ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

絵でコミュニケーション 

 最近になって落書きレベルの絵をネットに投稿する機会が増えましたけど、それによって「絵は描き続けることそれ自体がコミュニケーションの一部になっているんだなぁ」というのを強く実感するようになりました。
 
 よくツイッターなんかでは、絵師は絵師同士でしか仲良くしない、なんて話題が定期的に辺りを賑わしています。理由は色々とは思うんですけど、自分の感覚としては絵が分かりやすいからクローズアップされるだけで、単に同じもの(絵描き)が好きというのは、それだけで話題を共有するには十分な理由なんだろうなーと。
 それを実感する契機となったのが、ミーバースへの投稿。基本的には任天堂公式のゲームコミュニティなのですが、ゲームパッドを使って手軽にお絵描きができるとあれば、自然と絵付きで色々投稿するわけです。私もその流れで絵をよく描いてたことがありますが、そのおかげで多くの方と知り合うことが出来ました。

 それは単純な投稿数の多さも有るんですけど、例えば自分はマリアさんとかをひたすら描き続けてきたので、周囲からはマリアさんが好きらしい人として認識されていました。それによって、私が何が好きかは覚えられるのはもちろんのこと、マリアさんがどんなキャラなのかも合わせて覚えてしまう、というのは1つポイントなんですよね。それによって自然と話題にもしやすくなりますし、人によってはそれに続く形でマリアさんを描いてくれたフレンドさんも何名か居たくらいです。絵は文字ほどにモノをいう(絵にモノ言わせることもありますが)とはこの事で、描いてるだけで立派なコミュニケーションが成立してる感がありあます。

 そもそも、自分がここまで絵を描いてみようと思った1番の理由が、とあるマリアさん絵チャで盛り上がってる知り合いの存在、というのが1番大きかったくらいですしね。せっかく同じファンなのに話題を共有しにくい、立ち入れない雰囲気がある、というのは何か物凄い損をしている気分になりまして。今となってはその意味合いも薄れてしまいましたが、コミュニケーションツールとしての絵の存在は、今でも自分の中で大きなウエイトを占めてる気がします。


 それと、何かしらのテーマに基づいて皆で楽しむ、という点で、絵はコミュニケーション手段としてかなり有用にして面白い題材じゃないかと思っています。

 絵チャはその代表格ですし、最近だと制限時間内に決められたテーマに沿った絵を描く定期企画をよく見かけます。ゲームとかと同じように、実際に絵を描いている様子をネット配信してコメント見ながら楽しみを共有する、というパターンだってあります。一概には言えないですけど、自分のようにまだ初心者レベルの絵でも、一応個性といえば個性はあるわけで、同じようでも何一つ同じにはなりえない、というのは絵の魅力にして奥深い所なのかなと。


 純粋に絵を楽しむのもそうですし、コミュニケーションツールとして魅力的ですし、特に最近ではゲームをより楽しむという意味で絵の持つ力が発揮されてるように思います(スマブラのステージ作成で絵を描いたり、どうぶつの森でドット絵描いて街中を彩ったり、などなど)。絵の描き方や描けるキャラの幅が広がる≒交流の幅も広まるのかもなぁと思いつつ、今後も自分のペースでお絵描きを楽しんでいきたい、と思いを新たにした今日この頃です。

[ 2015/03/05 20:35 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ステータス?
カウンター