ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

花菱美希の偉大なるお言葉 

 さてさて本日9月9日は、ヒナギクを愛してやまない花菱美希の誕生日
・・・でしたっけ?うん、たぶんそれで合っているはずです。しかし、
残念な事にネタがない。いや、厳密には別の作業に手間取っており、
いい案が思いついていないのです。普段は前日には書き上げているのですが。

 なので、勢い任せの適当企画「花菱美希の偉大なるお言葉」と題して、
彼女の足跡を振りかえ・・・れたらいいんですけどね。
たぶん、彼女自身とは関係ない話になりそうです・・・。


「3月7日の学年末試験の成績が悪い場合、必然的に厳しい処分が下る。」
(第44話「夜の校舎の窓ガラス割ってタイホ」より)

 この発言効果は、まだ生きているんでしょうかね?
今までの描写から関するにハヤテは問題なさそうなんですけど、
個人的にそれは「ハヤテのごとく!」らしくないなぁと思っていまして。
どうせなら「新学期を迎え、実は悲惨な成績をとっていたという話になり、
そこに処分を下すべくアーたんが颯爽と参上!」・・・は無しですか?


「走り疲れた私がヒナを巻き込んで無理矢理リタイア…
 ヒナはあと一歩で優勝できたのに。」

(第56話「マネーのとら」より)

 おそらく、この前後のやり取りが、ヒナギクと美希の信頼関係というか、
結びつきの強さを表している初めての表現だったんじゃないかと。
この台詞に加え、ヒナギクが釣り橋を渡ろうとして怯えている姿を、
横で「………」と無言で見つめているシーンも印象的でした。
 美希にとってヒナギクは「ヒーロー・憧れの対象」と言える存在であり、
そんなカッコいいヒナギクを困らせるのが趣味の花菱美希。
しかし、本当に困っている状況に立たされていると、
何とかしてあげたいという心情が、この行動に表れている
・・・かどうかは、今の私の知る由はありませんけどね。


「くそ… ズルい奴め………」
(第54話より)
「じゃ…私からも…」
(第66話より)
「お…おお!!そ…そう!!わざわざ悪いわね!!」
(第125話より)

 「美希→ヒナギク」フラグ?それに含めてどうでもいい事ですが、
これらの台詞の前後には、何故か必ず「………」という沈黙が入っていたり。
この「間」こそ、美希のヒナギクに対する色々と脳内で渦巻いている感情を
如実に表している・・・かもしれませんが、やっぱり単なる偶然っぽいかも。


「そうよ、その天才少女とヒナだけ。だから本当にスゴイ人にしか、
 白皇の生徒会長はつとまらないの。」

(第77話「ナーギーズ エンジェル フルスロットル」より)

 マリアさんという存在をどこまで知った上で発言しているかが
妙に気にな・・・っているのは私だけの気がしなくもありませんが。
マリアさんとヒナギクが別格という事になるわけですが、
それ以外の歴代の生徒会長はどうだったんでしょうかねぇ?
少なくとも、2人の間にも誰かしらが生徒会長を務めていたはずですし。
これに関して最近では、どこかで「かつて愛歌さんが推薦されていた」
という話もありましたし、まだだま多くの謎が隠されていそうな予感。


綾崎ハヤテ。11月11日生まれ。16歳A型。無軌道な生活を続ける
 両親の生活費を稼ぐため、各地を転々としながら自転車便を始め
あらゆるバイト、主に肉体労働をこなす。

 しかし昨年12月24日、ついに両親は一億五千六百八十万四千円の
借金返済のために息子を鬼武者ノ小路系ヤクザに売却し逃亡。

 その後、三千院ナギを誘拐犯から救ったのをきっかけに
借金は三千院ナギが全額引き受け、現在、彼は三千院家が保護、
執事として働いている。

(第91話「moment」より)

 伝説になって・・・いるかは知りませんが、そういう台詞。
画像を貼ればいい気もしますが、そこは突っ込んではいけないのです。
さり気無く「ナギを誘拐しようとした」という情報は入っていないので、
やはりマリアさんからの情報漏えいは無いんだなぁ・・・と思ってみたり。


「東宮の坊ちゃんみたいに…一方的な好意ならいつもの事で
 よかったんだけど…」


 ヒナギクの本心に迫る発言・・・と言いたい所ですが、ここでの主張は別。
そう、作中で最後に飛び出した「東宮の坊ちゃん」発言なのです!

 ただ伏線めいたお言葉を残すだけでなく、忘れ去られかけている人にまで
救いの手を差し伸べてくれる花菱美希。クールを装ったり、
周囲に嫌がらせっぽい事をしつつ、さり気無い優しさもまたいいのです!

 そんなわけで、こんな駄文をお祝いの言葉に代えさせていただきます。
[ 2007/09/09 09:32 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター