ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トークバトルショーに参加してみて 

 モバマスの代表的なイベントである「トークバトルショー」、通称TBSに参加しました。

 内容としては、プロダクションマッチフェスティバル(通称フェス)に若干近く、基本的にはプロダクション同士の熱い殴り合いが展開されるイベントです。ただ、感覚としては、フェスは純粋に火力が全ての勝負を決めてしまう(=ドリンクとか多用して「走る」ことができるメンツが揃っていれば強い)印象で、TBSはそうでもないのかなと。

 始めたばかりで理解してないところが多いのですが、基本的に殴れば殴るほどポイント増えるのは同じ。なのですが、相手ポイントを大量に奪うことも出来るので、制限時間ギリギリに一気にポイントを奪って一発逆転を狙えるイベントなんですよね。もちろん、圧倒的火力で走り続ける余裕があれば別ですが・・・。

 ただ大事なのは、相手も同じことを考える場合が多分にあること。また、4つのプロダクションで勝負となるので、各々どのプロダクションからポイントを奪うかは分からないわけです。これまでの戦いっぷりはもちろん、データベースでプロダクションの過去戦歴やメンバー確認したりするのも1つの策ですし、確実に勝てる、という戦略は基本ない気がします。当然、力押しが全てのフェスと違い、プロダクションメンバー間でちゃんと連携ができていないと、なんら戦略の意味をなしません。相手プロとの駆け引きと、プロメンとの連携が勝負の決め手、そんな感じ。

 自分は大して戦力にはならないので、とりあえず「イベント終盤に大量ポイント奪いだけは発動させないよう立ちまわる」以外は特に意識してないのですが、何となくこの緊張感は面白いですね。普段のモバマスとは違うエネルギーを消費するので、ある意味疲労感も大きいですけど、こういうイベントは相手や所属プロ次第で色々変化が起きるので、同じイベントの繰り返しでもほど良い緊張感と新鮮さを維持できるんじゃないかと。もっとも、基本的には眺めているだけのことが多いので、他イベントより参加してる感は薄いですけど、これはこれで始めたての人間ならではの楽しみ方なのかもしれません。


[ 2015/03/29 19:28 ] デレマス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。