ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ムシウタ 第7話「夢ノ迷路」の感想・・・のはず 

 あー、かっこう大人気。ただ、あのカメラ少女をプッシュする
理由がハッキリしないのが・・・いいんですよね、これが。
分からないから面白い。たとえばパロディネタが氾濫した作品
ならば、知っている方がより多くの事を楽しめると言われています。
しかし、知らない人間には知らない人間にしか楽しめない要素も
あるはず・・・と、個人的に考えていたりしているんですよね。


かっこうの人気?
 流石は主人公。多くのヒロインに好かれています。
もっとも、その好かれ方が多種多様といいますか、それが
ある意味でムシウタらしさを引き出しているといいますか・・・。
ムシというより、最強キャラと称されているかっこうと、
ふゆほたるである詩歌の2人を軸に話が進んでいるような?
メインなので当然といえば当然なんですけどね。
まぁ、もてる男は辛いねぇ・・・。

かっこうと利菜
 ・・・スルーの方向で。こういうのもアリというぐらいでしょうか?

3人組が参上
 霞王さんとCとおまけが1人。おまけだけあって、必要ない?
どうにもストーリーに絡みそうな気配もないのですしね。
かっこうとCの間に、一体何が・・・?とか思ったり、それほど
気にはならなかったり。今後の展開にちょっとだけ期待しておきます。

詩歌と利菜
 かっこうという存在が、2人にどんな影響を及ぼすことになるのか?
厳密には、「ムシ」という存在そのものに踊らされる事になるのか?
・・・いや、よく分からないのですが、そこがまたいいのです。
原作を知らない事で、都合のいい妄想を膨らますこともできますし、
どうとでも捉えることもできる。先が読めない、というよりは
「読み取りようのない雰囲気」がまた、ムシウタの魅力なのかも。

土師圭吾
 やっぱこの人の魅力がたまらないですね。悪か善かすら謎だったり
するのですが、この人あっての「ムシウタ」の気さえしています。
とりあえず、彼の活躍が見れるだけでも、この作品を見続ける価値が
あると確信しています。嫌味な雰囲気を醸し出しつつも、どうにも
憎めないキャラ。むしろ、1番感情移入しやすいのかもしれません。

 本部から人が来ても、余裕の態度。むしろ、その状態を少し
楽しんでいるようにすら見えます。妹との強い結びつき。
それが彼女を生かし、彼をも生かしているとか、いないとか?
かっこうとの何気ないやり取りにも、心なしか信頼っぽいものが
あるようにも見受けられますし、この2人の関係も気になる所です。

 この作品を一言で表現するなら、「土師圭吾ゲーム」!
・・・何かおかしい気もしますが、私の脳内ではそんなイメージ。
つまり、謎に満ちた作品において、謎だらけの彼は物語の陰の主役。
とりあえず、そういう事にしておいてくださいな。

トラックバック送信先
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
何といっても、ああいう危ない面々の中で育っているのですから、
多少は腹黒くもなる・・・のかも?
[ 2007/08/18 09:08 ] アニメ、漫画 | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/384-c7285b62

ムシウタ03 夢はばたく翼 (スニーカー文庫)土師のもとへ、特環中央本部所属の“霞王”が現れた。彼女は“かっこう”へのライバル意識から、“ふゆほたる”捕獲に意欲をみせる。また、あさみは自身に宿る不思議な力が虫憑きの能力とは知らぬまま、その能力で詩歌の秘密に....
品質評価 13 / 萌え評価 31 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 18 / シリアス評価 18 / お色気評価 0 / 総合評価 14レビュー数 38 件 土師のもとへ、特環中央本部所属の“霞王”が現れた。彼女は“かっこう”へのライバル意識から、“ふゆほたる”捕獲に意欲をみせる。また、あ...
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ステータス?
カウンター