ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく! 第146話 感想 

 いつも近すぎて分からない事がある。離れてみて初めて気付く大切さもある。
だから人は、ついたり離れたりの関係を延々と繰り返すのかもしれません。
そんな意味を私の脳内で勝手に付加したハヤテのごとく!の第146話
「Distance~遠くても」の感想です。

 ・・・感想と言うか、う~ん?


ナギを見つけたマリアさん・・・?
 なのかどうかがちょっと怪しい気もします。最初ナギを発見した時の
マリアさんの表情が、どこかこう、事情を察していたように見えなくもないわけで。
どちらかというと「やっぱりここにいたんですね。」的な雰囲気を放っているかも?
ナギの事をあれだけ大切に思っているマリアさんが、ナギの気持ちを全く把握できて
いなかったというのもあれですし。もっとも、ナギとマリアさんが出会って以降は、
ナギ自身が家族に対する想いというのを心の奥底に伏せていたのかもしれませんが。
だから、「ナギと1番付き合いの長い」咲夜だからこそ気付けた・・・みたいな?

 まぁそれ以上に気になるのは、ナギが思わず抱きついてきた時のマリアさんの表情。
事態を把握しかねていると言うか、美しくも素っ頓狂なお顔をされておられます。
 マリアさんは何でも知っているようで、1つ決定的なまでに理解できていないものがある
気がします。・・・そう、自分自身の存在価値みたいなものをです。

 33話の「私より身近な人がハヤテさまを好きになった時は大変」という伊澄の発言を
受けたとき、78話で白皇の生徒の注目を集めているとき、101話で勉強を
教えつつハヤテにググッと迫ったときなど。周囲の事情を正確に把握できていても、
周囲から自分に向けられる感情は全く把握できていないというギャップ。
それっぽいまとめ方をするなら、マリアさんは今後将来的に「自分探し」をする必要性が
出てくるんじゃないかと思っています。それが先週ナギの口から示唆された、
主であるナギとの別れを指しているのかは定かではありませんが・・・。
言うなれば夢探しです。今は人の幸せを願うだけの人生でしかなく、
いつか来る自分のための人生を探す旅が、・・・あるのかなぁ?


やはりヒナギクに制裁はなし
 「ハヤテ君がスキ」という自分の気持ちを西沢さん伝えたヒナギク。
それだけ?とあっさり受け流す西沢さん。丸い目が多すぎ。でもまぁ、畑先生の中では
これが流行なのでしょう。分かってはいた事ですが、西沢さんは怒ったりなどしません。
それでも、本人が言うように「裏切り」である事は間違いないわけで、ちょっと残念な反応。
普通すぎです。まぁ、普通の反応をしてこそ西沢さんらしいともいえますが。
・・・西沢さんの妄想の詳細な内容がちょっと知りたいかも。
過去にハヤテとヒナギクの2人を見て「愛の巣」とか仰られているくらいですし。
まぁ、ヒナギクも夢の中で危ない妄想をしてますし、五十歩百歩といった所でしょうか?
妄想少女の2人の間に交わされた「戦友」という名の友情・・・なのかな?

 それにしましても、西沢さんの「いつでも会える」というのと、最後の方の
「今は…」というのがリンクされて、「いつかは会えなくなる」という事の暗示に
見えなくもないんですが?怖いですねぇ、意味深すぎて。

 あとは2人のハヤテ争奪戦のやる気のなさにびっくり。ヒナギクの
「相手が告白してきたら付き合ってあげない事もない」的発言は彼女らしいのですが、
戦う姿勢には到底見えません。一方の西沢さんにしても、ナギとかマリアさんの存在を
見事なまでに無視して、「2人のどちらか」とかその場しのぎの発言をしていたり。
西沢さんなら、ナギやマリアさんについても何か気付いているはずなのですが、
そこはヒナギクに歩調を合わせたのでしょうか?
まぁ、この流れでどちらかが勝者にでもなったらびっくりですが、やっぱりなさそう。
1つのものを争う仲なのではなく、同じ価値観を共有できる仲という意味で考えると、
やっぱりハヤテは二の次と捉えている感は拭えないかもしれません。

 ・・・う~ん、つまりはどちらも戦闘意欲が微妙。ラブコメパートの主役として、
もう少し燃える&萌える展開を期待したい部分もあるのですが。
2人の関係としては進展した雰囲気ですが、ラブコメ要員としては後退しているかも。
あれですか、いったん2人のお熱を冷まして、アーたんのような別のキャラが
ラブコメの主役として活躍するための下地作りか何かなのでしょうか?


愛歌さんとハルさん
 打ち上げられた花火を眺める2人。あっけらかんとするハルさんと、飛行石片手に
「お金ではどうにもならない事もとても多い」とかぼそっと呟く愛歌さん。
この2人の反応が意外と対称的というか、金に対する価値観が結構違うなぁ・・・と。
生徒会3人組の仲良しこよしの雰囲気と比べると、ちょっと距離を感じなくもないかも。
それと、愛歌さんがBS以外では初めて病弱な雰囲気を醸し出していましたね。
「弱点帳」の時とのギャップがまた・・・彼女の魅力を引き出しているかも。
飛行石あたりも絡んで、どこかゆっきゅんの面影を感じなくもないような?

 それと気になるのは、石の効力と言うか、厳密にはかつて帝がハヤテに投げかけた
意味深な言葉。端的に表現するならば、
「この道標が指し示す道の先にあるものを手に入れられれば、大量のお金が手に入る」
という事なのですが、「あれ?」と思ったりもするのです。どう考えてもミスリード発言。
帝が間違った解釈をしているのか、ハヤテが金を意識するような意図的な台詞なのか。
愛歌さんに限らず、過去にナギ(123話)やマリアさん(68話)も同様の主旨と思われる
発言をしているのですが、そこがまた色々と引っかかったりもするような?

 もしかして、飛行石がもたらすのは大いなる災いとかそんなものではなく、
「お金ではどうにもならない事」を誘発させるアイテムなんでしょうか?
それでお金以外の大切さを持ち主に悟らせるとかそんな副次的効果があるとか。
愛歌さんのさり気無い呟き、借金の事とかどうこう以前に、「まずはお嬢さまを守る」と
腹をくくったハヤテの決断とかも踏まえると、その線もなくはないかもと思ってみたり。

姫神・・・と言っていいのかなぁ?
 最後のコマで、何気なく花火に目をやる謎の人影。
「アニメのオープニングでシルエットのみが確認されていただけなので、
アニメを見ていない方にはよく分かりません」という注意書きをあまり見かけませんね。
・・・まぁ、そう何人も未視聴者がいるとは思えませんが。

 とりあえず、これが姫神という前提で話を進めると、「この人は今どこにいるのかな?」
という疑問を持ったり持たなかったり。この距離感が意図的なものであるのなら、
明らかに近いです。びっくりするほど近いです。とすれば、考えられるのはたぶん2つ。

・距離的には普段から近くにいる(精神的Distanceは遠いのかも?)
・4月3日に意図的に近くにやってきた(普段は視覚的Distanceは遠い?)

 前者であるならば、誰か普通に知り合いの元で働いているような気もします。
私の思考回路だと、アーたんの執事というのしか思いつかなかったりもしますが。
もっとも、そこで執事をやる事になる経緯が全く想像もつきませんけどね。
後者なら、4月3日を意識していたという事にでもなるのでしょうか?
姫神が咲夜を意識するのは変ですし、やっぱり偶然なのかなぁ・・・?
そもそも、これがハヤテの兄という可能性もありますし、どうにもこうにも。
まぁそこは専門家にお任せするとして、明言を避けておきましょうかねぇ。

 次週は・・・そろそろ新学期?となると、雪路と牧村さんあたりが主軸ですか?
こういう直後はクールダウンするのがハヤテのごとく!のデフォルトにも思えますし、
ギャグ調で勢い任せのノリになる事を密かに期待しつつ、感想は終了・・・。



トラックバック送信先(確かにまぁ・・・「あれ?」って感じです)

360度の方針転換

要素がありすぎて興味が絞りきれないときは、全ての的に銃弾を打ち込むつもりで
積極的に攻めてみるのも一興かも。・・・モチベーションさえ持続すればの話ですが。

くるくるばたばた

ハヤテのごとく!のラブコメパートはこれからが始まりにも思えますし、
今時点で2人がこの感覚を抱いてしまうと、先行きが不安になるのも頷けますね。

ヒナギク様をみてるっ!?

西沢さんがたどり着いた答えとしては正しいんでしょうけど、そんなお友達的感覚を
持ってしまうと、既に敗北宣言をしているようにも見えるわけで、う~ん?

星の海へ行こう!

能力的には抜いている。しかし、精神面で西沢さんが勝っているからこそ、
パワーバランスが保たれている面もあります。だからヒナギクがそこでも追い抜いて
しまうのは考えづらいでしょうし、西沢さんが哀れに思えてしまいそうですし・・・。

~器用貧乏人宝~

人間としては惚れかねないわけですか。とはいえ、ハヤテのごとく!ファンとしては
他のキャラへの愛を貫いて然るべきなんでしょうけども・・・。

今の気分±0

普通に考えれば、ハーレムと言う収まりのきかない状況。それでもハヤテ自身が
女の子と一定の距離を保つ事でうまく調整が取れているんでしょうね。
・・・その楔がはずれた時の衝撃度は計り知れないでしょうけど。

しっぽきり

しあわせ「そう」であって、どこまで幸せを手に入れているのかは判断が難しい所。
そこで満足するのか、西沢さんの発言的に「人間は強欲な生き物」の精神に基づき、
更なる幸せを求めさ迷い歩く事になるのか。

サクラ咲く夜に

「4月3日/夜の部」という表現からしても、誕生日が軸ではないですしね。
あとはまぁ・・・元の登場頻度を踏まえると、しばらくは耐久戦に突入しそうな気配?

タカヒナの乱雑日記

ハヤテの兄は子持ち・・・ですか。それが姫神なのはありでしょうし、
それこそアーたんという斬新な設定で考えると、もっととんでもない展開が!?

暇ワリの咲く頃に~西沢さんと共に~

ファンとしては実ってほしいであろう、西沢さんの一途な恋。だがしかし、
それが西沢さんらしいかと考えると、微妙だったりもして。それでも必死に
恋と真っ向から向き合っているのも彼女らしいんじゃないかな?

ひなぎくのなく頂に葱

対応力も、妄想の度合いも、ある意味では大人の領域。伊達に一樹という
弟を持ったお姉ちゃんしてはいませんね。

静夜詩

ただ単に「有害である」というのはどうにも不自然に思えなくもないですね。
その分得られるものがなければ、基本的に持ち歩く理由もなくなりますし。
・・・形見とかそんな話にでもなってくれば別でしょうけども。

万事屋あんごるも

話が進んだというよりは、ようやくスタートラインに立ったのかもしれませんね。
もっとも、意味不明な要素はさらに増えてしまってますが・・・。

tanabeebanatの日記

花火でまとめ上げたわけですか・・・。もっとも、私としては大事な要素の中に
西沢さんが「ハヤテ→マリアさん」に何かを感じ取ったというのを入れたくなりますが。

ボルツの迷走?

教科書通りに見えて、どこかツンデレとは違うような印象も受けるかも。
なんというか・・・単純に勝負師根性みたいなものが。

疾風のように輝いて

ここでいう西沢さんらしい反応というのが、普通な対応を意味するのか、
成長を遂げた上でのお姉ちゃん的のものを意味するのかは謎ですが。

Moon of Samurai

幸の薄い半生ですか。まぁ、基本的には幸の薄そうな面々が名を連ねた作品ですし、
そこは何を持って「幸薄い」と考えるかによってもヒナギクの人生の価値は
変わってきそうでもありますが・・・。

漫画とハヤテとアニメと私。

競争しているように見せかけて、実際はそういう緊張感の欠片もない気もしますね。
そう考えると、2人の勝負の結末は・・・。

White&Pure

ナギにとって、マリアさんは何物にも代え難い大切かつ美しい存在。
だからこそその温もりを確かめたかったのでしょうし、その分いつかくる別れを惜しんで
センチな気持ちになったていたのでしょう・・・。

さくら日記

本当に、本当に2人の間には確かな絆があるのでしょう。それでも、ナギがマリアさん
との別れを示唆し、抱きつかれた際にはマリアさんが反応に困っていたり、
どうしても家族にはなりきれていない部分も見えてきたり・・・。

福音を告げる場所

本人が名乗らなくても、私のような人間がそう判断している以上、やっぱり
ハヤテブロガーなのでしょう。そもそも考察記事とか頻繁に書いているとなると、
それこそ一握りの人しか残らなくなるでしょうし。

ヘイルトゥ一休さんっ!!

色々と詰め込みすぎた反動として、突拍子もないギャグは入れなれなくなったの
でしょうか?そこはまぁ・・・新学期以降に期待という事で。

萌えを得たオタのごとく!2

大人と子供に見えてしまうのは、やはり誕生日の差が生んだ部分もあるのでしょうか?
もしくは、2人の生い立ちやら考え方が根本的な違いなのか・・・。

蒼のごとく!

ナギがまだ子供だからこそ強く感じるマリアさんの母性。
それが感じづらくなるのは、ナギが成長した後にでもなるんでしょうね。

ライク・アライブ

サクヤ嬢であれマリアさんであれ、美しき存在は脇にいるだけでも
抜群の存在感を放てるものなんですね、きっと。
[ 2007/10/03 18:56 ] ハヤテのごとく! | TB(25) | CM(2)
この二人のやり取りにイマイチ共感できないのは、
二人だけで盛り上がっているからかもしれません。
主人公のハヤテに感情移入する私達読者にすれば、
まるで遠い世界の出来事のように感じてしまいます。

西沢さんはともかくヒナギクはあまり好きになれない…
あの調子だと告白される前に気持ちが伝わらないような。

作品の感じ方については人それぞれだと思いますが、
西沢&ヒナギク以外のファンにとっては辛いかも。
以上置いてけぼりな感じがすごいしたいくのでした。
[ 2007/10/06 00:37 ] [ 編集 ]
>いくのさん

>二人だけで盛り上がっている

告白するというシチュエーションを考えると、2人っきりなのは分かる気が
します。ただ、それが完全に2人だけの間で自己完結してしまっているのは、
感情移入しづらい面もありますよね。これがラブコメパートである以上、
もう少しハヤテを意識しやすい内容であればよかったのですが・・・。

ヒナギクに関しては、結構同様の意見だったりもします。
以前はかなり好きなキャラだったのですが、ヒナ祭り祭り編以降の
ヒナギクの考え方には「あれ?」と感じる事も多くなりましたし。
まぁ、「少なくとも今は」告白しないみたいですし、いつかはハヤテに
気持ちを伝える可能性も十分ありはするんんですけどね。

>置いてけぼりな感じがすごいした

私の中では2人のやり取りが中心ではなかったので、意外と置いてけぼりには
感じませんでした。マリアさんの包容力が見れただけでも満足という感じで(笑)。

コメントありがとうございました。
[ 2007/10/06 06:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/497-dbbdd0f6

 いよいよヒナギクさんが西沢さんに話を切り出す…!今週も考察できるところが多いが、ヒナギクさんメインでお送りします。
[2007/10/03 19:02] 星の海へ行こう!
どうにもならない自分の気持ち。言葉にしなくては、前には進めないハヤテのごとく!第146話「Distance~遠くても」のヒナギク様。 まあ、ちょっと違う感じの今週のヒナギク様。 ついに西沢さんに、話し始めた大切なこと。
どうにもならない自分の気持ち。言葉にしなくては、前には進めないハヤテのごとく!第146話「Distance~遠くても」 今まで、西沢さんのことを応援すると言っておきながら、自分は西沢...
[2007/10/03 19:22] タカヒナの乱雑日記
4月3日夜の部も今回で終了 先週と同じくDistanceがタイトル お互いの距離は遠ざかるのか、近づくのか いや、近づいたか ヒナギクは遂に西沢さんに打ち明ける 西沢さんの反応が予想外過ぎて突っ込みたくなった ________
[2007/10/03 20:22] 今の気分±0
 もういい、もうわかった、もうおわらせる。  やっと観覧車サイドが終わった……歩がヒナギクを許すおおかたの予想通りの結論で特におもしろみはないけれど。  歩も空回りして勝手に応援宣言と離脱宣言をした相手に、ちょっとくらいは皮肉をいってもバチは当たらない...
[2007/10/03 20:25] 360度の方針転換
 心をこめて歌います。聴いて下さい、ハレ晴れ愉快(笑)。    ♪夜桜 見ようと ヒナさんに誘われたよ   なんだかとっても真剣~   ♪話を 聴くため 観覧車に乗り込んだよ 謝る事ってなにかな~? ハヤテ君の事なの!?? ブーーーン!!!!!!! ♪ワープで...
ヒナギクの告白くるか ナギがマリアさんに甘えてる 自分だって甘えたいですよ! 告白キター ハムは、なんていうか大人だないろんな意味でw ハムは人として軸がぶれてない...
[2007/10/03 21:06] ひなぎくのなく頂に葱
今週のハヤテのごとく!は… サンデー誌上で3号もの間引っ張ってきた、 ヒナギクと西沢さんの話にいよいよ決着が! 以下本編感想↓
[2007/10/03 21:39] ~器用貧乏人宝~
たどり着く君と夢と未来 決してそう一人じゃない愛があるよ ん?この歌『同じ空を見ている』ってタイトルじゃなかったな。あんごるも勘違い。 はい。ハヤテのごとく!第146話「Distance~遠くても」の感想――な
[2007/10/03 22:09] 万事屋あんごるも
取りあえず、ハムヒナでのことは解決しましたが。。。 なんだか、色々と謎を残していった回だった気がします。 ◆ハムヒナ問題決着 下田の頃から言おう言おうと思っていたが、い...
[2007/10/03 22:49] 静夜詩
ハヤテのごとく!~第146話~「Distance~遠くても」 アニメの方も、前回からOPED変わりましたよね 疾走感があっていいですね EDがひぐらしに見えたというのは内緒だ それでは、本編に・・・
[2007/10/03 23:00] ボルツの迷走?
 ボンゴレが食べたいなとか、電光掲示板で「コマッテイマス」とか「タスケテクダサイ」とかは無しですか(´・ω・`) (この記事は少年サンデー44号のネタバレを含みます)
[2007/10/03 23:14] しっぽきり
第146話 Distance~遠くても の感想。 長かった4月3日も、遂に終幕を迎える今回。 それぞれの胸の内に秘められ、揺れる想い。家族、恋、裏切り…。 ヒナギクが、自分の胸に秘めた思いを西沢さんに告白します
[2007/10/03 23:26] 疾風のように輝いて
 第146話「Distance~遠くても」  今回のサブタイトルは前回のそれと対になっています。前後編とも言うべき構成になっているのは観覧車サイド、ヒナギクの西沢さんへの告白を話の中心に据えているからでしょう。そして四
[2007/10/03 23:46] Moon of Samurai
はっはっは。 先週の感想で私はこんなことを言いましたね? 「個人的に来週以降の予想をすると、 咲夜の「とっておき」と言うのは打ち上げ花火。 そしてそれを背景にしつつ西沢...
画像が乱れております。カメラでは手の震えが・・・今週のマリアさんはよかったです。いつもより。 ナギにとっての大切な人、それはハヤテであったり、マリアさんであったりするわけで、ナギからすればマリアさんは
[2007/10/04 00:19] White&Pure
 つっこみどころあふれるギャンブルッ!で今週一番気になったこと。  前回の伊達さん:三時間勝負、開始一時間で一千万のアドバンテージ  今回の伊達さん:三時間勝負、残り一...
[2007/10/04 01:53] くるくるばたばた
長かった四月三日に終わりが近づいている。それぞれの絆の形。 作中で最も繋がりが深いマリアさんとナギ。ナギも家族について思うことはあるけれど、マリアさんが大切な人であ...
[2007/10/04 02:00] 福音を告げる場所
同じ人を好きになった二人は…第146話の感想です。
[2007/10/04 06:36] さくら日記
今回は予告通り扉絵無し。やることはありますからね マリアさんに抱きつくナギお嬢さま。なんというか、マリアさんの母性というか包容力が凄い気がする いや、年齢とか経験とかそういうことじゃないんですよ・・・母性は感じる人には感じるものでしょうし そしてヒナギク様
[2007/10/04 10:12] 蒼のごとく!
昔あった家族、今ある家族、そして近い未来に離れていくかもしれない家族に思いを馳せて、月を眺めるナギお嬢さま。既にハヤテくん、咲夜お嬢さまと合流していた彼女は、マリアさんとも、合流を果たし・・・、今ある、家族のぬくもりを、彼女の胸に抱きつくことでしっかり...
第146話 Distance~遠くても 4月3日/夜の部もいよいよクライマックス。 果たして咲夜嬢の「とっておき」とは一体どんなものなのか? でもその前に問題です。 本日、10月3日は何の日でしょう?(10秒でお答
[2007/10/04 20:37] サクラ咲く夜に
ついに、というか、ようやく…。 何も制約がないと寝ずに感想を書いてしまいそうなので短めに書くよう心がけます。 次週予告 来週は表紙ですか。サラリーマンがためらうような表紙じゃなければいいんですが、ためらうような表紙だったらそれはそれで面白いし。 サブタイトル
[2007/10/04 21:24] tanabeebanatの日記
POP・・・ポップ・・・ぽっぷ・・・ もえたんの人か~!! これは可愛い。 TCGは来週発売なんですよね。楽しみだ~。 下から感想
皆さん、3連休は何してましたか?どうも橙馬そうまです。3日も休みかぁ、いいなぁ。 私は気が付いたら会社にいました。 ……奴はとんでもない物を盗んでいきました。時間と記憶です。 ? 睡眠 睡眠 睡眠 睡眠 睡眠 不足! -----------------------------------...
[2007/10/14 07:44] ライク・アライブ
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。