ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく!11話 真打ちはマリアさん! 

今日はマリアさんの日と命名させていただきます。
世界はマリアさんを中心に回っている。そんなアニメの
11話、真の感想をお送りします・・・。




常に美しく、かつ可愛く在られるマリアさん。
そんな女神マリアさんのお導きにより、パーティーは
三千院家の総本山へ旅立つことになります。

そこへ向かう途中も、可憐で麗しきマリアさんは、世のため
人のため、慈愛の限りを尽くしてくださいます。

不機嫌な主を諭し、連れの関西人にも的確なツッコミをいれて
くださいます。どんな些細なことにでも細心の注意を払い、
努めておられる姿を見ると、思わず涙がこぼれてまいります。

そうこうする内に、聖母マリアさんのご加護、お導きもあってか、
無事に目的地に到着することができました。そんな中、出迎えで
労ってくださる方々にも、常に満面の笑みで応えてくださる
マリアさん。これこそが、人の理想形なのです。
誰にでも真似できるまのではありません。マリアさんという
唯一無二の存在にこそ、成しえられる所業なのです!

もちろん、そんな小さなことにばかり囚われるようなマリアさん
ではありません。「1人1人が地球の未来を考えなくてはならない」
と、私たち視聴者に対してまでも語りかけてくださいます。
そう、ただ闇雲に目の前のことに縛られてはならない。ハヤテの
ごとく!の世界を通して、全世界に問いかけてくださっているのです。

だがしかし!そこはさすがのマリアさん。私たちのような平凡極まり
ない者たちに対しても、視聴者サービスを忘れることはありません。
さぁ、夢への扉が、今開かれる・・・!!

まずはさりげなく「うなじ」を披露してくださるマリアさん。
マリアさんほどにこの世のものとも思えないような美しさを誇る
うなじです。一般庶民の我々には、これだけでも天国へ旅立たれる
方もいるかもしれません。

・・・そんな生半可なやり方は、マリアさんはしません。
これは単なる序章にすぎないのです!

・・・突如、私たちの眼前に衝撃ののシーンが映し出されました。
マリアさんの着替えシーンを、正面から拝ませていただけるという、
神の領域に突入してしまいました!敢えて確認を取らずとも分かり
ます。皆様、脳の髄まで楽々と届く衝撃が走ったことでしょう。
あまりにも美しすぎる!凝視したいのは山々でも、それさえも
許されない眩き胸元!露になったその状況にあって、いつも通りの
優しきその笑顔!!そんな連続攻撃をまともに食らってしまった
私たちは、もはや昇天寸前です・・・。

そこに追い討ちをかけるように、マリアさんのズーム!
そして・・・照れるのです!!余裕の笑顔から一転したこの表情!
当然です。照れないはずがありません。それでも視聴者の想いに
応えようとするその心優しき精神に乾杯です。それにしても、
単独でも破壊力抜群であるはずのものが、今1つになったのです。
この波状攻撃は反則技です。今この瞬間、世界が止まったこと
でしょう。

さらに、「覗き」というシチュエーションを提供されたことで、
我々の心の高ぶりは頂点に達しています。これがさらなる
爆発力を呼び、全人類に響き渡るのです!!!

そして、ようやく後半戦。・・・と思いきや、
アイキャッチにて、美しき我らがマリアさんがご登場。
で、一言。・・・「ランバダ」。

これはマリアさんが発言してこそ意味があります。あの可憐な少女
であるマリアさんがこの台詞を言われることで、私たちがご飯を
何杯でもいけることを知っているのです。そして、私たちもまた、
それを望んでいたのです。そう、これはマリアさんが視聴者と
想いがシンクロしたことの証明なのです。そこに妄想を働かせる
のが、私たちの生きがいなのです!!

そして、後半。

マリアさんに抱きつく謎の爺。これは、我々への宣戦布告です。
そして、その欲求に耐えられるかを試されているのです。
つまり、ここは冷静に状況判断をしなければならないのです。
抱きつきたい症候群に駆られてはいけません。
なぜなら、覗きは皆で楽しめても、抱きつくの基本的には1人ずつ。
そうです、いくらなんでもマリアさんの身が持ちません!

・・・

遂に、最後の時。謎の爺は、マリアさんとの別れを惜しんでいます

・・・お分かりでしょう。この爺こそ、我らの気持ちの代弁者。
覗き、抱きつきとやりたい放題。つまり、この男は神であります。

私たちは、その神の存在に少しでも近づけるよう、
日々精進しなければならないのです・・・。

ああ、素晴らしきかな、マリアさん。
美しく!可愛く!!冷静に!!!華麗に!!!!
マリアさんの魅力を存分に堪能できるお話でしたね。

トラックバック送信先(一部の方にはまともな感想の方ではなく、
こちらを送らせていただきます。ご了承ください・・・)

悪のめいどブログ
マリアさんが可哀想で仕方がありませんね。まぁ視聴者からすれば、
これほどインパクトのある話の方が有難いかもしれませんが・・・。
とりあえず、絵のマリアさんも美しすぎます!

星の海へ行こう!
マリアさんは脱ぎ要員ではなく、他の方では人前で脱がせられるほど
需要というか、能力がないんですよ、きっと。それだけ、他の追随を
許さない美しさが、マリアさんにはあるのです。

さくら日記
見えそうで見えない。そこに人は憧れを感じ取るのかもしれません。
・・・ああ、そんな大胆発言は!よし、私も慰めてもらいましょう。
順番待ちで大変なことになりそうですが・・・。

現実、時々理想。
覗き行為は人類の生み出した文化の極み!だからプライドなんてものは
もはや関係ありません!(犯罪ですが)今回はマリアさんのターン!
・・・と言いたいところですが、今度こそはマリアさんに普通に
スポットライトを!!
[ 2007/06/10 18:33 ] マリアさん | TB(3) | CM(2)
ども、うっちーです

TBありがとです~♪
こちらからTBpingが飛ばないようです^^;;
一応お知らせしとくですー

11話、マリア、出ているシーンのほとんどが脱ぎかけだったんですねー

なんて、視聴者サービス精神旺盛なんでしょう
さすがはマリアです(^^)
[ 2007/06/11 07:25 ] [ 編集 ]
うっちーさん、わざわざご報告すみません。
ブログの相性なんでしょうかね・・・。理由が
はっきりしないのが辛いところです。

>なんて、視聴者サービス精神旺盛なんでしょう
さすがはマリアです(^^)

マリアさんは世界で1番サービス精神が旺盛
ですからね。視聴者の心の叫びをを汲み取って
くれているのでしょう。感謝感謝です。
これで安心して成仏できそうですね(?)。

コメントありがとうございました。
[ 2007/06/11 16:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/213-3c8dfeb4

原作では単行本第2巻の第4話~第6話の冒頭にあたります。ナギの祖父の三千院帝の本宅に訪れた第11話の感想です。
[2007/06/10 20:29] さくら日記
ハヤテのごとく! アニメ 第11話 「僕の命の価値はプライスレス」 の感想です。■平穏な朝・・・のはずこの朝が、ハヤテの不幸をさらに加速させるとなることをハヤテは知るよしもない・・・■唯一の肉親に会い
[2007/06/10 23:29] 現実、時々理想。
品質評価 25 / 萌え評価 45 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 23 / シリアス評価 8 / お色気評価 11 / 総合評価 19レビュー数 169 件 三千院家の本宅に行くことになったナギとハヤテとマリア。そして、なぜかヘリコプターに乗り込んでいた咲夜と共に本宅に向かった。本宅にいるナ
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。