ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニンテンドースイッチに関する公式発表を受けての感想 

 第一弾PV時にも感想を書いたのですが、昨日正式に価格やらロンチやら諸々情報が一気に解禁されたので、改めて思うこと書いてみようかな、と。


価格や発売日など
 29980円で3月3日発売予定、予約開始は1月21日から順次。個人的には3月末になるのかなぁと思ってたので、これはやはり決算とか想定して少し早めに出すってことでしょうかね。ただ、元々3月という公式発表は以前からありましたし、価格も常識的な範囲内。ただし、詳細なスペックが明かされたわけではないですし、価格から推測すると、やはりWiiU以上PS4以下になるのが妥当なラインという気はしますが。むしろこれでPS4に匹敵したら赤字垂れ流しハードになりますし、そういう路線にはしないという公式の見解もあったと記憶してるので、まあ無難なところに落ち着きそうです。


細かい機能
 このタイミングで目立った発表はなく、過去ハードの特徴を受け継いでますよー程度の話でした。ただ、頻繁に「据え置き機」というのを推していて、携帯機、つまりは3DSのDNAはまた別の携帯機に引き継がれるということなのかなと(需要の高そうなすれちがい通信とか話題になってなかったのを見る限り)。

 もう1つ、静止画撮影ボタン(将来的に動画も対応)というのは、他ハードでは以前からできたことで、ようやく実装だなぁというのが正直な所。ただ、任天堂といえば、現世代機でミーバースを展開していて、そことの兼ね合いがどうなるのかは少々気になります。というのも、静止画撮影の話題になった時に、公式見解として「SNSでシェア」という表現をしていて、あれミーバースは?と思ったので・・・。

 とりわけ、3DSやWiiUは固有の機能やアプリが結構デフォルトで備わっていて、公式もそれをウリにしていたフシがあったので、これはそこに割くリソースを減らした(なくした)ということかもですね。要はWiiUチャットとか入れずにスマホと連携すりゃボイチャとかも普通にできますよ(もしくはPS4とかと同様本体で標準的にサポート)とか、出前とかゲームの面白さや利便性などに直接寄与しないソフトは無しですよとか。開発環境をインディーズ意識してるという話もありましたし、使うかわからないものをとりあえず色々詰め込むんじゃなくて、開発しやすさとわかり易さを重視するスタイル。


画面サイズとタッチパネル形式
 サイズは6.2、つまりはWiiUと同じ。そして何よりも、タッチパネルがこれまでの感圧から静電容量、つまりはスマホやタブレットの類と同じ形式になるそう。長らくゲーム機でお絵かき勢だった身としては、ある意味1番大きな変化かもしれません。タッチペンによる描き心地がどの程度変化するか・・・ただこれがマイナス要素になるなら、スイッチのタッチパネルはあくまでゲームのためと割り切って、ペンタブとかを別途購入するという選択肢もあるのかなと。あくまで個人的なお話で、そもそもゲーム機お絵かき勢は全体のごく一握りでしょうけども。

 ただ、この変更点こそ妥当といいますか、先程の開発環境の話も考慮するなら、スマホやタブレットとの連携という点でも、同じ形式のほうが何かと都合が良いでしょうからね。これによてゲームの幅が広がることに期待したいです。


ロンチタイトルと今後のソフト展開
 ロンチに関しては、残念ながら、現時点での発表としては、考えられる最底辺のラインナップ。1-2-SwitchがWiiスポーツみたいな大ヒットになるなら別ですが、元々WiiU予定だったのをマルチにしたゼルダが最大のウリって時点で開発が間に合っていないのは明らかですし、サードに至ってはほとんどが移植系。これが「ディスガイア6が出ます!」とか「ドラゴンクエストヒーローズ3が出ます!」なら、そのためにハード買うって層はいるでしょうけど、これではやっていることがWiiU時代と全く同じという。ここから追加タイトルが増えることを期待する他ないですが・・・。

 今後の発売予定や開発中の話題にしても、恐ろしくトーンダウン。マリカーはまさかの出来の微妙なWiiU拡張版みたいなやつで、スイッチ版の最低限の情報すら無し。何故かマリオも年末まで出ない(発表時になかっただけで2Dマリオはあるかもですが)、参入表明してる企業の数に対して開発中タイトルが少なすぎ(全て完全新規とか人気シリーズ最新作なら別ですが)。スプラトゥーンが夏に出るというのは朗報に聞こえますが、あれってまだ発売から2年で、本来なら他タイトルが前半充実してる前提で、しっかり作り込んだ上で満を持して来年以降に発売が理想、というのが当初の自分の予想と言うか期待だったんですよね。まだ普通に売れてるのに後発ハードで早期展開ってWiiUのマリカーやスマブラに通じるものがありますし、買ってもらいたいがためにWiiUサービスを早々と終了するという最悪のシナリオすらありそうで戦々恐々。


オンライン有料化
 PSやXboxと同じ形式になるという話。ただし正式サービスは秋からで、それまでは無料。これは永続的に無料と勘違いするユーザが確実に大量発生しそうなので、最初から有料化すべきだと思うのですが・・・。正式サービスが間に合わないから仕方なくというのなら、秋まで無料じゃなくてそういうオンラインチケットみたいなのをつけるくらいしかないのかな、という気がしますが。それなら、無料なのは一時的ですよって分かりやすいですし。

 ただ、実はここが1番期待している所だったりもします。というのも、公式サイトにさらっと書いてあるだけですが、有料化サービスの1つとして、「ファミコンやスーパーファミコン等のゲームにオンライン対応したものがフリープレイで遊べる」というもの。これは自分が以前からバーチャルコンソールの展開として期待していたことそのもので、ラインナップ次第では素晴らしいサービスになりえるのではないかと。
 気になるのは、バーチャルコンソールとの住み分けでしょうか。例えば初代スーパーマリオカートがフリープレイになったとして、バーチャルコンソールはどうなるのか、みたいな。あくまでフリープレイ限定の話なのか、バーチャルコンソール版自体がオン対応になるのか、そもそもバーチャルコンソール単独の販売があるのか・・・。PSのフリープレイは基本的にはアーカイブスタイトルとは別だったはずですし、かといってそのためだけにバーチャルコンソールを止めるという選択をするとも考えにくいですからね。



 ソフト個別の感想などについては改めて書くかもですが、全体としてはこんな所でしょうか。自分は買うでしょうけど、現状サードのやる気が最底辺に近いのが気がかり、という程度。1番の注目はフリープレイの展開、次点でタッチパネルの操作感覚。まあ、もとより過度な期待はしていなかったので、予約購入できそうなら予約して、意外にも争奪戦になって予約できなかったら、最悪スプラ2まで待ちでもいいかな、と。

[ 2017/01/14 07:36 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。