ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

マインクラフト(Vita版)プレイ感想 

 パッケージ版が出たら買うと決めてたので、そのプレイ感想です。

 マインクラフト自体は、PCをはじめマルチプラットフォームで展開されており、遊べないハードの方が珍しいレベルのタイトル。スマホアプリ版もありますし、それこそ現役では3DSとWiiU以外なら基本遊べます。ただ、携帯ゲーム機ということでいうと、3DS版がない時点で、当然Vita版しか存在しません。そこは昔からの携帯ゲーム派として、1番のポイント。

 実際に遊んでみて思ったのは、世界が思った以上に広いということ。どうもPS3版やVita版はPC版よりマップが狭いらしいんですけど、普通に遊んでいる範囲では全くそう感じません。おそらく、よほど巨大な、明確にこういうのを再現したい!と気合い入りまくりの人か、これ以前にPC版を標準として慣れ親しんできた人でない限り、問題ないのかなと。

 ゲームモードとしては、特にVita版固有のシステム等が導入されてるわけではなさそうです。なので、本当にそのまま携帯ゲーム機で遊べる、ということになるのですが、そのままなので若干マップが見にくいかな、とは思いましたね。特に夜になると、灯りをしっかり準備していても、視野の狭さから開拓しにくかったり、ということがあったりで。


 実際に開拓してみて思ったこと。・・・地下道掘り掘りするの楽しいですね、これ。というのも、最初普通の陸地とかにいるとして、1番シンプルなのは「地上に何か作る」か「地下を掘り進める」のどちらかになると思うんです。
 ただ、何か作るってことは、当然作るための素材を集める(木材とか石材とか)必要がありますし、何を作るか考えないと行けません。それはそれで楽しんですけど、地下道開拓は「一応掘りさえすれば地下道としては成立する」のがポイント。掘るための道具だけは必要になりますけど、実質それ1つを担いで掘りまくれば、なんかRPG世界のダンジョンみたいのが自然と出来上がるわけです。それをしているだけで楽しいですし、しばらく掘ったから地上に出てみるかーと上に向けて掘っていくと、また見慣れない風景が広がっていたり。黙々掘る作業的なプレイに見えて、多くの楽しみが詰まった遊び方じゃないかと。
 逆に、また建物とかをはじめ、地上の開拓は全然進んでいません。この辺はまとまった時間が必要になるでしょうし、他のゲームがある程度落ち着いたら、少しずつ進めていくつもりです。

 それともう1つ、素材が無限に使えるフリーマップ的なのがあるんですけど、これはこれで面白いですね。まだ初めて間もない段階ですけど、ネット上に転がってる設計図とかを参考に、いろんな施設や設備を再現したくなる、そんな魅力があります。もっとも、開拓しているという感じがなく、当然前述の地下道掘り掘り的な楽しみは見出しにくいので、この辺はそれぞれで楽しみ方を考えながら遊ぶことになりそうです。

 
 PC版を未プレイのまま手を出したので、比較は難しいですが、携帯ゲーム機で画面が小さいからマップが見にくい、という点をのぞいて、総じて満足の行く内容でした。フルプライスのソフトと比べて価格も安いですし、本当に自由に遊ぶことができるので、昔レゴであれこれやってた楽しさをゲームで体験できる、そんな感じです。まあ、とにかく無尽蔵に時間を消費すること、何を作ったりすることに頭を色々使って悩む必要があったりで、その辺の労力を楽しいと思えることが前提とは思いますが。

[ 2015/05/06 18:05 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター