ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ハヤテのごとく!第478話感想 

 結構久々な気がしますよ、読むのも、書くのも。

 さて、今週のハヤテですが、ナギがラブコメを探す旅に出ます。なんか同人誌対決のさなかで、ネタ探しに京都だかどこかに行った時に近い雰囲気がありましたが、これを1話完結に落としこむだけで、やっぱ面白さとか密度は違ってくるものなんだなーと実感。やはり、こうあるべきでしたね、はい。

 肝心の内容ですが、どうも当時の対決でナギの本が売れたのは、かの真泉さんが周りの仲間に勧めたことが理由だそうで。それを「運が良かっただけ」と突き放していますが、少なくともあの真泉さんが人に勧めるということだけでも、大きな意味があると思っています。オタクというのは自分の心に嘘をつけない、ましてオタク同士であれば尚更で、同人誌対決をサポートする意図の有無は別として、光るものを感じたというのは本心に思えます。

 しかし、ルカとの再戦は10年後だそうです。23歳とか、27歳とかになっちゃうんですよ。割と結構してる勢と、結婚する雰囲気すらない勢とか、分かれてきそうな時期ですよ。雪路や薫先生が28歳であることを考慮すると、いよいよ恋愛だ結婚だがネタではなくなり始める時期ですよ。

 そんな昔の勝負を振り返りつつも、やはりこれではいけないと思い直したナギ。ずばり「身近なラブコメ」をテーマとして、動き出そうとします。・・・身近なマリアさんは華麗にスルーしてましたが。恋愛相談とかその他色々、こういうことになるとうまい具合にスルーされるマリアさんも可愛いですが、本当にラブコメ時空の中心に立った時のマリアさんもまた当然可愛いわけで、要するにマリアさんは可愛いという話ですね、わかります。

 で、スルーされたマリアさんを置き去りに、ナギとカユラが向かったのは、(3次元の)ラブコメとは無縁な秋葉原。劣化桂木桂馬なら沢山いそうですが、現実はそんなに甘くという話です、はい。

 この秋葉原で身近なラブコメを発動させるべくナギが考案したのは、カユラがワタルに告白するというシチュエーション。・・・ある意味、ここでのカユラの一連の反応こそ、今週最大の見所ですよね。

 ナギ曰く、ラブコメと1番縁遠い感じしてるのがカユラ。一般的にも、オタクで男っ気もないカユラですから、その評価は間違っていないように思います。そんなカユラがあそこまで(たぶん)素で動揺していたのは、何かしら理由があるはず。
 しかし、です。動揺しまくりです。ラブコメとは意外性が大事とはナギ談ですけど、どう考えても1番意外性溢れていたのは、この時の赤面カユラだと思うわけですよ。正直赤面させすぎ、なんかカユラのキャラと違うと思う面もありますけど、それでも美味しいシーンです、色々と。クールに告白して見せて、ワタルに変な反応されて困る絵面の方が、カユラらしい気さえします。

 ここから導き出される1つの結論は、やはり「ラブへの耐性がない」ということでしょうか。ハヤテと話している所を見ても、別に男性そのものへの耐性はあると思うんです。ただ、それが異性として意識せざるを得ない場面が来れば、話は別なのかなーと。ワタルへの告白が成功する可能性を懸念するあたりにも微妙なリアル感があって、それも含めて考えさせられる描写が多々ありました。

 同時に、流れ次第では、ハヤテに惚れてしまう可能性も当然否定出来ないんですよね。それ相応にオタクへの耐性や知識、理解もありますし。そこに至る流れが中々イメージ出来ないんですが、ひとたび惚れれば、割とかなりお熱になるんじゃないかと期待してたり。まあ、基本的にコメディ担当のカユラがラブコメ要員になるのは、連載上考えにくいというのが正直なところだと思いますが。

 それにしても、今回は終始一貫して「身近すぎて気付かないこと」に重きを置いていて、最も身近なマリアさんに関してのみ一瞬でスルーするあたりが、いかにもハヤテのごとく!らしいなーと。ワタルとサキさんの関係をカユラが指摘した際に、ナギが驚きの表情を見せていましたが、実際の所最も身近な所は何も見えてないし、見ようともしてないあたりが面白いです。より正確にいえば、誰よりも見てはいるんでしょうけど、ラブコメという点に関してだけは、やはりナギも守備範囲外なのかもしれないなぁと。そして、今回の身近なラブコメ路線が、後々ナギとマリアさん、もちろんハヤテも巻き込んでのいろいろな展開に繋がるのかなぁ・・・とちょっとだけ期待している自分がいます。

 1年4ヶ月ぶりにハヤテを読みましたが、状況が全くわからない・・・と思ったら割と普通に分かってしまう辺りは、良くも悪くもハヤテのごとく!らしいところではあるのでしょうか。来週以降も読む&書くのか、そればかりは分かりませんが、久々に読んでわかったことが1つ。ハヤテのごとく!は、長くやっててもハヤテのごとく!のままだったなぁ・・・と。離れて見て分かることもあるんじゃないかと思っていましたが、それによって得た結論は、昔とあまり変わりなかった、というお話でした。

[ 2015/01/21 21:12 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター