ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル プレイ感想 

 勝手に感想書き終えた気になってましたが、まだプレイして間もない頃に少し触れただけだったので、改めて感想でも書こうかなーと。

 ゲームとしては、タッチ式の音楽ゲームで、LP(いわゆるスタミナ)を消費して音楽ゲームをプレイする、シンプルな仕様。実際、キャラの育成システムもシンプルで、覚えないといけないこととか、時限式のイベントとかの縛りもあまりなく、プレイするハードルはかなり低いと思います。

 ただ、当然ですが音ゲーなので、他大多数のスマホゲーと比べて、ある程度の腕前は問われるのかなーという印象。自分の場合だと、最高難易度だけはクリアできる気がしませんが、それを除けばクリアだけなら可能、というくらい。言うほど高難易度のゲームではないですが、事前にプレイ動画やらPVやらを見て、イメージを掴んでおいたほうがいいかもしれません。
 その音ゲー部分の出来ですが、普通に面白い、というのが6ヶ月ほど遊んでの率直な感想。現時点での配信曲は60くらい?あり、曲ごとに難易度が3段階+徐々に最高難度の4段階目が実装されていたりで、ボリュームも含めて、音ゲーとしてよく出来ているように思います。あくまで、家庭用のバンブラやビーマニを触ってた人間の感想なので、レベルの高いゲーセン慣れしてる人から見れば、物足りなさとか感じるかもですが。

 それと、ラブライブ!というコア向けなジャンルということもあり、カードの入手率含めた、ゲームバランスの話を。・・・結論からいえば、1番レアなURのカードを、かつ狙ったキャラのが欲しいのであれば、割と結構な課金が必要そうなバランス。当然、レアなモノのほうがカードの性能も良い、というのがスマホゲーお約束の話で、戦力的な面でも重要です。

 ただし、「遊ぶだけ」なら、課金の必要性はほとんどない、と言えるレベルでもあります。敵を倒すというゲームでもなければ、他プレイヤーと争う要素も弱めですし。一応定期的なイベントがあり、それは他プレイヤーと争う事にはなるのですが、正直ハードルは低いです。上位勢に至っては争っているというより、キャラ名にちなんで語呂の良いスコアを目指したり、互いに応援しあっていたりする感じで、ほとんど自己満足の世界という印象。課金しないと遊べないというよりは、課金することで遊び方が変わる・・・そんなイメージでしょうか。

 ちなみに、ゲーム内のメインストーリーや、キャラ育成時に開放されるサブストーリーがあるんですけど、個人的にはおまけ要素という感じで、単独で楽しいかというと、まあこんなものかなーという印象。当り障りのない話も多いので、自分の中では音ゲーの合間の気分転換、くらいの認識です。


 全体として、音ゲーとしては面白いけど、キャラゲーとしては普通、というのが、このスクフェスというゲームだと思っています。一見すると課金臭が半端じゃなさそうですけど、普通に遊ぶ分にはむしろ課金する要素がほぼ見当たらないレベルで、本気で狙ったレアカードを欲しい、という一握りの人だけが課金する感じなのかなーと。何十とスマホゲー触ってきた中では、かなり面白い部類に入るとは思います。


[ 2015/02/05 23:43 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター