ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アニメ「艦隊これくしょん-艦これ-」 第3話視聴感想  

 巷で話題らしい、3話です

 ・・・が、です。実際見た感想としては、「これまでの3話の中では1番面白い」。この感想が最初に出てきました。

 まず話の冒頭としては、皆のサポートもあり、水雷魂を認められた吹雪が、皆から応援される場面から始まります。まだ未熟だけど誰よりも懸命に努力して真っ直ぐな吹雪を、周りの艦むすたちが優しく見守る、という流れ。この手の作品ではありがちな演出ではあるんですけど、それを丁寧に、また作画も安定した状態で描かれていれば、それだけでもいいな~と思えるのが、テンプレ展開の魅力の1つとも言えるのかなーと。

 ただ、吹雪はそこまで皆に励まされる、特に友人の睦月に対して申し訳ない気持ちが大きいようで。そこでアドバイスをしてあげたのが、吹雪憧れの赤城さん。「ありがとう」「愛している」といった気持ちをストレートに伝える大切さを説くわけです。・・・ここで「愛している」とかその辺をプッシュする辺りは、少なからず二次創作的な何かを意識した結果のような気がしてなりません。そういう意味合いでの愛とは違うのかもですが、頬の赤らめ方は、いかにもだなーという感じもしまして。

 で、その話を聞いてた睦月もまた、お世話になった如月に感謝の言葉を伝えようとするわけですが、ここで巷で話題となった「轟沈」なわけです。展開が急な上にあっさりやられすぎだろーとは思うのですが、そのへんは良くも悪くも史実を意識した結果なんでしょうね。できることなら、睦月と如月の関係ももう少し掘り下げてからでもよかったのになーとか、史実意識とはいえ轟沈の流れをもう少しアニメだからこそ出来る演出に替えてもよかったんじゃないかなーとか、ちょっと勿体無い思いも強いですが。


 とはいえ、全体の流れとしては、1つのお話として綺麗にまとまっていたようには思います。吹雪の悩みも、吹雪と睦月、睦月と如月の関係も、赤城のアドバイスする姿も、全体としていい具合のシリアス度合いとかも。如月ファンの方からすれば、前半であっさり轟沈というのは納得行かない部分もあるでしょうけど、ある意味これで「史実を意識するから割と轟沈とかに関して慈悲はない」というスタッフの考えが嫌でも伝わりますし。ただ、本当に史実通りなら轟沈し放題な気がしますし、逆に史実と異なる流れにすれば、如月の轟沈はなんだったのかとなりますし、今後の舵取りがどうなるかは割と見ものじゃないかと。単純に、どこまで話を描ききるのか、にも大きく左右されそうではありますが・・・。

[ 2015/02/01 21:00 ] アニメ、漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。