ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お金で時間を買うか否か 

 近年はソーシャルゲームで湯水のごとく課金するのがある意味当たり前になってしまった気がしますが、私個人としては、それもまたゲームの楽しみ方だろうなぁと思っています。俗にいうところの課金ゲーを好意的に捉えているかといえば、当然そんなことはないんですけども。

 ただ、それはあくまで「課金以外では(ほぼ)手に入らない」という話。例えばレベルが上がりやすくするアイテムだとか、単純にお金で時間を買うタイプの課金については、私自身が使うことはないのかなーと。

 理由は至って単純、ゲームはどこまで行っても暇つぶしだと考えているからです。暇つぶしなので、それこそレベル上げを淡々とする育成ゲームが大好きで、そのレベル上げ自体をお金で時間短縮しても、むしろ自分の楽しみを奪っていて逆効果な気がしてならないんですよね。
 もちろん、本当に時間がないけどゲームをクリアまで楽しみたいとか、いちいち体力が自然回復するの待てないからという感じで、課金アイテムに手を出す人もいます。単に、自分はそうまでして急ぎ足でゲームをやりたいと思わないだけで、使える時間の範囲で最大限楽しめばいいかなーというスタンス。 
 
 これはゲームに限った話ではなく、例えば「新幹線を使うか否か」とか、「速達を使うか否か」みたいなのもあります。ただここで重要なのは、時間短縮に必要な経費以上に、「短縮された分の時間の扱い」なんじゃないかと。
 新幹線の場合、当然電車に乗る時間が減ります(=目的地に早く着く)。車両も豪華になります(たぶん)。しかし、電車に長く乗る分が全て無駄になるわけではなく、別に社内でスマホ弄ることも、談笑することも出来るわけです。
 速達の場合は、純粋に時間短縮。その時間を自分が何かする、というわけではないですからね。

 基本的に、ゲームの時間短縮は前者のパターンであって、短縮することによる時間以外のデメリットが発生する場合も割かしあるように思います。この辺は考え方が人によって違うので、あくまで一個人としてのプレイスタイルに依存するとは思いますが、本来持っているゲームの楽しさを失うリスクというのは、中々に選択するのに勇気がいるんだろうなーとは常々思う所です。

 私はゲームが好きなので、「お金を時間で買う理論=ゲームの課金システム」みたいに考えますけど、先に上げた例に限らず、このパターンは本当にそこら中に存在しているんですよね。カット済野菜とか、骨なし肉とか、組み立て式の収納ケースとか、割と何でも。何かにおいてお金で時間を買うか否かという選択肢には今後もぶち当たるでしょうけど、これはモノによって、そして人の好みや考え方によって何が正しい選択か全く異なるので、この辺もあれこれ比較して悩むのもいいんじゃないかと。その悩む時間も勿体無いといえばそうですが、そうやってメリット・デメリットと頭のなかでグルグル考えるのもまた楽しいと思えるのなら、それもまた違った見方をさせる1つのキッカケになるかもですし。


[ 2015/03/27 20:23 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。