ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

第3次スーパーロボット大戦Z 時獄編をプレイしてみて 

 現在30話あたりまで進行中で、現時点まででの感想です。

Zシリーズの正統進化・続編
 長く続いたPSP時代からPS3&Vitaのマルチということもあり、とにかくグラフィック面での進化が目に見えてわかりますね。容量やスペックアップの恩恵を純粋に受けているのはもちろんのこと、ロードが全体的なもっさり感含めて、第2次Zの頃にひっかかっていた部分は基本的に解消されているので、かなり快適に楽しむことができるのも高評価です。少なくとも、過去作を遊んだことがあるなら、この辺りで何か不満が発生するというようなことはないんじゃないかと。

バランス調整が大きく変化
 基本は前作の流れを組んでいますけど、ことゲームバランスにおいては大きな変化がいくつも見られます。
 精神コマンドは初期値が最大値の半分、1ターン経過毎に5ずつ回復する仕様になってます。SPアップも含めて、精神コマンド乱発でのゴリ押しが基本といえるようなバランスでしたから、調整の仕方としては自然なのかなと。あわせて、魂のダメージ倍率が2.2倍になるなど、一部能力の修正も。
 そしておそらく1番大きな変更点といえるのが、タッグテンションというシステムの導入。2機で1チームというのは過去にもありますし、その攻撃方法が集中か分散かというのもおなじみです。しかし、今回採用されたタッグテンションと呼ばれるものは、「敵を倒すとテンションがたまり、一定値に達すると特殊なコマンドが使用可能になる」んですよね。これがダメージアップだったり精神ポイント回復だったりで、前述した精神ポイント初期値が少ない仕様だとか、魂のダメージ倍率減少をカバーしてくれます。なので、最終的なダメージやら精神コマンドの使用状況に大きな変更があるというより、そこに至るまでの流れが進め方によって違ってくるので、個人的には新鮮味があっていつもより楽しめている感じがしてます。

前編臭が強いストーリー展開
 30話ということで半分くらいは進んだはずなのですが、まだ話の導入という色合いが濃く、前後編に分かれているからこそのゆったりペースという印象。ただストーリーのノリや雰囲気はこれまで通りで、ゲームとして違和感とかはなさ気です。

使い勝手のよさ気なユニット
 先ほどタッグテンションの話がありましたけど、実はその中に「敵を倒せばもう1度行動可能になる」というGジェネ臭漂うコマンドもあります。一方でそのコマンドが使用可能になるのはテンションが2必要で、1上げるには「敵を2体倒す」か「1部隊倒す」のどちらかを満たす必要があります。・・・つまり、MAP兵器で2部隊以上を撃破し続けることで、連続行動が可能になるという仕様。特に、ウイングゼロのローリングバスターライフルように移動後に攻撃可能なMAP兵器持ちは、雑魚殲滅能力が圧倒的に優れていることになるんですよね。
 あとは強力なALL武器持ちも使い勝手が良いですね。これは初代Zでもその傾向がありましたけど、今作はALL攻撃の火力ダウン率を減少させるスキルもつくなど、ALL中心の戦闘に特化するような育成もしやすくなっているのも大きな要因じゃないかと。


 概ね正統進化を遂げているので、とりあえずは安心して遊べそうな面白さでした。

[ 2014/04/15 09:17 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター