面目に語ろうとすると凄い事になるかもしれませんね。

>同人臭(二次創作臭)が強いという認識

過去の遺産に頼って作られている面も結構ありますしね。
あくまで「モンスターズ」と考えると史実化は難しそうですが、
どうなるんでしょうねぇ・・・。

コメントありがとうございました。
[ 2007/10/14 07:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ステータス?
カウンター