ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

バランスの良さなら「SDガンダムGX」!・・・かなぁ? 

 私の感覚では、ガンダム関連のゲームの出来は、総じて微妙です。
特に昔は、今以上にガンダムゲームの乱発が激しかった気もします。
その中でシリーズとして続いていた内の1つが、「ガチャポン戦記」と呼ばれる
もので、今回紹介するSDガンダムGXも、一応そのシリーズなわけですが・・・。


アクション&シミュレーション
 基本的にはシミュレーションゲームの本作。MS部隊を率い、敵軍の壊滅を
図るべく、敵MS艦隊とバトルを繰り広げることになるわけです。
そして、その中でバトルパートだけはアクションで行うという、
どこかで聞いたようなシステムを採用していているのですが・・・。

シリーズ随一の完成度(平均レベルは標準?)
 MSの性能差がありすぎたり、CPUが馬鹿であったり、特に昔のガンダム
ゲームは、見るに耐えない内容のものが多かった気がしています。
しかし、このSDガンダムGXにはそれがない・・・と、私は感じています。
特徴がないのが特徴とでも言いましょうか、どれも「中~中の下」ぐらいで
留まっている感じですかね・・・?

 もっとも、これが高評価の理由に繋がる時点で、かつてのガンダムゲームが
怪しい出来ばかりだった事の証明にもなってしまうのですが・・・。

白熱のバトル・・・のはず

 通称「ガチャポン戦記」と呼ばれるシリーズの最大の見所は、やはり
MS同士のバトルしかないでしょう!MA(モビルアーマー)が極端にに強い点を
除けば、CPCの実力も中の下ぐらいで、丁度いいのではないかと思われます。
ユニットの種類が少なめなのはご愛嬌・・・?

作品のオリジナル要素

 地球が最大で4つも、月も最大で3つまで同時に登場します。
・・・と言うと、凄いカオスなイメージを持たれかねませんが。
そして、それぞれの地形を自由に選択することで、都市(収入源)や
基地(ユニットの生産に使用)の配置が変化、マップの構成もある程度の
選択肢の中から選べるので、それなりに自由度があるのではないかと。

 大将MSやトルネードガンダムというオリジナルMSが登場、
若干変なネーミングのユニットや軍隊も存在したりしなかったり・・・。

総評

 ハッキリ言うと、高い完成度を誇っているわけではありません。
しかし、旧作としては、欠点らしい欠点が見当たらないのが特徴かと。

 グフやドムが宇宙にいたり、後半金があまりすぎたりもしますが、
ゲームバランスは十分に満足できるものではないかと思うのですが・・・。
最近はゲームキューブやWiiなどで「ガシャポン戦士」シリーズとして
それなりにシリーズも存続していますし、それなりにお勧め出来る作品です。

 ・・・「それなり」としか言えないのが、このゲームの寂しさというか。
まぁ、SDガンダムに興味があるのなら、1度はやってみて損はないかと。
もっとも、SDガンダムの人気自体が微妙ですけどね・・・。
[ 2007/08/26 22:22 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター