ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鶴竜の初優勝について 

 先場所の優勝次点の14勝に続き、今場所も14勝での優勝。両横綱を倒し、相撲内容も良かったですから、妥当に行けば横綱昇進となる各流ですが、個人的にはこんなあっさり決まるものなのかと驚きを隠せません。

 単純な勝率だけで強さは測れないかもしれませんが、少なくとも先々場所までの鶴竜は、攻めが遅く、これといった型も持たない、ようは他の大関陣と同格という印象が強かったんですよね。パッと見の取り口が激変したというわけでもないのに、何故ここまで強くなれたのか・・・素人目線なのでよく分からないところですが、1つ変わったことがあるとすれば、やはり攻めの姿勢が目立つようになったことでしょうか。

 体重が増加したからなのか、何かきっかけを掴んだのかは定かでないですけど、先場所と今場所の鶴竜には攻めの姿勢がはっきりと出ていました。あまり休まず、攻めながら自分優位の体勢とする。慎重さは残っていますけど、受けの印象が薄まったのは確かですし。私の中では、鶴竜は割とじっくり、低い姿勢で攻めるタイプという印象で、少し前の栃東に近いイメージを持っていました(実際は取り組み内容は大きく異なりますが)。なので、優勝するにはその攻めの姿勢が足りないんじゃないかと思っていて、先場所からはそれが相撲内容に出てきていたのが大きな要因ではないかもですね。

 来場所以降も、今の「攻める鶴竜」を維持できるのかが楽しみです。

[ 2014/03/25 08:43 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。