ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲームの間口を広げるために何が出来るか 

 ゲーム好きとしては、当然1人でも多くの人にゲームを遊んで欲しいわけでして。では、実際にゲームの間口を広げるために、ゲームメーカーやら一個人やらでどんなことができるのかなーと。既にあるものから今後可能性として考えられるものまで、適当に列挙してみます。


基本プレイ無料
 最近だとスマホゲーム(特にソシャゲ)のイメージが強いですが、この手法自体はオンラインゲーム初期の頃からずっと存在していたわけで、お金がかからないというのは、何よりも参入障壁が低くなるでしょうねーと。そこまでどうやってお金につなげていくか、ということでしょうけど。

体験版を配信
 家庭用ゲームではお馴染みの手法。ただ、以前だったら「ごく一部の機能を遊べるだけ」だったのが、少し違うやり方で体験版を提供していることもあるんですよね。かなり前半ガッツリ遊べるブレイブリーデフォルトとか、購入者自身に体験場を配布する権利を与えるバンドブラザーズPとか、ネット配信が定着してない頃だと、イベントで先行配信のディスク配ってたり、同メーカーの別作品に体験版を購入特典としてつけていたり、などなど。とりあえず触ってみるなら、やっぱり体験版は安定な気がします。

ネットでの情報配信
 メーカー側の立場なら、開発者の声を届ける「社長が訊く」やゲームニュースを配信する「ニンテンドーダイレクト」あたりが有名ですが、他にも開発メーカー自身が進捗やら新情報やら届ける生放送は結構見られますし、公式ツイッターやブログもあります。
 ユーザの立場なら、実際に遊んだ感想をガンガン文章にする、というのが以前からの定番。最近だと実況やプレイ動画が主流な印象なので、そういった環境とやる気があるなら、結構効果が期待できるのかも。


 ・・・と、ここまで書いて思ったんですけど、これってあくまで「既にゲームに一定以上興味がある人」に限って効果がある話なんですよね。体験版の存在知ってるとか、公式ツイッターフォローするとか、感想ブログ巡回するとか、どれを取ってもほんとうの意味での新規開拓には中々つながらないのかなーと。

 では、それ以外では何が考えられるか、という次のステップでのお話。


ゲームと縁の薄そうな何かとのコラボ
 リアルでコラボとかやると、基本的には近しい存在同士になるので、ここはあえて離れたものとコラボしたほうが、興味の持つ人の比率は落ちるかもですが、新規開拓という点では案外効果あるんじゃないかな説。西武ドームとらき☆すたのコラボじゃないですけど、アニメ・マンガ・ゲーム、以外が主題のイベントにゲーム宣伝が出張していくスタイルは、もっと増えて欲しい気がしますです。

ゲームコーナー以外でのゲーム体験
 今でもゲームコーナーに行けば、体験台でプレイしてみる人は結構見かけます。かつてはゲーム独立というよりは、おもちゃ屋の中にゲーム体験台がありましたし、色んな所に体験できる環境が整えばいいのになぁと思ったりで。

日常的にゲーム好きをアピールする
 どうしても、ゲームが好きな人と盛り上がったり、そうでない時は1人で黙々楽しみがちなので、もっと外にもゲーム好きなんだよー面白いよーオーラを出していく必要性がありそうです。すれちがい通信の確認を家に帰ってからじゃなくて外出先でもやってみるとか、人との待ち合わせ中にゲーム取り出してみたりとか。

ゲームを知らない人にゲームの遊び方を教える
 これは私自身の体験談に基づく話ですが。やってみたら意外と面白い、というのはゲームに限らずよくある話で。自分が楽しむのは大前提ですけど、やはりその価値観を少しでも多くの人に共有できれば、尚良いことでしょうしね。

ゲームの守備範囲を広げておく
 これも体験談に基づくお話。ある人に、こういうゲームやってみたいんだけどーとか、上記の遊び方教える場面とかで、もし自分の守備範囲外のゲームが出てきたら、それはせっかくゲーム普及する機会があるのに勿体無いわけで。ありとあらゆる、までは難しいですけど、全くの手付かずな状態を極力作らないようにしておくのは、長い目で見て大変重要じゃないかと思ってます。

日常をゲームに変える
 よくあるパターンとして、2つ。1つは、日常やってるようなことをゲームでもできるようにしたり、ゲームの範疇に上手いこと落とし込む方法。お絵描きソフトは少し前の話題だと、料理のレシピや教育ゲームとか。ゲームでイメージされやすいRPGとかアクションではなく、普段やってることとがゲームになることで、色々メリットが享受できるなら、やってみようという人は増えるのかもなーと。
 もう1つは、普段やってるようなことが、そのままゲームの面白さとかに繋がる方法。リアル空間を舞台に陣取りゲーム的なのを楽しめるイングレスというアプリもそうですし、家庭用なら3DSのすれ違い通信も、ただ街中歩くだけでもゲームの楽しみの幅が広がるわけで。


 ・・・と色々書いてはみましたけど、結局は「自分の活動場所で積極的に情報発信する」のが1番有効なんでしょうねー。まあ時には苦言とか批判もありますけど、そういう部分も含めて、ゲームについて思うことがあれば、とにかく何でも発信するよう心がけたい所です。特に、最近はまとめやら何やらで、個人個人のゲームに対する熱意や思いが中々見えてこない印象があるだけに。

[ 2015/03/02 22:40 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。