ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レゴシティアンダーカバー チェイスビギンズ プレイ感想 

 前作にあたるWiiU版が面白かったので、今回の3DS新作も手を出してみました。

 ゲーム自体はWiiU版同様、あらゆるものがレゴで出来た街「レゴシティ」で、警官であるチェイス・マケインを操作して、様々な事件やら何やらを解決していく内容。前作をひと通り遊んだ経験があれば、遊ぶ上で特に困ることはないくらい、内容は似通っています。・・・まあ、元々海外では同時期に出たゲームなので、内容に大差がないのは当然といえば当然なのですが。

 しかし、実際遊んでいて思ったのは、「本当にWiiU版とほぼ同じだなぁ」ということ。一応、WiiU版は3DS版の2年後というのが舞台設定なのですが、基本的に同じレゴシティという街で、同じキャラクターを操作して遊ぶことになるので、遊んでいて違うを見つけるほうが困難なレベル。チェイス・マケインが様々なコスチュームを纏って特殊能力を使えるようになるのですが、見た目も能力もWiiU版と(ほぼ)一緒。お陰様で、遊ぶ際に操作に悩むこともなかったですが、どうしても完全新作感が薄くなり、前作ほどのワクワク感が得られないのは・・・分かっていたこととはいえ、少し物足りないところ。

 進め方も、登場人物もほぼ同じ。チェイスと仲がよろしくなくダンビー副署長に色々命じされ、その度新しい現場に赴き、新しいコスチュームを使いながら事件の真相を追っていくスタイル。当然、新しいコスチュームが増えることで寄り道できる範囲も広がっていくので、レゴシティを動きまわって、新しく行けるようになった場所や新イベントを探すのが楽しいのもお約束。基本的な移動手段が「一般人の車を奪いとって現場に直行して、その車は現場に放置する」という警官とは思えないプレイスタイルもそのまま。むしろ、この移動中に車を適当に乗り回すのが1番面白いくらいです。

 お話自体は、これも前作同様、アメリカンなノリが多く、海外ドラマの日本語訳版をゲームとして楽しんでいる感覚です。なので、そこは笑いどころなんだろうか・・・と思うこともたまにあったりなかったりですが、少なくとも国内産とは間違いなく雰囲気が異なるので、その新鮮味というのはレゴシティシリーズの魅力の1つと言える気がします。HAHAHA、的なアレ。


 こうして書いてみても、とにかくWiiU版とほぼ同じ、という話に落ち着いてしまうんですよね。なので、前作が面白いと感じた人は今作も面白いと感じるんじゃないかと。ただ、あまりに同じ過ぎて、新鮮味という部分でマイナス要素がありますが。携帯機ということで手軽に遊べるのもメリットですが、その分WiiU版がオープンワールド!感があったのが、今作は箱庭!感が強く、気持ち世界が狭い印象も。逆に前作未プレイの人は、ゲームとしてよくまとまってますし、時系列的にも3DSが先なので、是非1度プレイしてみることをオススメしたいです。その上で、続きもやってみたいと思ったならば、WiiU版も手を出してみる、くらいがいいのではないかと。


[ 2015/05/05 19:25 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。