ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく!482話感想 

 結果にコミットしますよ(訳:ちゃんと感想書きます)。

 さて、今週のお話は、ハヤテにアプローチを仕掛ける西沢さんに対し、戸惑うハヤテ、それを目撃して退散するヒナギク、というところでいきなりアーたんと伊澄がシリアルトーク、と見せかけてのシリ登場、からのギャグ展開、でした。

 ハヤテと西沢さんのやりとりも、それを目撃してしまうヒナギクも、テンプレ展開ということで、まあそんな感じかなーと。最後にヒナギクが恋の相談をするあたりの流れには上手くつながっていて、そこは良かったなーという感じですけど。

 アーたんと伊澄のトークは、作者や読者が忘れることがないように強引に盛り込んでる感ありありですけど、何となくこの扱いに苦慮してるのはよく分かります。あまりシリアスな展開が継続しても評判が悪いみたいですし、ギャグの中に唐突に盛り込んでも流れをぶった切るだけでこれも評判が悪い(自分もあまり好きではない)ですし。そうすると今週のようにほとんどギャグ展開だけど話は一応多少進めさせる、くらいが落とし所なのかもしれません。

 シリを用いたコメディ描写については、繋いだ先が咲夜、というのがミソですね。咲夜が、それだけシリに匹敵するほど頼りになる、という伊澄の内なる想いをさりげなーく描いているんだろうなーと。ある意味、作中でもトップクラスに素直じゃない(本心を表に出さないという意味で)伊澄だけに、こういう信頼関係の描き方は新鮮で良いですね。

 そんなわけで、やはりまだまだロボ的技術は改善の余地ありで、これからも牧村さんの活躍に期待できそうだなーというお話でした。

[ 2015/02/18 23:26 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター