ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

マリアさんの愛の言霊全集 10巻分 

 マリアさん~なイラストを眺めつつ、またもや勢い任せにタイトルを変更。
私はまだまだ、ファンとして軸がぶれているんでしょうね・・・。

 そんなダラダラした流れでお送りする、
「The Beautiful Maid・マリアさん」の10巻でのお言葉の数々です。
例によって、誤字・脱字が結構含まれていそうですが、
そこはまぁ、私の愛が足りていないという事で・・・。


第97話「MIND EDUCATION」

「え!?え!?どうかしたんですか?ナギ…」
「は?」
「あの…もう寝ませんか?」


第98話「THE HEADY FEELING OF FREEDOM」


「そうですよ。」
「ヒナギクさんみたいな才色兼備のスーパー美少女がハヤテ君の事を
 好きになるなんて…」
「そんな非科学的な事ありえませんわ
「ですよね!!」
「ありえませんわ


第99話「サキさんのヤボ用(戦国群雄伝)」


 台詞無し・・・


第100話「祝★100話!でも本当は99週目。なぜなら1週目が
      2話同時掲載で…」


「ま、とりあえず100話&2周年記念ですよ
「……」
「あ…つっこんだら負けって遊びですか?」
「そもそもなんの旅なんですか!?なんの!!」
「ええ!?」
「……」
「でも、まんがって描くのそんなに難しいんですか?」
「ていうか、前にナギが言ってましたけど ハヤテ君はまんが賞を
 とった事があるんですよね?」
「しかも可愛い絵なのに何か不健全な匂いがしますわ。」
「さぁ?私もあまりちゃんと読んでないので…」
「えっと、ストップですナギ。」
 えいっ
「どこがですか?」
 え?なんですか?この絵面は…
 だからなんですかこれは。
「絵面は納得できませんけど。」
「い…意外と緊迫してきましたよ?」
「……」
「ナギのまんがだというのを忘れていましたわ…」
「へ!?わ!!私ですか!?」
「で…!!でも私はまんがなんて描いた事ないですし…!」
「………」
「あ、ハヤテ君…」
「「マリアさんも」って事は、ハヤテ君ももしかして…」
「せっかくあの子が一生懸命描いたものですからね。」
「あはは。私も少し…」
「でもハヤテ君。」
「結局ブリトニーちゃんはどっちを選ぶんでしょうかね?一緒にいる事を
 望むか、想いが届かないと知って正義のようなものを貫くか…」
「あ、ナギったらこの先、描いていませんわ。」
「え?私ですか?」
「ん~…」
「そうですね~」
「あの先輩っていうのがハヤテ君なら、一生、星の姿にしておくのも
 いいかもしれませんね。」
「ええ!?だ!!だめですよハヤテ君!!そんな私…!!」
「ハヤテ君
「だめですか?」
「だったら…ちゃんと選ばないとだめですよ?」
「あ、だったら今度はハヤテ君が描いてみてくださいよ。」
「もぉ決断力のない人ですね~」


第101話「あなたには功夫が足りないわ


「ん…」
「ん~…」
 みなさんおはようございます。マリアです
 もしかしたら初めての読者もいるかもしれないので軽く自己紹介
 しておくと、私は17歳。ごく普通のピチピチの女の子です
「今日もいいお天気ですね~」
 ちなみに名字はヒ・ミ・ツ
 ただ一つだけ普通の女の子と違うところは…
 そう、私はこの三千院家で住み込みで働く…
 ハウスメイドさんなのです
 なんで17歳でメイドさんをやっているのか、ですか?
 まぁ、それも今はヒミツです。ちなみに…
 こちらのお寝坊さんが私のご主人さまでこの家の主でもある、
 三千院ナギ、13歳です。
「しかしホントよく寝てますね~」
「今日から学校は試験だというのに…夜遅くまでDVDなんか観て…」
「………」
「すいぶんとピンポイントな…」
「自然災害ですね~…」
 あの子は一体何を見てるんだか…
 ま、寝る子は育つと言いますから、
 朝食ができるまでは寝かせておいてあげましょう。
 そしてこの家にはもう1人、私のようにナギに仕える子がいます。
 それが…
 この家の執事 綾崎ハヤテ君、16歳。
 ちなみにまぁ色々あってナギが拾ってきた男の子で、
 趣味は料理、洗濯、お掃除、お裁縫と、女の子みたいな顔通り
 女の子みたいな事が大の得意で…
 しかもなんかすごく不死身で、腕力なんかもぉ化け物並で…
「気にしたらそこで試合終了ですよ
 とにかくナギの一番のお気に入りの…
 天然ジゴロですわ
「………」
「もぉそんな事言ってないで…」
「これが終わったら春休みでいっぱい休めるじゃないですか…」
「………」
「そんな寝言を言ってないで…」
「さっさと学校に旅立ちなさい!!」
 ハヤテ君まで もぉ!!!
「いってらっしゃい。」
「はいはい。」
 はやく行きなさい
 こうして二人を送り出すと…
 お屋敷は少し平和です。
「あらやだ。もうこんな時間。」
「試験で帰りが早いですし、二人が帰ってくる前に…」
「DVDを返しに行きますか…」
「あれ?」
「あの人はえっと…たしか…」
「そうそう 西沢さんでしたっけ!?」
「ですよね?たしかハヤテ君のお友達の。」
「………」
「あ…私、ナメッ○語はちょっと…」
 ごめんなさいね…
「!!」
「女性の胸ぐらをいきなりつかむなんて…」
「無粋な人たちですね~」
「ただの形意拳ですわ。護身術程度の浅学で、不意打ちくらいにしか
 使えませんわ。」
「あらあら、お止めになった方がよいですわよ?」
「でないとケガでは…」
「すまなくなりますよ?」
「おけがはありませんか?」
「はは、それもそうですね。」
「では奇遇ついでに少しお話しましょうか。ちょっと直接
 おたずねしたい事もありますし。」
「いえ…たいした事ではないのですが…」
「ハヤテ君とは…どういう関係なのかなぁ~って………」
「そうですか…」
「それはよかったですね~…」
「いえ、別に…」
「………」
 さすが驚異の…天然ジゴロ。
 まさか告白なんかされてたなんて…
 しかし断るなんて、意外としっかり者という事でしょうか?
 いや…それとももしかして…
「あのハヤテ君…」
「ハヤテ君は…」
「女の子に興味がないんですか?」
「……」
「………」
 あっはっは…
 可愛いなぁハヤテ君…
 でもなんでそんなにうろたえているのかしら?
「さ、冗談はこれくらいにして勉強の続きをしますよ、ハヤテ君。」
 まぁそんなこんなで…
 今日も平和な一日が過ぎて
 ……あ…


第102話「そりゃアムロには帰れる場所があったでしょうけど…」


「しかし…」
「おつきの執事がいないというのは…ちょっと不安ですね…」
「クラウスも出かけてていないですし…」
「とか言いつつ、執事がいない時にボコボコ誘拐されているのは
 どこの誰なのかと…」
「!!」
「え?」
「………」
 あ~あ…
「もう爆発オチなのは見えましたからね。」
「………」
「………」
 す…すご…
「へ?ああ…そ…そうですね。」
「で…ではまずこちらの物置きから…」
「ひゃあ!!」
「な!!何を…!!」
「え?」
「そ…そうでしょうか…」
 あ…でもこの子上手…
 ちょっと気持ちいいかも…
んっ…
「あ…ありがとう13号君。」
「え?で…でも…」
「………」
「えっと…じゃあお願いしちゃおうかしら…」


第103話「かつて螢ちゃんは言った。誰かを利用する人は自分も誰かに利用されると…」


「まぁあの調子でずいぶんと13号君と仲良くなりましたからね…」
「そりゃ嫉妬なんてされる方は嬉しいものですから…」
「へ?」
「あの…ハ…ハヤテ君お茶…いれたんですけど…」
「いえいえ。」
「お気になさらずだニャン。」
「べ…勉強ははかどってますかニャン?」
「そ…そうですかニャン。な…ならがんばるだニャン。」
 ちょっとおひまを…
 いただくニャン!!
「はー。」
「なんだか私…着る物で散々な目にあいがちですわ。」
「13号君。」
「どうもこうもありません!あんな恥ずかしい格好…もう…」
「え…?」
「え~…う~ん…しようがないですね~…」


第104話「あなたのチューブで号泣スッキリ!」


「え?」
「動画研究部に入ったんですか?」
「へ?まあ…ていうか、まだあったんですね。」
「あの部は元々牧村さんが作ったんですよ。その…貴重な可愛い映像を
 合法的に撮って残しておきたいって…」
「はは…そうかもしれませんね…」
「や…!!もぉ牧村さん!!こんなの撮っちゃだめですよぉ~!!」
「も―!!だめですってば―!!」
「………」
「………」
「全部回収したはずだけど…」
「見られる前に…消さないと…」


第105話「同情するなら金をくれあとPS3とXBOX360もセットでくれ」


「ハヤテ君、巻き込まれてなきゃいいですけどね。」


第106話「シスプリグッズに費やしたお金で車が買えたかもな」


「お金以外の相談なら乗りますよ


第107話「たった一人の戦争」


「本当に一人で大丈夫?」
「でも、ついこの間それでメチャクチャに…」
「ハヤテ君もおつかい頼んで…本当に大丈夫ですか~?」
「そうですか。なら、よろしくお願いしますね。」
「いえ…まさか本当に強盗に襲われているとは思いませんでしたわ。」
「しかもケータイまで壊されて…どこまで運が悪いんですか?ハヤテ君は。」
「とにかくナギを一人で留守番させているのは不安なので、さっさと帰りますよ。」
「いやいや、起こるんですよってハヤテ君。」
「どんだけ心臓に毛が生えてるんですか、ハヤテ君は。」
「いえ、私も十分、怖いんですけど…」
「で?心霊現象ってどんなのが起こるんですか?」
「ジ○ンの亡霊ってアニメの見過ぎじゃないんですか。」
「………」
「やはり一人でお留守番はムリですね。」


カバー裏漫画


「女神さまのおかげですよナギ。」
「それ以上、言ってはダメですよ、ナギ。」
「1巻から出ているのにあの人だけ…アニメになれないんですから… ぐすっ…
[ 2007/09/08 15:37 ] マリアさん | TB(0) | CM(2)
こういう風にサーチしてみると10巻は他の巻より結構マリアさんの口数が多いんでしょうかね?

あと「好きな人バトン」の記事についてですが、ココにくるようになって日も浅いのに好きな人 やら バトン などに私の名前を出していただき実に嬉しいです
そりゃあもぉ感動です
・・・しかし、好きな人 として出してもらったのは嬉しいんですが、私はブログを持ってないわけですよ~^^;
というわけで悪いのですがバトンはどうしようもありませんorz

しかもその記事の「歳予想」みたいな奴ですが・・・知ってたんですか?^^;

>そこら辺を散歩しつつ雑談。何故かそんなイメージ。

うん そんな感じでしょうね
うん そんな感じがいいです

この記事に直接コメできずにすいませんでしたorz
[ 2007/09/09 00:19 ] [ 編集 ]
>ブラックさん

>マリアさんの口数が多いんでしょうかね?

出番自体も普段よりはあったというデータも
取れていますし、その影響が大きいんじゃないかと。

バトンについては・・・それだけコメントを頂いているという事ですよ。
それと、バトンを渡すのは中々に難しいものです。
非ブロガーに限らず、全員が記事を読むわけでもありませんし・・・。
そこは、勝手に名前をあげた私が悪いのです。

>歳予想

前にブラックさんが、どこかでそう発言されていたような?
どのブログかは忘れてしまいましたが・・・。

>そんな感じ

1番自然体で話せそうなイメージがあったもので・・・。

コメントありがとうございました。
[ 2007/09/09 07:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ステータス?
カウンター