ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語 大いなる遺産」はガンダム&アムロ! 

 人間とMS族が共に暮らす世界、スダ・ドアカ・ワールド。
そんな平和な世界にある日、サタンガンダムと名乗る強大な力を持つ者が
現れ、人間を滅ぼしMS族だけの世界を創造せしめようとする。

 それと時を同じくして、空から一つの流星が流れ落ちる。
それを目撃したラクロア王国のフラウ姫は、それを確認に向かう。
道中、サタンガンダムの刺客が立ちはだかるが、その流星の落下点から、
1人の男が救出に馳せ参じたのだ。その男の名もまた「ガンダム」。

 ガンダムという伝説の存在がつむぐ、伝説のRPG。それこの
「SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語 大いなる遺産」・・・だったらいいなぁ。


シンプルなんですが
 いたってシンプル。ガンダムのPRGは、基本的にドラクエ風味なので、
考えようによってはとっつきやすいと言えるのかもしれません。
ストーリーは・・・まぁ普通です。勇者と呼ばれそうな感じがする好青年が、
魔王の悪事を挫くために大冒険への旅に出て、しかしその裏には・・・!?
みたいな、実にお約束的なノリですし。あくまでキャラゲーとして楽しむのが
基本。抜群のゲーム性などを求めたら、そこで試合終了なのです・・・。

途中で行き詰る恐れアリ?
 難易度自体は割と平均レベルなのかもしれませんが、何箇所か
行き詰る可能性を秘めたポイントが、あるようなないような・・・。
4章構成になっているのですが、個人的には2~3章は苦戦する危険を
はらんでいるイメージがあります。厳密には、2章のボス及び3章のはじめ。

 まず、2章のボスの強さが半端じゃないのです。それまでの戦いとは遥かに
次元の違うものになってしまうので、ある程度余裕を持って進めていないと
返り討ちにあうかもです。基本的にはサイコゴーレムVS武闘家ネモですが。
3章では、唐突に騎士アムロの1人旅が幕を開けるため、彼のレベルが低いと、
意外な苦戦を強いられる恐れがあります。普通に進めていたのならたぶん
問題はないでしょうけど、やり方次第ではとんでもない事に・・・!?

結局は騎士ガンダムと騎士アムロ次第
 この2名が、本作を快適にプレイするための鍵となる存在といえそうです。
何故ならば、多くのキャラの初登場時のレベルが、2人のレベルに完全に
依存しているからなんですよね。ゲーム内に登場する仲間キャラの人数は、
総勢で11名(あと、1名が一時的に仲間にはなりますが・・・)。
その内、この2人を除いた面々が9名ですが、それぞれが3名のキャラの
レベルを決定してしまうんですよね(よって、計6人に影響)。
しかも、残りの3名は最終的にはあまり役に立たなくなりますし・・・。

 余裕がある人は、第1章で頑張ってレベルを上げておくのが吉かも。
あまりレベル上げがスムーズに行くゲームではないので、無理をすると
後半が面倒に感じてしまう恐れが十分に考えられますしねぇ。
ちなみに、この「レベルが微妙に上がりづらい感じ」が、このゲームの
快適性を多いに損なっているような気がしてなりません・・・。

カードのコレクションと実用性
 元々が「カードダス」と呼ばれる20円カードから生まれたシリーズ
なので、作中でもカードが買えます。・・・20円ではなく、20Gで。
それをコンプリートするのもありですし、手に入れたカードを、
コールという魔法で立体化させ、戦闘に参加させる事もできたりします。
ただし、術者のレベル以下のキャラ限定ですが。
序盤は必要なし、中盤以降はヒドラザクとゲーマルクがお勧めです。
前者は攻撃専門、後者は回復魔法のエキスパートなので・・・。

「武闘家ネモ最強説」の誕生
 このゲームを語る上で、武闘家ネモという存在が非常に重要になってきます。
本来なら、ただの脇役キャラのはずでした。しかし、本作においては、唐突に
最強キャラの名を欲しいままにしているのが、それが何とも言えない魅力かも。
主要キャラばかりが強いよりは、こういう意外な伏兵がいる方が盛り上がる
・・・と考えるのは、私が単に捻くれ者だからかもしれませんが。

要注意モンスター
 個人的に、「こいつは危険だ!」と感じるモンスターを列挙・・・。

・サイコゴーレム:ボスでは1番注意を払うべき相手。攻撃力高すぎ。
・ヒドラザク:その気になれば第1章から会えます。最強の雑魚キャラ。
・キラーミミック:雑魚キャラで最も危険な魔法を使ってくるのです。
・ゴーストビグザム:キラーミミック同様、「ソーラレイ」を唱えます。
・ヤクトドラゴン:第3章でアムロ1人で戦う場合は、かなり危険な存在。


総プレイ時間:200時間以上・・・のはず
[ 2007/09/16 06:49 ] ゲーム全般 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/453-37022e5c

SDガンダム:カードダス パート3 ▼画像をクリックすると楽天オークションに▼ SDガンダムのカードダス。(キラ3枚セット) 私が小...
ラクロアの勇者記念古印 ▼画像をクリックすると楽天オークションに▼ ラクロアの勇者記念古印です。 10枚のゴールドコインが入って...
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。