ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

禁忌のマグナ プレイ感想 

 ルーンファクトリーシリーズ開発スタッフが手がける新規IPのシミュレーションゲーム!という謳い文句で発売された本作、何かと印象深い作品でした。

 まず、メインであるはずのシミュレーション部分の出来がよろしくないです。全体的な動きがもっさりしててテンポが悪く、キャラのアクションも単調で飽きやすく、インタフェース回りも遊びやすいとはとても言えず、全体的な粗さや難が目立ちます。戦闘も単調で、使える技やキャラも限定的で、どうしても同じような戦い方になってしまうバランス調整も問題。その上、敵のレパートリーが非常に少なく、悪い意味で作業感の強いゲームになってしまっています。

 そして、この手のゲームとしてキャラクター部分は非常に重要な要素なのですが、ここも期待ハズレという印象が強いです。微妙によく分からないストーリーのせいでキャラクターも結構ブレており、イマイチ魅力を感じ取れるような話の構成になってません。何より、ストーリーが短く、サイドストーリーなどによるキャラの掘り下げや、主要キャラ同士の絡みもあまりなく、キャラデザ以外は印象に残りようがないんですよね。なーんか人が集まってきた、けど訳の分からない展開で気付いたら終盤戦に入って、およそ綺麗な終わり方とは思えないEDを迎えるという一連の流れが、何とも盛り上がりに欠けます。

 ただ、一応グラフィックとBGMは無難なレベルには収まってます。とはいえ、キャラゲーとして見ると必要最低限という感じで、特筆して良いというわけではないのですが、他がダメということで、相対的によく見える、というのも影響はしてそうです。

 周回プレイも用意はされているんですけど、上記したような微妙クオリティのせいで、結局1周クリアしてお腹いっぱいになってしまった本作。正直シリーズ化することはないと思うので、是非開発スタッフは、ルーンファクトリーシリーズの新作に注力してください、といいたくなるゲーム内容でした。


[ 2014/12/30 00:00 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。