ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

RPGツクールVX Ace プレイ感想 

 セール品と書いてあると欲しくなるのが人の性なのでしょうか、思わず買ってしまった本作。一通り触ってみた現時点での感想でも書いてみます。なお、ツクールシリーズはスーパーファミコンの「2」以来で、PC向けとしては初プレイとなります(配布フリーゲームとして遊ぶ側なら、XP製ゲームは結構触ってましたが)。

 実際に触ってまず思ったのは、作りやすいけど、何からやればいいのかは若干分かり難い、ということ。
 作りやすさという点でいうと、単純に素材が豊富なのもありますが、マップやキャラクターのエディットも直感的に操作しやすいですし、イベント等も簡単に作れるので、基本的な操作方法さえ身に付ければ、あまり迷うことはありませんでした。
 一方で分かり難さという点に目を向けると、ツールが豊富ではいどうぞ!という感じではあるのですが、実際のソフトだけで何から手を付ければいいのかは少々戸惑う印象。まあ、基本的にツクールシリーズを触ってた前提の作りといえばそれまでですが、製作チュートリアルみたいな所からスタート(最初に選択できる項目を意図的に少なくして、徐々に拡張されていくみたいな形式)できる、慣れてる人はそれをスキップできる、みたいな選択肢があると尚良かったかもです。一応、シリーズのファンがネット上に基本的な操作を覚えるためのサイトやら何やらを公開してるので、その辺の情報を参考にしながら触るくらいが、初心者としては丁度良いのかも。

 ただ、1点気になったこととして、どんどん作りやすくわかりやすくなっている印象はあるんですけど、新しいことができるようになっているか、というのは別問題ということでしょうか。もちろん、自作スクリプトを組んだり、既存の素材や機能も工夫すれば色々な形にできるとは思うんですけど、そこに至るには本当にツクールの根底を理解して、必要に応じて勉強みたいなこともして、初めて今までと違うゲームが作り出せる、という印象。まあ、これまでの路線を継承しながら遊びやすくなっているだけでも十分な話であって、欠点というほどのものでもないですが。


 そんなわけで、そのまま触る分には全体として作りやすく、そこから一歩踏み込むには相当気合いれないと前に進むことすら出来ない、そんな感想ですかね。とりあえずは基本操作を覚えつつ最低限のゲームを作ることを第一に考えて、一段落したらちょっと違うことに挑戦してみる、くらいの感覚で遊ぶくらいがいいのかなぁと思った次第です。



[ 2016/06/16 22:23 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。