ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

意外と凝っている気もする「マジカルバケーション」 

 かつて、「魔法大国コヴォマカ国」という場所で戦争があった。
それから数年後、ウィルオウィスプ魔法学校長のグラン・ドラジェ
誘われた主人公は、流れで学校に入学。ある時、臨海学校を訪れる
事になるのだが・・・みたいな話で、物語は動き出します。

 株式会社ブラウニーブラウンという、ちょっと怪しげなメーカーが
開発した「マジカルバケーション」。作品が醸し出す雰囲気は、
一風変わったRPGといった所でしょうか?


 このゲーム、ゲームボーイアドバンスの初期に発売されたのですが、
これが中々に完成度が高かったりします。グラフィック、ストーリー
ゲームバランスなど、いい意味で無難なまとまりがあります。

 その中にあって、システム面にはかなりのこだわりを感じます。
多彩な属性を設定した、個性のある「精霊」。その精霊をうまく
駆使することで発動する「精霊コンボ」。魔法の世界らしい、
何ともファンタジーな雰囲気を、より引き立たせているかと。
仲間の選択肢も広いので、非常に自由度の高いパーティー編成を
楽しむ事もできるでしょう。

 ただ、上記した2点が、少し詰め込みすぎな感は否めません。
精霊の使い分けは、ある程度の慣れが要求されるほどのものであり、
作品の雰囲気とは裏腹に、ライトユーザーには馴染みづらい部分も
あるでしょう。仲間にしても、結局は使える人数が限られてしまう
ので、本当の意味で楽しみ尽くすには、かなりの時間を要してしまい
ます。ちなみに、最高レベルが999なので、それを目指すのは
一苦労でしょう(私は途中で挫折しました・・・)。

 また、通信システムに関しても、かなり優遇されすぎだったり
します。仲間内で同じゲームをやっている人がいないと、能力が劣る
のはもちろんの事、特定のダンジョンに挑戦不可能になったりもして
いるので、イマイチしっくりこないかもしれません。

 まぁ、結構批判的なレビューになってはいますが、トータルでみれば
良作と考えています。ハードの初期作にしては、かなり作りこんでいる
印象を受けますし、ボリュームも申し分ないかと、敢えて問題提起する
なら、その折角のボリュームを楽しみ尽くせるプレイヤーがごく一部に
留まってしまうような仕様でしょうかね?

 そこそこに秀作、気が向いたらどうぞって感じです、はい。
最後にどうでもいい事ですが、私はこのゲームを300円で買った
記憶があります。安く買えた分、満足度は高かったかも。


総プレイ時間:約70時間
[ 2007/07/13 18:57 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。