ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

マリアさんの台詞 8巻分・・・も愛が溢れています 

 ・・・マリアさんは皆さんの女神です!!
というわけで、夏の最後を飾る2日連続の燃料投下となります。

 そんな感じで、麗しきマリアさんの単行本8巻分の台詞をお届けします。
White&Pure
の会員No.1として、他のFCの会員に負けないよう精進しなければ。
私には、まだまだマリアさん愛が足りていないので・・・。


第75話「Good, or Don't be」

「―て事でハヤテ君、」
「しばらくどこか別の場所に泊まっててもらえますか?」
「ごめんなさい、ナギのせいでこんな…」
「なんにしてもナギの気持ちが落ちつくまで2、3日はお休みって事にします
 から…どこかホテルにでも泊まって思いきり羽をのばしててください。」
「とりあえず少ないですが………」
「3日分の宿泊費としてこれを…」
「ええ。」
「足りなくなったら言ってください。またお渡しするので…」
「そうなんですか?まぁでも返されても困るので、
 ちゃんと使っちゃってくださいね。」


第76話「おまえンち」


「いやいや、ノビ家じゃあるまいし…元々広いんですよ この屋敷は。」
「それにさみしいなら戻ってきてもらえばいいじゃないですか。
 電話一本でハヤテ君なら喜んで戻ってきますよ?」
「ハヤテ君、カゼとかひいてないかしら。」


第77話「ナーギーズ エンジェル フルスロットル」


「いえ…」
「ちょっと鼻がムズムズして。」
「本当にスゴい人はどんな弱者にも手を抜かないのですよ
「あら お客さま?」
「はい。」
「お待たせしました。」
「あら桂先生…なぜこれを…?」
「しかしずいぶん眠そうですね。」
「あ…はい。」
「中のお金って…」
「5万円……?」
「いえ、大した事ではないのですが…」
「戻ってきたお金は99万9千9百88円、ほぼ100万円。」
「これは昨日ハヤテ君に渡した宿泊費…」
「という事は…」
「ハヤテ君…どこに泊まっているのかしら…」
「あ ハヤテ君、ちょっと聞きたい事があるんですけど…」
「あの…」
「………」
「これは…また何か…」
「不幸を加速させてるみたいですね~」
「今の時間は学校ですか…」
「なら…あの手で調べてみましょうか。」
「うんうん これならバッチリ。」
「これでハヤテ君を陰から観察できますね。」
「でも久しぶりに制服着てみましたけど…」
「結構まだまだいけるじゃないですか?」
 ちょっと回ってみたりして
「白皇の生徒会長を一年の頃からやったとはいえあの頃はまだ
 10歳とかでしたし…」
「あの頃に比べると、今の方が似合っているかも…」
「!!」
「誰がコスプレですか―!!」
「とにかくちょっと用事ででかけてきます!!」


第78話「ニュータイプになれない僕らは決して理解しえないエレベーターアクション」


「………」
「う゛~ん…」
「めだたないようにハヤテ君を捜すため…せっかく制服を着てきたのに…」
「なんだか…」
「目だってますね~…」
「なぜでしょう…?」
「久しぶりに着たから着方が間違っているのでしょうか?」
「あそうですわ。」
「う゛~ん………」
「どうしたもんでしょうか…」
「まぁ百万円なくなったんですか?」
「じゃもう百万円あげますから…親切もほどほどにしてくださいね
「で?昨日はどこに泊まったんです?」
「むむむむむ~…」
「これならバッチリですね。」
「これならどっから見ても普通の女学生です。」
「さて…では早速ハヤテ君を捜して…」
「………」
「時計塔…」
「これもずいぶん懐かしい気がしますね。」
「せっかく来たんですし…」
「ちょっと上ってみますか。」
「ん?」
「あ…」
「ハ…ハヤテ君…」
「へ?」
「もしかして………」
「私だと気づいていない…?」
「あ…では最上階まで…」
「………」
「しかし気づかれてないというのは…」
「ちょっと面白いですね~…」
「これはちょっと…」
「いたずらしてみたくなっちゃいますね~」
「あの…生徒会の方なんですか?」
「おや?ここは生徒会の方しか入ってはいけないきまりですけど…」
「へ~…」
「もしかして生徒会長さんの事スキなんですか?」
「え~?強く否定するとこがまた怪しいですね~」
「………」
 うわぁ~………
 ハヤテ君… かわいいですね~…
「これはなんというか、」
「もう少しいじめたくなっちゃいますね~」
「あのー…」
「ん?」
「あ~…このエレベーター古いですから、たまに止まっちゃうんですよね~」
「えーと 止まった時は~」
「キャ!!」
「え?な…なんですか?」
「まさかハヤテ君ってば二人きりになったからってそんな…」
「だめです そんな急に!!」
「きゃ!!」
「あ…」
「は…はい…なんでしょうか?」
「あの…ハヤテ君話って…」
「いえ…そういう話ではなく…」


第79話「やきもちとか焼かれたてジャぱん」


「………」
「ええ…わかってますよ………」
「しかし3時間でこれとは…」
「ハヤテ君がいれば楽なんですけど…」
 子猫ですかこの子は…
「あ…そういえば…」
「ハヤテ君がどこに泊まっているのか… 聞くの忘れてましたね~…」
「でもまぁ…」
「あの様子なら心配ないでしょう………」
「コスプレじゃありません!!」
「17歳という年齢を考えたら普通です!!」
 もー
「もぉ…ハヤテ君もナギもまったく…」
「ハヤテ君…心あたりないんですか?」
「ハヤテ君の事…」
「心配して来たんです!」
「ハヤテ君がせっかくの休みだっていうのに…」
「お金に困っているんじゃないかと思って来たんですよ。」
「そうですよ。」
「実はハヤテ君に渡したお金が―」
「………」
「わー!!何泣いてるんですかハヤテ君!!」
 悪意は…
 悪意はないんですよね悪意は…
「それでハヤテ君あなた…」
「はい…あ…ナギ?何か…?」
「は?部屋がグチャグチャ?わ…わかりました!今スグ戻ります!!」
「えっと…ハヤテ君、私…!!」
「で…ではハヤテ君、明日の夜にでも戻ってきてくださいね。」


第80話「Running to horizon」


「へ~ このワンちゃんが主人公なんですか?」


第81話「輪舞-revolution-」


「そうですね―」
「裸見られたのもう恥ずかしくないんですか?」
「今はまだハリボテでできた関係ですけど…あなたのその想いが叶うように…」
「私は…応援していますよ。」


第82話「なぜ毎回もののけの再放送を観てしまうのだろう。
     DVDまで持っているのに…」


「お待ちなさい!」
「誰が魔女ですか誰が!!」
「ていうか反対はしませんが お忘れじゃありません?」
「うちにはもう一匹…」
「巨大な猫がいるって事を…」


第83話「プロジェクト伊澄~挑戦者たち~今夜はスカートにかけた
     女たちの物語です」


「あら伊澄さん。いらっしゃいませ。」
「伊澄さんも猫、好きなんですか?」
「ナギー。伊澄さんがおみえになりましたよー。」


第84話「130センチのダンディーと僕の地球を守って! ダーリン」


 台詞無し・・・


第85話「昔、魚は釣りバカ大将みたいに釣るのが普通だと思ってました」


「学校から帰ってくるなりどうしたんですか?」
「そういうのは毎日学校に行ってから言ってください。」
「勉強をしなさい!!」
「そうですね~」
「でも、たいていまんがを読んだあと あの子は…」
「影響を…受けちゃうんですよね~」
「釣れますよ。」
「家の敷地内なので誰も入らないし、湧き水を源泉としているので水もキレイ…」
「しかもおじいさまが放した世界中の様々な魚が独自の生態系を作り出し、
 あたかも小宇宙のようになっている湖…」
「釣れた魚で夕飯のメニューも楽々決められる…」
「とても便利な湖です。」
 海の魚はちゃんと仕入れてますよ
「ではミミズではなく練り餌とかはどうですか?」
「釣りは…」
「ヘラに始まりヘラに終わる!!」
「ええ。久々に食材の事とか考えずにヘラブナ釣りを楽しもうかと。」
「ふむ。」
「なかなかいい形のヘラですね。」
「だから言ったでしょ。」
「魚釣りは…ヘラに始まりヘラに終わると…」
「禁則事項です


カバー裏漫画


 はい?

[ 2007/08/31 21:12 ] マリアさん | TB(1) | CM(2)
77話~79話まではコスプレ(?)マリアさんが出てきたから多いようですね
その3つの話と釣りの話はマリアさんのセリフがそこそこ多いようですがそれ以外の話だとずば抜けてすくないですね^^;

まぁ 次の巻の分も頑張って下さい
[ 2007/08/31 23:15 ] [ 編集 ]
>ブラックさん

マリアさん(Ver.制服)は強烈なインパクトがありましたね。
私自身、この辺りの話でマリアさん愛が燃え上がりましたし・・・。
台詞数に関しては、これでも十分すぎますよ。
もっと少ないキャラの方が多いわけですし。

次の巻は・・・当分先になりそうですね。
と言いつつ、気合で書き上げるかもしれませんが。

コメントありがとうございました。

[ 2007/09/01 07:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/415-c7cca110

今週の咲夜祭りでtake23さんの熱烈な咲夜愛を目の当たりにしました。ボクは相変わらず西沢さんとサキさんの二股を掛けているのですが、やっぱり稀ですよねぇ…。 で、またも勝手に調査しました。ハヤテブロガーたちは一体誰に愛を注いでいるのか。 ありきたりなネタなのでど
[2007/09/01 01:23] 眞華の感想日記(未熟)
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ステータス?
カウンター