ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴッドイーター2のプレイ感想 

 Vita版を軽くプレイしてみての感想。


基本に忠実な狩りゲー
 共闘だの何だのという声も聞こえてきますが、ゴッドイーター2をプレイしてまず何を思ったかといえば、「ああ、狩りゲーですね」ということ。これに尽きます。

 1番の要である戦闘についてですが、個人的には可もなく不可もなくといったところ。プレイしていて目新しいとか、操作しにくいとか、画面が見難いというのがほぼ存在しないので、モンハンのような狩りゲーをプレイ経験があるなら、特に違和感もなくゲームに入っていけるように思いました。

 個人的に良いなと思ったのは、近距離と遠距離武器の切替の面白さ。全員が等しくその武器パターンになっているので、状況や気分等に応じて簡単に切り替えられるのはプレイしていて有難いですね。戦闘がワンパターンにならずに飽きにくいですし。
 逆に難点としては、技の種類こそ多いものの、操作的にはやることはほぼ変わらないという所でしょうか。武器の違いも距離感やら攻撃性能やらというだけで、ゲームの面白さという点ではやってることに大した違いがないので、若干作業ゲー感が強まっているのが勿体無い所。まだプレイ途中ですが、ボリューム的にはかなりのものらしい(アップデートも含めて)ので、良くも悪くもバンナム本来のキャラゲーっぽさがにじみ出ている狩りゲーとは言えそうです。


際立つキャラの個性
 戦闘以外だと、キャラが個性的で、また個別エピソードがキャラの良さをうまい具合に引き出している印象があり、こちらはかなりの好印象。善人・聖人という感じではないけど、嫌な感じもなく、程よい人間味が出ているのは、流石にバンナムソフトらしいかなと。自分が操作することはないNPCという立ち位置でありつつも、不思議と感情移入できるキャラが多いのは、ゴッドイーター2ならではの魅力だと思えるほどです。・・・まあストーリーそのものに惹かれているかといえばそれはまた違うので、あくまでキャラ単体が輝いているという話ですが。


徹底的に無難
 バンダイナムコが狩りゲーを割と本気で作ったゲーム、といえばそれまでですけど、本当にそのイメージがしっくり来るんですよね。操作の普通さ、魅力的なキャラ、印象にはそれほど残らないストーリー、ボリュームは中々、という全体像。
 狩りゲーを散々やり飽きている人にはあまりお勧めしにくいですけど、逆に狩りゲーに飢えている人はもちろん、これから狩りゲーをやってみたいと考えている人にとっても入門向けには適しているのではないかと思います。中盤時点ですが、難易度的に厳しいという感じもなく、装備の強化やアイテムの準備をしっかりすればかなり楽に進められる、という面も含めてキャラゲーらしさが随所に現れている部分も含めて、想像以上に楽しめている、という現状での感想でした。

[ 2014/03/19 19:23 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。