ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アニメ「艦隊これくしょん-艦これ-」 12話まで観終えての感想 

 色々あって感想が途中で止まっていたので、最後まで見たところで、改めて書いてみようかなぁと。

 ・・・とはいったものの、もうネットでもたぶん散々言われている通り、「これはひどい」を体現した、あまりに突っ込みどころ満載のアニメでした。

良かった点
・絵のクオリティは最初から最後まで終始安定していて、目立った作画崩壊もなかった
・ギャグに徹したお話(カレーなど)は普通に面白いアニメレベルには収まっていた

悪かった点
・提督の描かれ方が意味不明な上、作戦もアレ。残念アニメを象徴する存在だった
・原作ネタが無理やり入れて話を意味不明にしてるだけのことが大半だった(修復剤など)
・憧れのはずの赤城の描き方が憧れとは程遠いアレな感じのことが多かった
・轟沈の意味が最後まで理解に苦しむものだった
・終盤の展開が何がしたいのかサッパリだった(運命が云々のあたりとか)
・ギャグとシリアスが終始綺麗に混ざってなくてバラバラだった

 実際にはもっと突っ込みどころがあったんですけど、兎にも角にも、何がしたいのか分からないストーリー展開、提督の描き方が意味不明、謎の轟沈、あたりに集約されるのかなーと思いましたね。徹底してギャグに振るなり、原作再現に重きをおくなり、史実再現に徹するなり、もう少し方針がしっかりしてれば、違う結果になったのかな、と。とりあえず短期間で、思いつくものを思いついた順番で適当に詰め込み、中途半端に史実意識をして、そうして生まれたアニメが今回の残念な結果をもたらしたのでしょう。

 最後に続編制作決定という告知もありましたけど、個人的には続編ではなく一から作り直すくらい、今回をなかったことにするくらいの舵取りに期待したい所です。これまで人気があって、期待値も高かったであろう作品なだけに、続編なるものに挽回の機会を託したいなと。まあ、そんなアニメでしたねというお話でした。

[ 2015/04/05 22:31 ] アニメ、漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。