ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく!487話感想 

 ついにスタートした、レベル5。レベル99がMAXかもしれない、そんなお話。

 ・・・ということでスタートした今回のお話ですが、このイベントはアイテム持ち込み不可ダンジョンで、事前に用意されたアイテムのみで戦わないといけない、ということでした。まあ、ゲームの世界ではよくある話ですね。あとはスキーを満喫したり、いつの間にかニュージーランドのどこかでナギが1人彷徨っていたりと、まあよくある展開。

 65話の例があるから、軽く観ている面もありますが、思えばナギが1人でどこかに放り出される展開は、アニメ3期で荒野に投げ出されたナギ的な構図と思い出したりもする今日この頃。いや、それより前に、伊豆でも1人途中下車ぶらり旅やってましたし、ハヤテのごとく!における長編は、とりあえずナギを1人未開の地に捨て去ることをしないと始まれないのかもしれません。そして、この手の描写において、ナギの「(伊澄ほどではないけど)方向音痴」と「体力がない」という両設定を活かすことができる、と。片方だけでは話として成立しなくなればこそ、の地味に大事な設定。まあ、体力無いキャラとして東宮君が高尾山で目立ったり、方向音痴を活かしてどこでにも現れることができるよう上手いこと仕向けた伊澄もいるわけで、今に始まった話ではないかもですが。

 そんなレベル5のスタートですが、なんか普通にスキー始めました。体力無い勢を横目に、華麗なテクニックを見せるハヤテとヒナギク。・・・ええ、これですよ、これ。私が求めているのは。

 何の話だということですけど、私は常々、かっこいいヒナギクは実に良いということを主張してきました。というのも、どんなキャラにも似合うもの、似合わないものは当然あるわけで、ヒナギクほど「カッコ良いシーンが似合うキャラ」は、ハヤテのごとく!にはいないと思うんですよね。バトル展開で颯爽と助けにシーンもそうですし、こういうスポーツするシーンも含めて。さらに、ハヤテも同じように高いレベルでスノーボードを使いこなしていて、この青春感は、この2人じゃないと出せない良さだと思うわけです。ハイスペックキャラは沢山いますけど、男女ペアでこの構図がサマになるのは、おそらくハヤテ&ヒナギクをおいて他にはいないんじゃないかと。1億5千万ネタをさらっと混ぜられるのは、このノリならではですし、いい意味でシリアス展開とも絡めることができてます。今週最大の注目ポイントは、きっとここです。

 なので、まあ他は蛇足みたいなものですけど、また変なキャラ突っ込んできて嫌な予感しかしないとか、ナギもスクフェスやってるけどイヤホンしてそうにないからきっと無音でもプレイできるテクニック持ってるんだろうなーとか、レベル5期間中に誕生日迎える伊澄の扱いが気になって仕方がないなーとか、お金やら学校行事やら何やらでマラソン大会臭半端無いけど雪路含めて色々不安しかないなーとか、色々思うことはあったりなかったりで。


 そんなイベント開幕回。前にも書いた通り、せっかくの新学期直後に新学期感を活かせる展開と真逆になっているのは少し引っかかりますが、ここから良い意味で予想を裏切ってくれることを期待するばかりです。

[ 2015/04/01 22:47 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。