ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

調べ物は発見と振り返りの連続 

 何かを集計したりする時には、当然過去の記事やら資料やらを読み返すわけですけど、改めて読むことで新たな発見があったり、当時はこんなことがあったなーと懐かしくなったり、中にはそもそも見落としてたことで運命的な出会いがあったりと、調査過程のロマンもまた魅力なんですよね。

 漫画とかを読み返す場合は、やはり「新たな発見」が軸になるでしょうか。漫画を繰り返し読む影響もそうですけど、単純に年数経過による考え方の変化というだけでも、かなり読んだ時の印象が変わるんですよね。私はハヤテのごとく!でその現象によく遭遇したのですが、その大多数は良い意味での変化であって、それらを通じてこれから先の展開を読み進めていく上でも、読み方に深みが出たりして、気がついたら調べ物より読み返しがメインになっていたりすることもしばしば。・・・本末転倒な感もありますけど、これはこれで充実してるので。

 投票とかの集計みたいなことをすると、自分の知らなかった、けど魅力的なものに出会えたりするのが良いんですよね。バトルドームMAD20選主催の時、当然MADそのものは見ているんですけど、コメントを見て着眼点に驚いたりもしましたし、この手のものを長く楽しむ上で1番重要なのは、統計データが好きだとかより、その調査の過程をいかにして楽しめるかが大きいように思います。大げさなことをいえば、最終的に得られる結果よりもその過程での楽しみが遥かに上回ったり・・・というのも、調べ物ってヤる前からある程度の推測はつくものであって、あくまでそれをクリアにして、他の方にも分かりやすい形で提示できればこそで、それを観たから楽しいかどうかはまた別のお話でしょうし。

 過去のデータをまとめる時は、やっぱり「懐かしさ」がまずポイントでしょうか。大百科の一覧系の記事とかは、そういえば当時こんなタグが流行ったなぁとか、この頃はあのジャンルがランキングを埋めてたっけとか。個人レベルでも、過去にプレイしたゲームをまとめてみたりするだけでも、懐かしさからそのゲームを再度プレイしてみることがあるんですよね。

 そういうきっかけを得られるのは確かな魅力だと思いますし、最近これといってやりたいことないなーとか昔は良かったなー等と思いがちな人ほど、何かがっつり調べてみるのも良いのではないかと思う次第です。

[ 2014/03/07 20:38 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター