ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく! 第136話 感想 

 ナギとタマ、運命の出会い(前編)。そんな感じの第136話
「なんだかんだで自分ちの猫が一番かわいい」の感想です。
・・・う~む、これまでやってきた中で、1番感想が書きにくいかも。


 さて、今週のお話は「ナギとタマの出会い」に焦点を当てた
内容みたいですが、意外と書く事がありませんね・・・。

 とりあえず、TVを見つつ、危険な生き物について色々と考えを
巡らせるナギとマリアさん。普段から近くにはホワイトタイガー猫の
タマがいるわけですが、その辺は気にも留めないご様子・・・。

 ここでマリアさんは、当然ナギの視点にあわせて話をされます。
疑り深い借金執事とは大違いですね。常に思慮深く、ナギの立場を
最優先に考えるマリアさんの行動は、流石の一言に尽きます。
かの「思慮深きフクロウ」よりも思慮深いマリアさんは、
ハウスメイドさんは元より、全人類のお手本のような存在です。
 
 そんな借金執事の態度に納得いかないタマは、早速ハヤテを
呼び出して、脅しをかけるわけです。しかし、自分が三千院家に
留まる理由はいたって真面目。「お嬢たちを守るため」だとか。
確かに、ハヤテなら手出ししかねません。過去に主であるナギにも
「マリアに手を出したら…殺す程度じゃすまさんぞ…」と釘を刺されて
いましたし。こういった何気ないやり取りの中にも、タマが如何に
自らの主を大切に思っているのかを窺い知る事ができますね。

・・・そんな深い理由が秘められているかは限りなく怪しいですが。

 お嬢たちを再び独占したいという情熱を燃やしだしたタマは、
今度はシラヌイの元へ。しかし、変なトラックで輸送され、
どこかへ行ってしまいます。・・・いっその事、運転手に
話しかけて、トラックを止めてもらう事はできないんですかね?
・・・少女の夢以外は壊しても問題ないみたいですし。

 そんな最中、当の三千院家ではナギとタマの出会いについて色々と
語られておりました。「ナギの友人の妹のジェニー(4歳)」と
アフリカでタマを見つけ、周囲の猛獣から追われている所を、
友人の伊澄がこっそり助けたと。

 親がいないタマに何かを感じ取ったナギ。この一連のやり取りを
見ていると、その際のナギの表情が妙に引っかかると言いますか。
この時点で、ナギの母親は既に他界しているという事でしょうか?

 「自分が親代わりになってあげる」という発想は、極めてシンプルで
あると同時に、ハヤテのごとく!世界においては、かなり重要な要素を
持っているようにも見受けられる・・・かもしれません。正確には、
作中における「親」の定義が複雑なだけかもしれませんが。

 普通に親がいる者、親と微妙に距離を置いている者、親が既に
他界してしまった者、親に捨てられた者、捨てられた後に別の人に
親代わりになってもらった者、そして、親の存在すら知らない者・・・。

 ・・・書いていて鬱になりそうなので、この辺はとりあえずスルー。
あくまで基本はギャグ漫画。こういった危ない部分には滅多やたらと
触れてはいけない気が、していたりいなかったり・・・。

 そして出ました、ナギの「もう1人の友人」に関する情報が。
あれがイメージ描写なので何とも言えませんが、ジェニーという
名前が本当なら、その友人は外国の方か何かなのでしょうか?
 当時のナギの年齢なども考えると、ミコノス島時代から交友関係が
成立していた可能性もあるので、もしかしてゴールデンウィーク編で
顔見せにでもなるんでしょうかねぇ・・・?

 例によって断片的な情報開示なので、いくらでも妄想できるのが
いいですね。そもそも、ナギ、伊澄、ジェニーの3人以外に誰か
同行していた人はいないんですかね?少なくとも、この時点で咲夜
とは知り合いだったはずですし。・・・当時のマリアさんについては、
あまりに情報不足なので。ナギよりクラウスの方が付き合いが長いって
時点でよく分かりませんし・・・。

 それと、伊澄の能力。あの頃から一般的な攻撃能力は
備わっていたんですね。案外易々と力を制御していますし・・・。

 まぁ、今回初登場を果たしたジェニーというキャラが、今後本筋に
絡んでくるかは微妙でしょうけど、やはり兄の存在は気になる所です。
ナギの他の友人と比べ、明らかに扱いやら登場機会やらが異なるのに
深い意味があるのか、別に大した理由はないのか・・・。
あ~、色々と考えを巡らせてみようとは思いつつ、意見がまとまりそう
にもないので、他の方々の感想でも楽しみに待ちたいかと思います。

 次週、タマが窮地に立たされる!?
・・・シラヌイはどこに行ったんでしょうかね?



親愛なるトラックバック先(何故かコメントが浮かばない・・・)

ヒナギク様をみてるっ!?
つまりアレですよ、「さぁ、今回は恩情策はなしでヒナギクの出番は
ありません。休載?タカヒナニ号たんの出番?それとも・・・!?」
みたいな畑先生の挑戦というか遊び心・・・なわけないですね。
出番がない事も多々ありますし。

サクラ咲く夜に
つまりアレですよ、「ほらほら、感想が書きにくいですよ。こんな
危機的状況で皆さんはどんな感想を書かれるのかな?」という
畑先生の挑戦状なんですよ!

360度の方針転換
なるほど、三千院家の正体が猫屋敷だったとは・・・!5匹の
個性豊かな猫と、1人の変態によって三千院家は構成されていると。
名前が揃ってカタカナというのも、何かの縁かもしれません。

ひなぎくのなく頂に葱
まぁ、伊澄のいう事ならば、案外素直に信用しそうですからね。
それだけ仲が良い事の証明なのでしょう。

麒麟の未来日記
なるほど、「孤独」というテーマに主眼を置くわけですか・・・。
親がいない=孤独という単純な図式は成り立たないという事を、
伊澄は伝えようとしたと。

さくら日記
そうなんですよね、若干悪ぶってはいますが、基本的にタマはいい奴
だとは思うんですよ。少なくとも、その他SPの皆様よりは主の役に
立っていそうです・・・。

疾風のように輝いて
まぁ、これだけで人語を操れるようになったかは微妙ですが。

tanabeebanatの日記
「守る」。なんともギャグ漫画らしからぬ提案。それもこれも全ては
スーパーハイブリッドコミックの成せる業なのでしょうかね?
・・・私もそれに1票投じてしまいましたし。

明日はきっと。
タマが拾われた理由。私はずっと気にしてのですが、やはり大半の
方にはどうでもいい事柄だったんでしょうかね?感想が総じて短い
のが、その無関心さを証明しているとも言えそうですし。

ボルツの迷走?
こんなにツッコミ所満載なキャラが出てしまうと、誰しも気になって
しまうでしょうね。・・・兄そっちのけですが。

Moon of Samurai
いつものように、流れるような感想文。綿密に練られた構図。
そして最後にはその締めを持ってくるわけですか。
素晴らしい文章です。・・・1点を除いて。

現実、時々理想。
知らない事はよいことです。しかし、マリアさんのメイン話がない
のは悪い事です。これを解消するには、つまり、えっと・・・
「マリアさんの出番はまだですか?」という事です。

星の海へ行こう!
タマが本領を発揮すれば、無能なSP諸君はもちろんの事、クラウスの
口封じすら楽々とこなしてしまいそうですからね。

静夜詩
確かに、伊澄が最強という結論に至るのも納得かもしれませんね。
まぁ、身体能力自体は低いので、技を使う前にやられる可能性は
十分にありますが・・・。

ヘイルトゥ一休さんっ!!
・・・おお!まさかイマイチ不評な感も漂うタマに対し、
「かっこいい」などとは!実に素晴らしい感性です。

青色のない信号
う~む、深い。そんな壮大なオチを提案なさるとは・・・!
可変可能であるという口実を作ってしまえば、全てがまかり通るという
作戦。・・・ジェニーの巨大化は、その伏線でしょうかね?

くるくるばたばた
これは情報の積極的な開示が生み出した弊害なのでしょうかね?
確かに内容が内容なだけに、見方によってはかなりイメージの違う
話になってしまうかも・・・。

アニメ好きの気まぐれ感想ブログ
悪の雰囲気を出しつつも、悪には徹しきれない。
それがタマのタマたる所以なんでしょうね・・・。
[ 2007/07/18 08:57 ] ハヤテのごとく! | TB(18) | CM(2)
タマが、なんだか冷たい視線にさらされてるのが、
なんだか、マイノリティなキャラのファンとして、同情したくなるところもなきにしもあらず、なのですが・・・
あまり愚痴もいいたくないのですが・・・

・・・メインの位置は与えられてなくても、
なんだかんだいって、タマの出番はけっこうあるわけなんですよね。

そこらへんの、統計学的なデータは、れろさんがよくご存知でしょうし。

アニメでも、タマは活躍してますし・・・

あの、タマよりも、もうちょっと、
スポットライトをあててあげるべき女性(ひと)が
いると思うんだ・・・。
[ 2007/07/19 22:32 ] [ 編集 ]
ニコさん、こんにちは。

タマって、結構可哀想な評価を受けている気がしてなりませんね。
もちろん、全ては西沢さんとのやり取りに起因しているので、
自業自得と言わざるを得ないかもしれませんが。もっとも、
それをひたすら引きずってタマを突き放すのもどうかと、
心の奥底では思っていたりしているのですが・・・。

>統計学的なデータ

まぁ、それなりに出番は与えられているんですよね。
本人曰く、マスコットキャラなので、それなりに活躍の機会も
あるのでしょう。一応、人気投票で12位だったりと、
人気もあるみたいですし。

>スポットライトをあててあげるべき女性(ひと)

女性(ひと)というニュアンスに、何故か脱帽。
女の子ではない、大人な女性に向けた紳士的発言、さすがです。
まぁ、ここはスポットライト以前に、まずは出番を・・・。

コメントありがとうございました。
[ 2007/07/20 06:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/309-3d126b86

