ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アイドルマスターシンデレラガールズ 第4話視聴感想 

 ぴーぶいの撮影回みたいです。

 地味ですけど、このPV撮影回、とにかくいいタイミングで良いチョイスをしたなぁというのが率直な感想。そして、実際に4話を見終えて、その感覚が間違いでなかったと思える内容でした。

 PVって、限られた時間でキャラの魅力をいかにして引き出すかというのがポイントになりますから、シンデレラガールズほどの大所帯でも、それぞれどんなキャラなのか分かりやすく提示できます。加えて、基本的には一人ひとりに焦点を当てながらお話が進行するので、登場キャラがトータルとして多くても、一人ひとりをじっくり見ることができます。

 私自身、まだこのキャラいいな!と全力で応援したくなる子には出会えていないというのが正直なところですが、今回のお話でキャラのイメージが大体掴めましたし、それなりにいいなーと思える子もチラホラ。

 中でも印象的だったのは、城ヶ崎莉嘉と赤城みりあのお子様コンビ。どちらかというと、お子様枠への関心は薄い人間なのですが、ことPV回に置いては誰よりも輝いていたように思います。特に赤城みりあの良い意味で純粋すぎる言動は、観ていて中々に癒されるもので。以前までなんかよく分からないお子様枠の1人という印象しかなかったのが、ほんの数分の展開だけで劇的に印象が変わるわけですから、この破壊力たるや恐るべし、です。

 あと、緒方智絵里も中々に良かったですね。元々ただの引っ込み思案な女の子、くらいのイメージでしかなかったんですけど、今回はいい表情してました。何となく、単独ではなく周りに活かされることで魅力を大きく引き出すことができる子なのかなぁという印象。

 もう一人、印象が劇的に変わったのが、新田美波という子。正直今回の話を見るまで顔と名前が一致しない、せいぜい年上のお姉さん枠というイメージしかなかったわけですよ。実際、これまでの話を見ていても印象に残らない、というかお姉さん要素もほとんど出てこないくらいでしたし。
 しかし、彼女もまた、いじられることで破壊力が増した感じ。少なくとも、アイドルとして積極的な雰囲気でもない子は、周りの流れやら押しの強い子と絡んだりすることによって、才能が開花されるのかもと思ったり。


 あくまで個人的な感想として、これまでの話では、1話と並んで面白かったですね。1話は「アイドルマスターシンデレラガールズがどういう作品か」が限られたキャラでよく出ていましたし、4話は「シンデレラプロジェクトはどんなメンバー構成か」を沢山キャラを出しながらも丁寧に描いてくれてました。長くなるので特別気になった子だけ挙げましたが、トータルとしてどの娘もいい具合に輝いていて。ただ、これらはあくまで日常パートとしての輝きであって、輝きの向こう側、即ちアイドルとして輝くのとは、また少し違うわけで。普段から魅力的な彼女たちが、アイドルとして何を思い、そして輝いていくか、今後に要注目です。

[ 2015/02/02 22:58 ] デレマス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。