ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

138話を見て、「これこそが(今の)マリアさん」と再認識。 

 138話の内容を思い出していると、やっぱりマリアさんは、
こういうポジションに立ってこそ、その本来の優しさとか思いやり
とか、有能なハウスメイドさんとしての気配りとかも活きてくる気も
しています。

 敢えて言うならば「陰でこそ栄える隠花植物(by?)」という
言葉が、「今の」マリアさんには合っているのかも。
あくまで、それは「今の」でしかないのですが・・・。


 まずは冒頭でのナギとのやり取り。お茶の準備をしながらナギの
話にも耳を傾ける際の、マリアさんの横顔が可愛い&美しい!!

 ・・・というのは置いときまして、やっぱりこの役回りなんですよ。
あくまで聞き手に徹するのが今のマリアさん。基本的には
話の進行を円滑に行うための存在でしかないと捉える事もでき、
彼女が物語の中心に立つ事は滅多にありません。

 しかし、それこそが今のマリアさん。この話を見ていると、
むしろ今回の138話は、マリアさんの魅力を最大限に引き出して
いるとすら言える・・・かもしれませんし、そうでないかもしれません。


 また、あの人が蚊帳の外…。マリアさん…。
[ハヤテのごとく!]138話感想 みっつの世界より)


 そうなんですよ、見方によっては、というより普通に考えれば、
この感覚を持って然るべきなんですよ。「バイト」を中心としたお話で
ある以上、その場にいないマリアさんは、またも本筋から除外されて
いる。そういう結論に達するのが自然な流れにも思えます。

 しかし、今回のマリアさんの扱いを見て、むしろこのポジションが
マリアさんの今現在の居場所であり、蚊帳の外というよりも自分の
持ち場でもって、マリアさんの良さを存分に引き出した内容にすら
思えてしまいました。1マリアさんファンとして満足できるかどうかは
定かではありませんか、少なくとも私は、こういう描写のマリアさんを
求めて止まなかったんですよね・・・。

 メインヒロインであるマリアさんを「縁の下の力持ち」と評する
のが正しいのかは怪しい所ですが、現時点の立場を考えると、それが
1番適切な表現に思えていたり。何より、マリアさんといえば・・・。


マリアはこの漫画において
現時点では出番はあまり多くなくいのですが、決して脇役では
有り得ないという難儀な位置のメインヒロインです。

(「まんが家BACKSTAGE Vol.89」より)


 やはり作者自身の口から「もう1人のメインヒロイン」と
位置付けられているのは大きいんですよね。その束縛というか不動の
設定が根幹にあるハヤテのごとく!としてのジャンルも謎ですが、
それ以上にマリアさんという「謎多きメインヒロイン」がまた、
この作品の異常性を表しているんじゃないかと。
 そもそも、畑先生自ら「難儀な位置のメインヒロイン」と公言
しているのが、どうにも少し引っかかったり、そうでもなかったり・・・。

 今はこのポジションでいい、というよりはこのポジションいい
と感じていたりもします。125話で何の脈絡もなく西沢さんへの
チョコをハヤテから受け取ったり、134話や135話で全キャラから
スルーされるためだけに登場するような事でもない限りは、ですが。

 まぁ、何か悟ったみたいな駄文を書いていますが、正直終盤になって
話の中心にマリアさんが存在するにしても、どんな形で物語の根幹に
関わってくるのかは、全く分かっておりませんので・・・。

 メイド喫茶、バイト、ナギと西沢さん(とヒナギク?)、誕生日
など、語ってみたい事は山ほどあるお話でした。しかし、、ここは
敢えてマリアさんファンとしての筋を貫き通し、それ以外は尊敬すべき
他のハヤテブロガーの皆様にお任せする次第です・・・。

*今日は何故か記事を書く気力が0に近い状態なので、
いつになく支離滅裂な文章になっていて申し訳ありません。
 とりあえず、マリアさんファンとして何か書こうとした結果が
こんなボロボロな文章になってしまいました。
この突然のモチベーション低下の原因は未だ不明です・・・。
[ 2007/08/02 17:36 ] マリアさん | TB(0) | CM(2)
やはりれろさんもそう思われましたか。

今週の感想では一文しか書きませんでしたが、
私も今回のマリアさんこそが『真の姿』である
と、再認識させられました。

その分、『縁の下の力持ち』というか
脇役のポジションに回ってしまいますが、
それでも咲夜嬢と違うのは
ハヤテやナギ、その他のキャラクターに対して
物語の根幹を揺るがす行動と発言をするところ。

マリアさんはつくづく重要な役割を担っている人だなー
と、改めて実感しましたね。
[ 2007/08/02 20:42 ] [ 編集 ]
>take23さん

>今回のマリアさんこそが『真の姿』

話の中心にマリアさんがいるわけではないのですが、
話の根幹には何らかの形で関わっている。
それが今のマリアさんかな~と感じたりもしております。

>物語の根幹を揺るがす行動と発言をする

人の背中をそっと押してあげたりするのは、
マリアさんの魅力の1つですからね。
もっとも、咲夜嬢には彼女なりに、彼女にしか務まらない
役割が与えられているとは思いますが。

仮にももう1人のメインヒロインですからね。
その意味では重要な役割を担って然るべきなのかもしれませんが、
当分はサブに近い扱いなのかも・・・。

コメントありがとうございました。
[ 2007/08/03 06:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。