 愛猫争いとは、客を招いてごちそうすることでもなければ、 毛玉を練ったり、喉を鳴らしたり、昼寝をしたりすることでもない。 そんなお上品でおっとりとした、雅やかなものではない。 愛猫争いとは暴力である。 一つの品種が他の品種を打ち倒す、激烈な行動....
[2007/07/18 12:09] 360度の方針転換
ハヤテのごとく!「なんだかんだで自分ちの猫が一番かわいい」という第136話。猫…でしたっけ?それ……。のヒナギク様。ヒナギク様が出てない!!「えっと……タカヒナ二号くん?」ヒナギク様が出てないんです
タマのくせに1話まるまるとは生意気だぞw(ジャ○アン風に)虎のくせに借金執事脅すなよwだからアフリカに虎いないってwなんかジェニーとかいう奴出てきたぞAHA~いや猫じゃないってwいろんな動
[2007/07/18 14:12] ひなぎくのなく頂に葱
7月18日(水)今週もハヤテのごとく!の感想を更新するわけです。そしてレンジマンの休載でハヤテのごとく!が読めるアリガタサを感じるわけですね。。。。・゚・(ノД`)今週のハヤテ!は「私が助けてやる!」と母親を亡くしたばかりのナギの心境が涙を誘う場面から始め
[2007/07/18 19:37] 麒麟の未来日記
第136話「なんだかんだで自分ちの猫が一番かわいい」の感想。えーと…今回は扉絵だけで誰がメインか分かりました。正直、タマがメインじゃ感想のしようがねーよ!!なので今回はものっすごく適当な感想なので
[2007/07/18 21:24] 疾風のように輝いて
第136話 なんだかんだで自分ちの猫が一番可愛い※タイトルの数字は本家からの通し番号で行きます前回、数名の方がMAJORの後に伊澄さんのメイド服は無いだろ的な感じで突っ込まれていました。私もMAJORは毎
[2007/07/18 21:26] サクラ咲く夜に(仮)
今回は三千院家の白い猫が主役の第136話の感想です。
[2007/07/18 22:10] さくら日記
ハヤテのごとく!~第136話~「なんだかんだで自分ちの猫が一番かわいい」12巻買いましたか?もちろん、初回限定版を買ってきました。レビューは明日に、それでは本編に・・・
[2007/07/18 22:43] ボルツの迷走?
 「なんだかんだで自分ちの猫が一番かわいい」という第136話。猫……でしたっけ? それ…… 今回のサブタイトルの元ネタは十中八九存在しないオリジナルでしょう。 さて、内容はというと三千院家のペットのタマ
[2007/07/18 22:52] Moon of Samurai
第136話 「なんだかんだで自分ちの猫が一番かわいい」の感想です。扉絵はナギ・・・基本的にはスカートが短いですが、中は普通見えないようにしてあります。まぁ別に望んではいませんが。座り方はわりと好きで
[2007/07/19 00:16] 現実、時々理想。
 ハヤテ最新12巻を購入。場所はとらのあなにてです。さすがに今回はお金がなかったので、数冊購入という暴挙には出ませんでした。別記事にてレビューは書きたいと思っております。
[2007/07/19 04:12] 星の海へ行こう!
「なんだかんだで自分ちの猫が一番かわいい」という136話。猫…でしたっけ?それ…の感想です。扉絵タマが小さいとこからみると、現在のナギお嬢様+昔のタマって図なのでしょうかね…?じゃないと、ナギが殆ど育
[2007/07/19 16:04] 静夜詩
読み終わってしばらくの間言葉がでませんでした。(挨拶) ということで、今週のハヤテのごとく!「『なんだかんだで自分ちの猫が一番かわいい』という第136話。猫…でしたっけ?それ……」の感想です…。今週ほど感想の書きにくい回はないと思いつつ感想を書く。今週のま
[2007/07/19 17:20] 明日はきっと。
「なんだかんだで自分ちの猫が一番かわいい」という第136話。 読んでいるときの感...
[2007/07/19 22:21] 青色のない信号
西沢さんファンの皆様、お待たせしました。やつがひどい目にあうお話です。 とは言ってみた物の感想書きづらい話ですねぇ。特に私みたいな書き勝たしているとどう書いていいのやらって感じです。いえ、いくつか突っ込みどころは用意されているんですけれど、というかむしろ
[2007/07/19 22:47] tanabeebanatの日記
威嚇をなさるかっこいいタマ。なんだか虫の居所がとっても悪いネコのタマ、チョーシこいてる新米執事をイワしたりとかしてました。そして別れて、庭に出て、ハヤテくん抹殺計画とかをぼんやり思ってたりとかしていると、そんなところにもう一匹の宿敵・シラヌイが・・・。..
 なんか、あんま、おもろくない。 なんとなくだけど、事前情報が余計な方向に働いちゃってるケースその一だと思う。 一巻のキャラ紹介タマの部分で、「人語を解すようになった理由」とか「ナギが猫と言って譲らな
[2007/07/20 18:32] くるくるばたばた
ハヤテのごとく!「なんだかんだで自分ちの猫が一番かわいい」という136話。猫…でしたっけ?それ の超簡易感想。
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター