ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

2014年の自分的ゲームランキング  

 いよいよ今年も終わりということで、まとめです。

10位:大乱闘!スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS(約50時間)
 何だかんだ、それなりに遊べたスマブラ。やはり、いつものスマブラが携帯機で手軽にできるのは大きいなぁと実感した次第。

9位:大合奏!バンドブラザーズP(約68時間)
 昨年購入するも、モンハンの圧倒的戦力によりあまり出番がなく、むしろ今年に入ってからの方が活躍したバンブラP。バンブラDXほどのマイブームには遠いですが、今後も地味ーにプレイ時間を伸ばしていきそうな予感。

8位:マリオカート8(約70時間)
 期待の!完全新作!WiiUはこのためだけに買ったようなもの!!・・・となる予定が、あまり伸びませんでした。自分の中では据置に一段落ついてしまった、というのが影響してそうです。それでも、まだ定期的にプレイしていくだろうなーとは思いますけど。

7位:ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(約100時間)
 まさかのスマホゲーが堂々のランクイン(1日1時間近く、半年に渡ってプレイしていると換算、実際はもうちょっと多いかも)。ある意味、自分の中では今年1番のヒット作と言えるのかもしれません。何事もなければ、来年も当面はプレイし続けることになりそうです。

6位:ゴッドイーター2(約110時間)
 モンハンもどきのようで、割とゴッドイーターとしてのブランドをしっかりつくり上げる印象のあった良作。これもモンハンもどきの運命か、完全版が出るみたいですが、とりあえずは3待ちになりそうです。

5位:モンスターハンター4(約115時間)
 作年の王者が、2年連続のランクイン。4Gの登場により、今後まず出番はないでしょうけど、2年連続のランクインは、今後も語り継がれることでしょう。

4位:ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵(約145時間)
 前作のテリーからは落ちたものの、安定のモンスターズということで、4位に滑り込みました。ただ、本当にテリーの追加版みたいな内容で、本作ならではの魅力という部分で今ひとつだった印象もあり、次の一手がどうなるかが個人的には気になる所。

3位:実況パワフルプロ野球2013(約200時間)
 久々にパワプロの新作ということで、かなりプレイしました。若干ソシャゲ感の強まったサクセスには賛否両論あったりもしましたが、個人的にこのレベルなら新鮮味があったことも含めて、中々に良かったです。試合のもっさり仕様だけは相変わらずですが。・・・なお、厳密には作年のタイトルですが、そこは気にしない方向で。

2位:第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇(約270時間)
 安定のスパロボクオリティなのは、プレイ時間的にも、内容的にも同じ。Zシリーズ自体若干ワンパターンな展開が続いてるので、目新しさはないですが、参戦数も充実していて、まずまずの内容でした。

1位:モンスターハンター4G(約390時間)
 作年のモンハン4に続き、今度はモンハン4Gが1位でした。完全版と呼ぶには不完全な部分が多いなぁと思いつつも、色んな人と遊んでいる内に、自然とプレイ時間も伸びた印象。4同様、来年にランキングにも食い込めるのかにも注目です。


 その他に今年プレイしたゲームとしては、牧場物語 つながる新天地、電波人間のRPG Free、マリオゴルフワールドツアー、マリオパーティアイランドツアー、ガンダムブレイカー、ミーバース、Project Diva-f、スーパーロボット大戦リメイク(最新作の初回限定特典)、またスマホゲーを数十本ほど。


 来年も、色々と新作ゲームが控えてますし、今年と同じように、どんどん守備範囲を広げて、より広く、それでいて深くゲームを楽しめる1年であることを願うばかりです。

※実は1週間ほど前に予約投稿で書いたので、実際はガンダムブレイカー2が結構な時間やってそうな気もしますが、それは年が明けてからのお楽しみということで。

[ 2014/12/31 00:00 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ステータス?
カウンター