ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

アイドルマスターシンデレラガールズ 第5話視聴感想 

 危うく書き忘れるところでした。


 まあそんな5話ですけど、今回はCDデビューが決まった5名に対し、自分もデビューしたいにゃー、という叫び声を中心に、皆の思い悩むシーンが割と頻繁に出てきたお話でした。なので、キャラごとに気になった描写について少し書いてみます。


前川みく
 5話の実質的なメインキャラは、間違いなくみくにゃんでしょう。なんか普通にみくにゃんと呼んでますが、もうそれがしっくり来るので、このまま行きます。
 4話のメイン3人デビュー回でもそうでしたが、みくにゃんの立ち位置が本当に分かりやすくて、シンデレラガールズを知って間もない身としては、アニメを楽しむ上で大変有り難いキャラになってます。冷静な凛の「新規Pに近い視点」とはまた違う意味で、新規Pがアニメを楽しむ上で重要な役を担っているのが、このみくにゃんという気がしてなりません。・・・まあ、時として若干鬱陶しいと感じる場面もあったりですが、それもまた猫キャラらしいといえばらしいのかなと。

 それに何よりも、みくにゃんワールドに取り込みつつ、周りのアイドル勢も存分に活かせるのが、彼女の良い所。アーニャと新田さんを猫化させたり、みりあや莉嘉とノリノリで戦いを挑んだり、まさかの双葉杏まで反応したり。アニメで大きく評価がプラスに動いたキャラの1人です。


本田未央
 ノリノリのみくにゃんの挑戦状を真向から受ける人がいるとすれば、未央を置いて他にいないでしょう。みくにゃんの怒涛の攻撃キャラが存分に活かせる展開になっているのも、未央がいればこそ、だというのを実感できます。そういう意味で、ここ2回あたりのお話は、みくにゃんと共に、未央なしには語れない、成立しないものなんだというのは確か。
 そして、いかにもクラスの人気者ポジションというのも、イメージ通り。ここまで期待を裏切らないキャラというのは、観ていてとても安心できるものがあります。


島村卯月
 お母さんが可愛いのはお約束。そして、「頑張ります!」連呼もお約束。ただ、今回はあまり目立った活躍はなかった印象。


渋谷凛
 相変わらず、少し距離をおいた状態を保ちつつ、キャラが色々出てきてあたふたしてる自分にとっては、ふと冷静になってアニメを見れるよう仕向けてくれる、貴重なキャラという位置付けになってます。


三村かな子
 お菓子。


緒方智絵里
 誰が幸せな気持ちになれたら嬉しいなと願う、純粋すぎる子。ある意味ありがちなキャラなんですけど、かなりぶっ飛んだキャラが多い印象のあるシンデレラガールズ勢においては、大事な大事な安心ポジという気がします。


神崎蘭子
 たまに素に戻る所と、中二病っぽいけど台詞を冷静に読み解こうとすると、実は凄くいい子なんじゃないかと思えてきました。何となくですけど、相手を大事にするような発言(友が云々)だったり、皆と一緒にステージに立ちたい感が結構出てて。
 実際、他のメンバの言動には「自分はこうしたい、こうありたい」というのが先に来てて、実はちゃんと周りも含めて今後のアイドル像を語っているキャラは、少なくとも現時点では珍しいと思うんですよね。この考え方は、今後ある程度まとまって活動するという段階になった時、彼女の長所として活きてくる・・・といいなぁとひっそり期待しておきます。


諸星きらり
 誰よりも可愛い物に憧れるその真っ直ぐな姿勢、分かりやすし。


双葉杏
 ストライキの時だけ積極的に動いて、けどデビューのためだと知ると途端にやる気を無くす。ブレないところがグッドです。


新田美波
 ・・・すみません、アニメ観るまで、ただのモブ子的な人と思ってました。しかし、この話で大きく考えを改めることになりました。おそらく、14名の中ではかなりの常識・良識人だと思うんですけど、それがちゃんと彼女の魅力なんだなーと。みくにゃんに振り回されてる所とか、周りや自分を冷静に見られる所とか、アイドルらしく歌が上手だなーとか、ぶっ飛んでいない分、1つ1つの言動が丁寧で、繊細。誤解を恐れず言うなら、今でもパッと見の雰囲気だけはやっぱりモブ子感あるんですけど、同時に見た目だけでは推し量れない、ということを誰よりも教えてくれるキャラは、この新田さんなんだなーとも。


アナスタシア
 新田さん同様、少し彼女への認識を改めねばなるまい、と思いました。ロシア語キャラなので掴みどころがない部分はありますけど、他人の立場に立ってものを考える傾向が強いのかなーという印象。微妙にサブキャラポジとも言えるので、よりスポットライトが当たる場面でどんな表情を見せるのかは要注目。


城ヶ崎莉嘉
 前回の活躍から、出番少なめ。ただ、お姉ちゃんっ子がよく出た終盤の描写が全てを持って行った感もあって、さすがです。


赤城みりあ
 同じく少なめ。歳相応、というより妄想が小学校低学年クラスなのは、色々と大丈夫なのでしょうか。


多田李衣菜
 ロックなアイドル目指してるけど、普通の会話もするんだなーというのが分かって一安心。ロック一直線の時は若干痛い感じですけど・・・。


 あとは、今回は武内Pことプロデューサーの感情が結構表に出ていたなと。一見自分の感情を押し殺すキャラなのかもと思ってましたが、単に表に現れにくいというだけで、結構悩んだり、熱くなったりすると、はっきりわかるなーと。

[ 2015/02/09 23:33 ] アニメ、漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ステータス?
カウンター